人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
ジェラート美術館
天気の良い土曜日、ボローニャにある、日本語学校を主催する、まねきねこ会の皆さんが企画して下さった、ジェラート美術館見学に家族揃って参加してきました。
お邪魔したボローニャのジェラート美術館カルピジャーニさんは、イタリアで良く知られているジェラート製造機を製造している会社です。

ジェラートはピッコリーナさんの大大大好きな食べ物の一つ。
ピッコリーナさんも、まねきねこ会の日本語学校に通っている、少し大きなお兄さん、お姉さんに混じって、ジェラート工場を満喫してきました。…といっても難しい説明にはまだ余り興味が無いようで、ジェラートの歴史を説明してくれているお姉さんを気にもせず、広い美術館内を元気一杯走り回る、走り回る。…ママは疲れました。

ジェラート美術館_a0169172_3231424.jpg
  美術館の入り口にはジェラート色の大きなクッションが。ピッコリーナさん狂気乱舞です。

美術館内には様々な時代のジェラートを作る機会、そして、ジェラートの歴史を説明されているブースが設けられていました。走り回るピッコリーナさんの目を盗んでちらりと見てみると、ローマ帝国時代は雪を保存しておいて、その雪に蜜をかけて楽しんでいたのだとか。そして1692年にナポリで出版された「Scalco alla moderna」著書内に初めてのチョコレート味のジェラートのレシピが紹介されているようです。アイスクリームの歴史は長いのですね。
ジェラート美術館_a0169172_326422.jpg
      これ、なんだかわかりますか?ジェラートのコーンを作る機会なんですよ。
ジェラート美術館_a0169172_3205611.jpg
              1930年代のジェラート製造機をくるくる。

そして美術館見学の後は、工場内に隣接されているジェラートショップで、ジェラート作り体験と、待ちに待った試食タイムです。
美術館では駆け回っていたピッコリーナさん、ジェラートが食べられると察知したのか、お兄さん、お姉さんに混じって、きちんと椅子に座って試食タイムを待ちます(笑)
ジェラート美術館_a0169172_3294351.jpg


そして待ちに待った試食タイム、もう子供達は大興奮で(付き添いの大人も)てんやわんや。試食、というよりも、お昼ご飯が食べれない程、しっかりと色々なジェラートを堪能させて頂きました。
色々味見した中でも、バナナとイチゴのシャーベットが私は大変気に入りました。ピッコリーナさんも、大人顔負けの量をぺろりと完食していました。

家族揃っての初めての社会見学は無事終了し、天気もよい事なので、近所の公園へ寄り道。
久しぶりに滑り台で思いっきりピッコリーナさんと一緒に遊びました。
丁度お昼時だったせいもあり、滑り台にはだれもいませんでした。

ジェラート美術館_a0169172_3381493.jpg

ジェラート美術館_a0169172_339440.jpg


最近、なかなか一緒に公園で思いっきり遊ぶ時間が取れなかったので、ピッコリーナさんは思う存分ママを独り占め、滑り台も独り占め、でとっても満足そうでした。

初夏を思わせるまぶしい日差し、ゆっくりと家族で公園で…素敵な土曜日でした☆
by concordanze | 2014-05-11 04:46 | Vita quotidiana 生活

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ