人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
Dona dona dona
土曜日の朝、雪が降り続く中、カルロの葬儀がとり行われました。

カルロは退職するまでフェッラーラのアリオーステーア図書館に努めていました。
彼は退職記念パーティーを、自分のお気に入りの本屋さんで開いた程の本好きです。
彼は図書館に勤務中、色々な本にまつわる相談に、親身に答える名物図書館員でした。
また、フェッラーラ市の一地域、バルコ地区に図書館が無かったため、より多くの人に本に触れてもらおうと図書館建設に関わり、カルロによって作り上げられたバルコ地区の図書館は、今では多くの親子が通う憩いの場となっています。

自然を愛する山男で、彼の希望により、彼の亡骸は火葬に付され、彼の故郷、リッツァーノの山に帰ることになりました。
音楽も大好きで、良く、私達のコンサートにも足を運んでくれました。

そんなカルロに私とジャンルーカはドナドナの歌を捧げました。
ジャンルーカのギターで私は日本語でドナドナを歌いました。

ドナドナは、私が小学生の頃、日本では音楽の教科書にのっていました。この曲を知った時、呑気な小学生だった私は、かわいそうな子牛の歌なんだ、くらいにしか思っていませんでしたが、大きくなって、この曲はユダヤ人が、子供までを収容所に送還する、ナチスの行う非情行為への抗議の意味を込めた、溢れる悲しみが込められた神への祈りの曲だと知りました。
ドナドナは、この時代的な背景をもつことから、ヨーロッパでは反戦歌としても歌われることが度々あります。

ある晴れた昼下がり 市場へ続く道
荷馬車がゴトゴト子牛をのせて行く
何も知らない子牛さえ 売られてゆくのがわかるのだろうか
ドナドナドナ 子牛をのせて
ドナドナドナ はかない命

青い空 そよぐ風 明るく飛び交うつばめよ
それを見て 何を思う
もしも翼があったならば 楽しい牧場に帰れるものを
ドナドナドナ 悲しみたたえ
ドナドナドナ はかない命

“ドナ”は“アドナイ”が略されたもの、といわれていています。
“アドナイ”はユダヤ語で神に呼びかける時に使用する言葉です。
この曲のユダヤ語オリジナルタイトルは“ダナ ダナ”です。色々な翻訳経路をたどるうちに“ドナドナ”というタイトルに落ち着いたようです。

アドナイ、アドナイ、アドナイ 悲しみたたえ
アドナイ、アドナイ、アドナイ はかない命

カルロの笑顔を目に焼き付けて。
by concordanze | 2012-02-13 00:07 | Vita quotidiana 生活

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ