人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
うれしい便り
東京に住む弟夫婦のもとにかわいい赤ちゃんが誕生!早速送られてきた写真を眺めながら、思わず笑顔がほころびます。

弟がお父さんに…なんとも感慨深いものがあります。
そんなこんなで色々考え事をしていたら、ふと思い出したのがガンブラーガのサン・ジョルジョ教会。
うれしい便り_a0169172_20213379.jpg

フェッラーラからほど近い街、ガンブラーガ(Gambulaga)にどっしりと構えるサン・ジョルジョ教会。この教会は「お腹のふっくらしたマドンナが手を広げているようだ」として、その教会正面のまあるいフォルムが皆に親しまれています。

この教会は、フェッラーラの建築家、アントニオ・フォスキーニ(Antonio Foschini)によって1767年に建築されました。
フォスキーニはフェッラーラの劇場を建築したことでも知られています。
うれしい便り_a0169172_2022841.jpg

この教会を見上げるとなんとも心地の良い、優しい気分になれるのです。

なぜこの教会を思い出したかといいますと、実は、かくいう私も、もうすぐ六ヶ月に届こうか、という状況で、かなりお腹がふっくらしてきたのです。弟の赤ちゃんの写真を見ながら、自分のお腹を眺めていて、なんだかガンブラーガの教会をふと思い出した、というわけです。

ジャンルーカは私のお腹をなでながら、パスクワ(復活祭)の卵を持ってるみたい、今年は買わなくてもいいね、なんていっていますが‥…。

もぞもぞと動き始めた自分のお腹を毎日感じながら、いつもの年より、更に力強い春の息吹を感じます。
by concordanze | 2011-04-01 20:41 | Vita quotidiana 生活

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ