人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
春の大嵐
今日は4月4日です。
3月末から続いている、ドイツのルフトハンザ航空の大規模なストライキで、昨日到着予定だった両親は今日の夜、ボローニャへ到着予定です。
無事に日本を出発できたようなので、無事にこちらへ着くのを祈るのみです。
今回のストライキで3,800便も欠航されたようです。42万5000人もの旅人への影響が出ました。会社の損失は数千万ユーロにのぼるそうです。
乗り継ぎ便等の欠航、変更等でイタリアへの主要空港への影響も多大です。
ルフトハンザ関連会社、空港等のストライキは3月末から行われていました。4月1日から、パイロットによるストライキが行われるかもしれない、と言った情報は31日にルフトハンザのツイッターで出ていたようですが、普段から使用していないので、考えもしなかった。
しかもコンピューターさえ危うい両親がツイッターの散在等知るはずも無く‥…前もって搭乗予定者に予告メール連絡が欲しかったところですが…

ストライキは労働条件を守る大事な手段だと思いますが、仕事で、どうしてもその日に経たなくてはいけなかった人はいったいどうしたのだろう?どのタイミングで顧客へ連絡されたのだろう?他の航空会社へ優先的に代替え便を用意してもらえたのだろうか?また、いったいどういう基準で優先順位を決めたのだろうか?ストライキ、という性質上、残念でした、としか言いようが無いのでしょうか?

家の両親の場合は、約7ヶ月以上前に時間帯の便利な、両親の最寄り空港からの、直通便が無い為に、ヨーロッパ内で一回乗り換えだけのリフトハンザ便を購入していました。連絡が来たのは出発予定日の前日の夜です。(エイプリルフールの余興であって欲しかった!!!)
今回のストライキにより、出発予定日より、2日後のルフトハンザ便、ヨーロッパ内2回乗り換えの便を代替え便として用意されました。この便は、イタリアでの既に組まれている旅行の予定を、全てキャンセルしなければいけないかもしれない、という紙一重の旅程でした。
しかも、高齢の旅行者に、しかも一年も前から楽しみにしていて、個人で海外旅行をすることなど、孫の為にしかしない、(つまり、一生に数度の大冒険)旅なれていない老人に、便利な乗り換えの少ない便をわざわざ高額の値段で購入しているにも関わらず、二回も乗り換えを強いるとは。
健康な、旅なれている人には何の問題も無い2回の乗り換えも、旅なれていない、高齢の旅行者にはとても負担なはず。。。
イタリアのルフトハンザオフィスへ電話するも、何も解決なし。

さて、では時差を待って日本のルフトハンザオフィスに問い合わせを…とスカイプを立ち上げたら何かがおかしい。
家のADSLが故障のようです。なんでこんな時に…とぶつぶつ電話を取り上げて見ると、なんと、電話も通じない!!
なんでこのタイミングかな〜と言いながら携帯電話で電話会社へ電話するも、「72時間以内に修理します。」とのこと。なんでそんなに時間がかかるのですか?!?!
ま、今はスマートフォンがありますから、メール、スカイプもスマートフォンで‥…と思って操作していたら、電波がない!!

撃沈…もう有り得ない…ここは本当に先進国なのですか???

久々にイライラしながら2日間を過ごしました。本日やっとADSLも電話も修復。
いったい何だったのでしょう、この偶然。
春の大嵐。

しかし、ストライキをする際、全く関係のない人々を苦境に立たせるのはどうでしょう?
しかも、長距離のフライトは、2、3日のスケージュールではなく、長期間のスケジュール調整が必要だった旅のはず。
こんな大掛かりなストライキを計画していたのなら、会社側も前もって、この混乱は予測できなかったのでしょうか?顧客の信頼を裏切らない為にも、前もって、条件の同等な代替え便を用意する、とかできなかったのでしょうか?顧客の信頼も落としたら、会社の損害は倍増するのみではないですか。それだけ、会社に余裕がない、という表れでしょうか。
今回のような大規模なストライキは、全く無関係な、旅人、しかもルフトハンザの提供するサービス、安全性を信頼して長距離のチケットを購入していた人々にも大きな混乱を起こしました。
私は、近年、常にルフトハンザを使用していたので、今回のこの対応に少し疑問を持ちました。
しかも、こんなにも多くの人が、不満を持って働いている航空会社だったのか、という驚きもありました。世界中が不況だから…では済まされない規模のストライキです。
今後のニュースに注目したいです。
by concordanze | 2014-04-04 17:27 | Vita quotidiana 生活

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ