人気ブログランキング |
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
復活祭
キリスト教カトリックの復活祭は先週の日曜日でした。昨日はキルスト教オルトドッソの復活祭でした。
私達は家でカッぺッレッティと呼ばれるエミリアロマーニャ州独特の肉詰のラビオリを家で作り、復活祭の準備をしました。
パスタを家で作るなんて何年ぶりかなあ。3人でおしゃべりをしながらほとんど1日仕事で山ほどのカッぺッレッティを作りました。
ピッコリーナさんはこのラビオリが大好きで、「やったー!これで復活祭の日は三食カッぺッレッティが食べれるね!」と大喜び。こうして山のようなカッぺッレッティが復活祭の一日で全て食べ尽くされたのでした。
復活祭_a0169172_16155393.jpg

こうやって家でのんびりと過ごせることを改めて幸せだなあと感じました。
イタリアはコロナウィルスによる犠牲者数は減っているものの、なかなか感染者数が減りません。
まだまだコロナウィルスの猛威が弱まるのは少し先のようです。

そして昨日、ペリクリのお母さんがオルトドッサのキリスト教の復活祭を祝うためにアルバニアで準備した赤い卵の写真を送ってくださいました。
復活祭_a0169172_16225834.jpg

遠く離れて外国に住んでいる家族が元気でいてくれるのは、本当に心の支えになります。
一体いつになったら国境が再び開く日がくるのでしょうか。
1日でも早いコロナウィルスの収束を祈る毎日です。


# by concordanze | 2020-04-20 16:35 | Vita quotidiana 生活
お久しぶりです
気がついたら2年以上更新していませんでした。
きっとこのブログを読んでくださっていた方もとうの昔にこのページに通っていただくのをやめていらっしゃるはず。。。
生活の変化、環境の変化、めまぐるしい日々を過ごしていました。
私たちは元気です。いろいろなことを乗り越えて、再びお互いの大事さを確認できる人と出会い、今現在、未来を見つめて日々を過ごしています。

そして今、突然のストップ。全世界でのストップ。人類の危機。

全てがストップ。日常の急激の変化。持て余す時間。。。
いや、持て余すというよりは、今までの価値観を見直すほどの大きな衝撃。1日1日はあっという間に過ぎていきます。
わかっているはずだった命の尊さ、当たり前だと思っていた便利さが、実は当たり前ではなかったと知る衝撃。

日本に住む大事な友人が言った一言「私たちは自然の一部でしかない。」
まさにその通り。私たちは自然の一部である。

今まで「忙しい」からと後回しにしてきた多くの問題。
毎日のめまぐるしい変化、日々生き延びていく方法、さらに改良すべき沢山のこと。。。。
何のための改良なのだろう?何のための問題だったのだろう?
良い生活をするため?知識を得るため?一体、一体何のために時間を費やしていたのか、何のための努力だったのか?

一人一人が課された生きていく課題。自分自身と向き合う勇気。
一体何なのでしょう?

毎日、毎日700〜900人単位で報じられるこの世から去って行く人々。この世から去りゆく人々をこの世につなぎとめようとする並々ならぬ努力と人類の進歩。
生きて行く、って一体どういう意味なんだろう?
今、ここにいられる自分の軌跡を先代に感謝するしかありません。
そして私は何を次に残していけるのでしょう? 何かを残せるのでしょうか?
それ自体がおごり高ぶった考えなのでしょうか?
娘に生きることの大切さを教えることは、せめてできるでしょうか?
本当に生きていく意味を考えさせられる毎日です。

この全世界がストップした状況から脱出した時、我先にと手を討って出るのが正しいことなのでしょうか?
娘に知ったもの顔で生きる大切さを教えるのが私の仕事なのでしょうか?
何事もなかったように音楽活動を再開するのでしょうか?
そのための準備期間として生きるべきなのでしょうか?
とてもできません。
人間の無力さを感じる毎日。
自分の娘への愛をどうしたらいいのか考える毎日。
自分の愛する人々と何ができるのか、どう接していけばいいのかを考える日々。

毎日を大事に過ごして生きていきたいです。この三週間閉じこもった生活の中でも変わらなかった強い要求は、愛する人々と1日1日を大事に過ごして生きていきたい、ということです。そして、未来を見つめていきたい、ということ。
この点に関してはある意味全く変化がなく、今までの生活の進め方にブレがなかったのでは、と安心している部分でもあります。

来週は復活祭。今までとは少し違う復活祭です。
今年は初めてカッぺッレッティを家で作ってみようかな、と検討中です。
今できることを少しずつ、心地よく過ごせるように。通常の日常生活が戻ってくるのを望みながら。

化学、医療の進歩と今の状況をコントロールしようと全力を尽くしている全ての人々の良心を信じて。
またぼちぼちとブログも更新するかもしれません。
どうぞ皆様も十分注意して、この危険な時期を乗り越えましょう。
どうぞゆるりとお付き合いください。
お久しぶりです_a0169172_20171320.jpg

写真はピッコリーナさん作の「ふぐピザ」。ピザ生地は一緒に作りました。
ピッコリーナさんは上手に生地を広げてお好みのトッピングを。
ゆで卵とマヨネーズをのせるのはロッシーニピザ、ペーザロ独特のピザです。
美食家で有名なロッシーニが考案したピザなんですよ。
そのロッシーニピザを真似して、大好きな黒オリーブをふんだんに使用した自信作だそうです(笑)




# by concordanze | 2020-04-06 20:30 | Vita quotidiana 生活
二月
二月もすでに半ば。。。。先日、音楽学者エリオ・ドゥランテさん、アンナ・マルテッロッティさんの最新プロジェクト、マルゲリータ・ゴンザーガ公爵夫人をめぐるマドリガーレ・プログラムのコンサートをコンチェルト・セグレートの一員として歌ってきました。

エリオとアンナの隅々まで行き届いたエレガントな研究にもとづき厳選された、味わい深い、殆ど初演のマドリガーレ…。どっぷりとルネサンスの雅な世界に浸れ、幸せなひと時でした。慣れ親しんだ息の合う共演者と熱心な聴衆に囲まれてとても幸せなコンサートでした。

二月_a0169172_19003305.jpeg


二月_a0169172_19001103.jpeg


# by concordanze | 2018-02-13 18:53 | Resoconti 報告
始動2018年
皆さま、素敵な2018年の幕開けを切られたでしょうか。明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年は色々と変化の年でした。
色々新しい事にチャレンジをし、四苦八苦しながらも自分にできる事を模索してまいりました。
今年も更に四苦八苦しながらも目標目指して航海は続くもようです。
どうぞ応援よろしくお願いいたします!

年末年始、実家へ帰省しておりました。あっという間の滞在でしたので、日本の皆さんには連絡をせず、すみませんでした。
家族でゆっくり過ごしたお正月でした。

今年も元気に頑張ります。
始動2018年_a0169172_23393765.jpeg





# by concordanze | 2018-01-09 23:29 | Vita quotidiana 生活
ロメイ邸にて
12月2日、このブログによく登場する、ロメイ邸にて、家族向けの美術館ツアーが開催されました。
私は巫女シビラの1人に扮して歌ってきました。
わがピッコリーナさんはルネサンス時代のお姫様に扮し参加。小さな騎士、リッカルド君と共に楽しい時間を過ごしたようです。

フェッラーラにはルネサンス時代の教則本に従ってルネサンスダンスを学び続け、伝統的なフェッラーラのパリオ祭を支えている区団があり、今回はサント・スピリト団とサンタ・マリア・イン・ヴァード団と共に共演してきました。

参加していた大勢の子供達もルネサンス衣装に身を包んだ貴族達がダンスをする様子に釘付けになっていました。このように多くに人達が気軽に歴史を楽しめる企画に参加できて光栄です!

ロメイ邸にて_a0169172_19494839.jpeg


ロメイ邸にて_a0169172_19501107.jpeg

ロメイ邸にて_a0169172_19505327.jpeg



# by concordanze | 2017-12-03 19:38 | Resoconti 報告

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ