Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
'A TAZZA 'E CAFE' ほろ苦いコーヒー
朝、キッチンから、
♪Vurría sapé pecché si mme vedite,
facite sempe 'a faccia amariggiata...♪
とジャンルーカの口ずさむカンツォーネ・ナポレターノと共にコーヒーの良い香りが漂ってきます。
私はそれを合図にベッドを抜け出します。
キッチンにいくと、ジャンルーカが入れたてのコーヒーに砂糖を入れてくるくるかき回しているところ。

このカンツォーネ・ナポレターノ、リトルネッロの部分で “ああ、ブリジダ、君はまるでコーヒーカップに入ったコーヒーのようだよ、君の奥底にはお砂糖があるのに、表面はほろ苦い、甘さを味わうためには、僕は何度も何度も、コーヒーをかき回さなければならない!” と歌っています。


'A TAZZA 'E CAFE'
Vurría sapé pecché si mme vedite,        どうして君はそんなふうに 
facite sempe 'a faccia amariggiata...       つれない顔を僕に向けるの
Ma vuje, quanto cchiù brutta ve facite,      なんてひどい顔を見せるのさ
cchiù bella, a ll'uocchie mieje, v'appresentate..  でも、そんな君の瞳が僕にとっては
I' mo nun saccio si ve n'accurgite!    限りなく美しく見えることを君は知っているのかな!

Ma cu sti mode, oje Bríggeta,          そんな仕草を、ああ、ブリジダ!
tazza 'e café parite:          君はまるでコーヒーカップに入ったコーヒーのようだよ
sotto tenite 'o zzuccaro,             君の奥底には砂糖があるのに
e 'ncoppa, amara site...                表面はほろ苦い
Ma i' tanto ch'aggi''a vutá,             僕は、何度も、何度も
e tanto ch'aggi''a girá...               クルクル、クルクル
ca 'o ddoce 'e sott''a tazza,         コーヒーカップの底にある甘さを味わうために
fin'a 'mmocca mm'h             コーヒーをかき回さなければならないのさ!

a0169172_1057822.jpg


ジャンルーカ「美穂に毎朝コーヒーを準備していると、自然とこの曲を口ずさんでいるんだよね、なんでかな。」
私「ふーーむ。なんでかな。」
by concordanze | 2012-01-12 11:04 | Vita quotidiana 生活

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項