人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
日本語でイタリア語?
あっと言う間に先週は過ぎ去りました。
今週は結構色々と余裕のあるスケジュールになりそうです。
なぜなら、予定されていたコンサートの練習がキャンセルされた上に、
教えている日本語の生徒さんが数名、日本へ旅行に行ってしまったからです。

私は2年程前から日本語のレッスンをしています。
「うちの娘に(息子に)日本語を教えてください。」という
要望を数名から受け、最初のうちは、いや、専門ではありませんし…等とお断りしていたのですが、確かに色々な人と日本語でしゃべれたら楽しいかも、旦那さんも日本語しゃべってくれないし!
と一念発起して数人の生徒さんをとることにしたのです。

生徒さんは…
マンガが大好きな15歳の男の子。
漢字を書くのが大好きな18歳の女の子。
語学の勉強が趣味でベリーダンスが得意なお姉さん。
日本のゲームの大ファンで、ネットで日本のゲームを紹介している男性。
沖縄の海藻の化石について研究をしているフェッラーラ大学の教授。(空手二段の腕前!)
スタジオジブリの大ファン、着物の収集家でもある大の日本文化好きカップル。(新婚旅行に約一ヶ月半の日本旅行を敢行!)
あと、二人高校生がいたのですが、それぞれ、イギリスへ留学、フランスへ留学でしばらくお休み。

みんながそれぞれのテンポで勉強を進めています。
みな、「日本語」を理解するために、日本の文化、歴史等にも興味津々で、実に色々な質問をしてくるので、たまに「ん~それはね‥…」と考え込んでしまうこともしばしば。
日本語のレッスンをするのは、私も正しいイタリア語を使わなければならないですし、
何気なく使っている日本語を考え直す時間でもあります。

たいていの人は、五十音表を見ながらでなければ「こんにちは」さえも読めないところから始めました。しかし、今では難しい漢字も「ほら、見て!あってるでしょ?」と自慢げに書いて見せてくれるようになりました。うれしい限りです。
しかし、皆そろってカタカナは苦手みたい。
ひらがなはすらすら読めるのに、カタカナになると五十音表とにらめっこです。
ほとんどの生徒さんが簡単な会話は日本語でこなせるようになり、私もひとときの日本語での会話を楽しみます。
でも、話に熱中してくると…皆イタリア語でしゃべっている!(私も含め…)


言葉は本当に物の考え方を反映しているのだなといつも考えさせられます。
日本語の文をイタリア語にそのまま訳しても、またその逆でも必ずしも、その文本来の言いたいことが伝わる文になるとは限りません。文法を覚えても、語彙を増やしても、その国の考え方、言葉の言い回し等を知っていないと、なかなかわかりやすい文にはなりません。

特に生活の中では、日本語をイタリア語に訳したイタリア語、とイタリア人の使うイタリア語は時に一緒のことを言っているようでも、何か臨場感が違うな〜、と感じる場面が多くあります。

しかし、語学を上達させる上で大事なことは、語学を勉強するのは勿論のこと、常にコミニュケーションをとりたい!という強い思いを持つことと、その国を知りたい、という興味を持つこと、この二つがあれば、色々と足りない言葉の技術をカバーしてくれる、と信じることかな?

日本へ旅立っていった生徒さんが日本語でのコミニュケーションを楽しめることを祈っています。

土曜日に骨董市(骨董品だけではなく、なんでも売ってたけど)で2ユーロでゲットしたリチャードジノリのミルクピッチャー。気に入ってます。

日本語でイタリア語?_a0169172_21382127.jpg
          満足、満足♡ベランダにあるメリッサでもさしてみようかな。
by concordanze | 2010-04-12 22:04 | Vita quotidiana 生活

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ