人気ブログランキング |
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
Pulenta cunza プレンタ・クンツァ
昨夜、思い立ってラグ−を作ったので…
以前、旦那さんのお父さんが作ってくれた“プレンタ・クンツァ”を昼食にすることに決定。
“プレンタ・クンツァ”はフェッラーラ弁で、イタリア語では、polenta condita“ポレンタ・コンディータ”、つまり、味付けしたポレンタです。ラグーの他にも、キノコのソースや、チーズだけであったりと色々な味付けがあるようですが、王道は、やはりラグーです。
エミリアロマーニャ州では本当に良くポレンタ(荒く挽いたトウモロコシの粉を乾燥させたもの。熱湯の中に粉を入れ、ピューレ状にしたものを、お肉や、チーズとともにいただきます。)を使用します。特に冬場は好まれて使う食材です。

プレンタ・クンツァはレストラン等ではお目にかからない、家庭の味です。
フェッラーラの人は親しみを込めて、あえてこの皿をフェッラーラ弁で発音します。
ポレンタとラグー、そして粉にしたパルミッジャーノ・レッジャーノをミルフィーユ状にしただけの、とてもシンプルな食べ物なのですが、イタリア人はラグーの味にこだわりがあります!!それぞれの“家庭の味”があるのですね。
日本人はお味噌汁の味にこだわりがあるようなものでしょうか。
なので、ラグーをテーブルに出すときはいつもドキドキしてしまいます。

旦那さんのお兄ちゃんエドアルド、そして私たちのお友達、本の修復を仕事としているフランコ、この二人を招待しました。
電話で、メニューは“プレンタ・クンツァ”だよ、と告げると、二人とも「おお!!」
と既にとても喜んでいます。ほっとする家庭の味なのです。
そして私の発するフェッラーラ弁に笑っています。


Pulenta cunza プレンタ・クンツァ_a0169172_19502313.jpg

         Mi hanno detto :" Stai diventando una vera Ferrarese!"

4人でほぼ全てを平らげました!
ドルチェは、二人仲良く持参してくれたCrostoli“クロストリ”です。
クロストリはカーニヴァルの時期に出回る、パスタ生地にバターを加えたものを油で揚げ、粉砂糖をふりかけたものです。ジャムを挟んで揚げたものもあります。
クロストリは地方によって呼び名が違うようです。
フランコはお友達のお母さんが作ったもの、エドアルドは職場近くのパスティッチェリアで調達したもの。それぞれ生地のさくさく感、ジャムの味も違って楽しい食べ比べでした。

「日本人の作ったポレンタ・クンツァ、初めて食べたよ。おいしい!ブラーヴァ!!」
二人とも満足げに仕事に戻っていきました。

P.S. 後ほど、お父さんにも味見をしてもらい、合格をいただきました。ホ。
# by concordanze | 2010-02-05 20:51 | Vita quotidiana 生活
エスプレッソ、いえ実は…
エスプレッソとブログに名前がついているからには
さぞ、エスプレッソコーヒーをこよなく愛飲しているのか…
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
我が家はカフェ・ナポレターノ派です。
マッキナのユーモラスな感じがなんともたまりませんし、少し時間はかかりますが
柔らかい口当たりのコーヒーは、一度飲んだら忘れられません!

まず…音楽をかけます(笑)
ハイドンのピアノソナタ等はいい感じです。
そして、気分も盛り上がってきたところで、コーヒー豆を挽きます。
我が家ではフェッラーラのコーヒー会社、Caffe Krifi、カフェ・クリフィの豆を使っています。Illy、イッリーも好きですが、最近はもっぱらクリフィです。

エスプレッソ、いえ実は…_a0169172_2039276.jpg




このマッキナは旦那さんのお父さんから譲ってもらいました。
水を下の部分にいれ、真ん中にあるアルミでできているフィルター部分に
コーヒーを入れます。そして注ぎ口のついている上半分を装着します。
そして火の上に。

水が沸騰するのを待つことしばし。
そして…よっこらしょ!

エスプレッソ、いえ実は…_a0169172_20404182.jpg


…ひっくり返します。ぼうしをかぶせるとなんだかユーモラスですね。
ゆっくり、ゆっくり注ぎ口のある部分にコーヒーが落ちてきます。
この辺りで牛乳を温めだすと、おししいカフェラッテがもうすぐプロントです!

エスプレッソマシンのように圧縮してコーヒーを抽出したような濃厚さではなく、
かといってアメリカンコーヒーのようにうすーい感じでもなく、
まろやかで、程よい飲みごたえがとても気に入っています。

私たちのマッキナはアルミでできていて、注ぎ口が少し歪んでしまっており、
底からたまにコーヒーがこぼれてきてしまいます。


今度ナポリに行く機会があったら一つ新調しようかな、
と話し合っている今日この頃です。
タグ:
# by concordanze | 2010-02-03 21:00 | Vita quotidiana 生活
青い空…そしてZampa
Finalmente ti vedo, cielo blu, dopo questi brutti giorni!
Buona giornata a tutti!

ああ、なんとも懐かしい青い空!
ここのところ、いつもどんよりしていましたから。

さて、気分もいいところでベットのシーツをかえましょう。
しばらくすると…
やってきました何やら毛むくじゃらのまん丸い…たぬき、いや、ねこ!
ザンパです。彼女は体重7キロのおデブさんです。
彼女はかえたてのシーツが大好き。
私がのんびりとしているのをいいことに昼寝と決め込んだようです。
…こうなると、しばらく仕事はお預けです。
ま、いいか、いい天気だし。

青い空…そしてZampa_a0169172_19531641.jpg

# by concordanze | 2010-02-02 19:57 | Zampa!ザンパ!
雪。。。S. Colombano
Ringrazio quanti hanno partecipato al nostro concerto,
malgrado la neve!

また雪です!フェッラーラはこんなに雪の降るところだったかしら。。。
今年は既に4回目の雪になります。
そんな中、ボローニャ、コロンバーノ教会で行われたイヴェント“Si rivela”
(今まで知らなかったことを知ろう、という意味合いのイヴェントです。)
この教会以外にも、普段は入れない、パラッツォ、教会等、5カ所
を一般公開して、同時進行でイヴェントは開催されていました。
私は歌手として参加いたしました。
第二日目、昨夜から降り出した雪にもまけず訪れてくださった、
第一日目にまさる大勢のお客さんにみまもられながら無事に終了しました。

コロンバーノ教会ではマエストロ・タリアヴィーニ氏の膨大な古楽楽器コレクション
を常設する美術館が今年の6月から一般公開される予定なのですが、
(昨年のお話ではこの一月から公開、と伺っておりましたが…ふふ、イタリアですから)
それに先駆けての一部お披露目の機会となりました。
マエストロのコレクションの中から特にイタリアのチェンバロ製作者の作品、
16世紀から18世紀のものが今回は展示されていました。
その他にもスピネット、オルガン、フォルテピアノ等多数展示されていまいた。

私はシルヴェストロ・アルバーノと、フェッラーラ出身の
ジャン・バッティスタ・ジュスティ作のチェンバロ、そして他に
2つのチェンバロを使用し、シルヴィア・ランバルディさんの演奏で
フレスコバルディ、パスクィーニ等を歌いました。
それぞれの楽器で音色が違い、とても興味深い体験でした。

色々珍しい楽器がたくさんあり、ぜひブログに。。。と思っていたのですが、
写真を撮るのはなかなか難しいですね。
楽器の説明を聞いている間に、仲間の音楽に聞き惚れている間に、
ことごとくシャッターチャンスを逃してしまいました。

と言う訳で、旦那さんのとったコロンバーノ教会のオラトリオでの写真を一枚。
壁一面に見られるのは、近年修復された13世紀の壁画
「十字架上のキリスト、聖マリアとサンジョヴァンニ」の一部です。
使用チェンバロは、 パードレ・ファビオ・ダボローニャの17世紀の作品です。

雪。。。S. Colombano_a0169172_21463186.jpg

# by concordanze | 2010-02-01 21:58 | Resoconti 報告
Bologna Si rivela

Bologna Si rivela
S. Colombano Via Parigi 1-3. Bologna (BO)
30 e 31 gennaio 2010.

Un progetto di Philippe Daverio, realizzato in occasione di ArteFiera 2010.
Rassegna di incontri in varie sedi storiche della città.
Nella chiesa di San Colombano, sugli strumenti della collezione di strumenti antichi del Maestro Tagliavini, verranno eseguite musiche di Frescobaldi, Pasquini, Mozart e altri.

Esecutori:
Luigi Ferdinando Tagliavini, Liuwe Tamminga,
Patrizia Vaccari, Bruce Dickey, Paolo faldi,
Docenti e allievi delle classi di Flauto dolce (Prof. Daniele Salvatore) e
Clavicembalo (Prof.ssa Silvia Rambaldi) del Conservatorio di Bologna,
con la collaborazione del soprano Miho Kamiya,
dell'organista Matteo Bonfiglioli e della clavicembalista Paola Nicoli Aldini.

www.comune.bologna.it/cultura/media/files/bologna_si_rivela_2010.pdf
Da questa pagina si può scaricare il programma.
こちらで他の会場のプログラムもご覧になれます。

タリアヴィーニ氏のコレクションの中からいくつかのチェンバロ、
フォルテピアノ、オーボエなどを使用します。
貴重な(めずらしい)楽器を使用しての演奏を楽しめますよ。
運の良い方はマエストロ自らの楽器説明も聞けてしまうかも!!


Bologna Si rivela_a0169172_9492692.jpg

# by concordanze | 2010-01-30 09:33 | Concerti-Spettacoli

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ