人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
ヴィヴァ,ヘンデル様!
2月2日のオールヘンデルのコンサート、無事に終了しました、奇跡的に…!

というのも、このプログラム、前回お知らせしたように、ヘンデルのカンタータ、オペラ・アリアのオール二重唱、三重唱プログラムだったのです。ところが、コンサート前日、演奏者(ソプラノ5人+コントラアルト2人+チェンバリスト2人)9人のうち、二人がインフルエンザで病欠との連絡が!
しかも二人ともソプラノ。。。

もう、コンサート飛ぶかな?と思いきや、じゃ、「プログラム変更でいきましょう。」という、イタリア人の勇気に乾杯(完敗)!コンサート監修のグリーリア・バンディテッリさんも急遽舞台に立つことになり、もう、オレ(フラメンコ風)!という感じ。

私も全く歌った事のない二重唱(レチタティーヴォ付き!!!)を病欠のソプラノの代役として歌うことになり、この唐突な成り行きに、思わず笑ってしまいましたよ。
その他は、私も含め、歌手それぞれがカンタータ、アリアのソロ曲を入れ、なんと、プログラムの3分の2がコンサート前日に変更になるという、前代未聞のコンサートでした。
キアーラ・カッターニさんと、ヴァレリア・モンタナーリさん、二人の素晴らしいチェンバリスト、新曲視奏の女王と呼ぶべきお二人は、素晴らしい集中力と演奏を披露してくださいました。
私は、もう、集中力を使いすぎて、コンサート後、全く眠れませんでした。。。

でも、聞きにいらしていたお客様達は、オール・ヘンデルの世界を満喫していただけたようで、大満足の様子でした。

ヘンデルの音楽は、本当に高揚感をさそう、アジリタ、装飾音など満載ですし、しかも、今回、2台のクラヴィチェンバロに、オーケストラ部分を担当してもらい、とても華やかな舞台となりました。
そこに緊迫感が加わり、ある意味、とても楽しいコンサートになりました☆

コンサートは、出演者も大興奮のうちに無事終わりましたが、コンサート終了後、アドレナリンが出過ぎたようで、少し落ち着く為に(?)皆でアペリティーヴォとることに。
ヴィヴァ,ヘンデル様!_a0169172_22552510.jpg
         危険な橋を渡って成功したコンサートの後でみんなリラックスの表情。

急に舞い戻って来た寒さで、風邪、インフルエンザを患っている同僚が増えています。
でも、前日に出演キャンセルするのはやめて頂きたいです。。。
我が家のピッコリーナさんも高熱が続いていましたが、日曜日には無事回復し、今日から通常に幼稚園通学ができるようになりました。

風邪、インフルエンザを患っている方々が早く回復しますように!
by concordanze | 2014-02-03 23:19 | Resoconti 報告

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ