人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
揺れ動く大陸
また昨日、ヌォーヴィディモデナ付近を震源地としたマグニチュード5.1の地震が発生しました。その影響で、一日に100回前後の余震を未だに繰り返しているエミリアロマーナ州です。フェッラーラでもマグニチュード3程度の地震を体感しましが、大きな被害、混乱はフェッラーラの街ではおきていません。

幸い、負傷者は出なかったものの、ヌォーヴィディモデナのシンボル、17世紀の時計台が崩れ落ちてしまいました。その他にも、前回の大地震で半倒壊していた建物が全壊し、さらに震災難民数がはねあがりました。

そして、今日、雨の降り続く中、5月20日、そして5月29日におこった、エミリアロマーナ州大地震による24名の犠牲者の追悼式が行われました。

揺れ続く大地に、精神的に参ってしまっている人も多く、余震の度にパニックを起こしてしまう人も、避難民のなかに出て来ているようです。

専門家は今回のこの大地震の原因は、アフリカプレートが北方向へ移動しており、ユーラシアプレートとの間に摩擦を起こしていることが原因である、と発表しました。
しかし、いつ何時、どのようにプレートが大きく動くのか予測はつかず、またこの動きの終息も見込みがつかず、一連の全ての動きが終息するには何ヶ月もかかる場合も想定される、とのことです。

揺れ動く大陸_a0169172_224025100.jpg
              INGVによる地震の規模、震源地の地図

今現在、震源地はフィナーレエミリアから西の方へ少しずつ移動しており、昨日の地震では、パドヴァ、ミラノでも揺れを観測したようです。

今後大陸はどのように動いていくのでしょうか?

私達は友人有志と、生活必需品を購入し、避難民の皆さんへ、現地在住の友人を介して届ける、ということを始めました。
できることから少しずつ…。
by concordanze | 2012-06-04 22:45 | Vita quotidiana 生活

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ