Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
タグ:natura 自然 ( 109 ) タグの人気記事
コモ湖 カルロッタ邸
コモ湖音楽フェスティバルにて日本歌曲コンサートを行ってきました。
a0169172_18364026.jpg

a0169172_18382286.jpg


a0169172_18392720.jpg

とても素敵な邸宅で夢心地の時を過ごしました。こんな別荘を持てたら素敵だな〜😍

そして今からフェッラーラのロメイ邸でコンサートをしてきます!
この週末はコンサート三昧です😃

[PR]
by concordanze | 2016-10-08 18:35 | Resoconti 報告 | Comments(0)
海へ
ピッコリーナさんの大親友、アデライデのお誘いを受けて海へ行ってきました。
久しぶりに会った大親友達は嬉しくって大はしゃぎ。あっという間に1日が過ぎて行きました。
a0169172_17424794.jpeg

a0169172_17440368.jpeg

a0169172_17472153.jpeg

a0169172_17444621.jpeg
来週からはいよいよ幼稚園の最終年度が始まります。

[PR]
by concordanze | 2016-09-02 17:39 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
どんな花?
暖かくなったり寒くなったり、中々落ち着かないイタリアの春です。風はなんだか冷たいものの、明るい陽光につられてお庭でおやつを食べました。
そして、ピッコリーナさんは何やらもそもそと一生懸命、スコップで穴を掘っていたので、横目で見ながらのんびり日光浴をしました。ああ、陽の暖かさが体の芯まで行き渡ります。新緑の木々の様に私も成長しそうです😛
ふーっと気も緩んでいたところ、ピッコリーナさんに「ママー!お水持って来て!」とジョウロを差し出されながら言われて、ふと我に帰りました。
へ?どうして?と聞くと、「石を植えたの、お水をあげると綺麗なお花がいっぱい咲いて、美味しいフルーツができるのよ。」
だそうです。あはは、何が咲くかね〜。
気長に待ってみる?もうすぐ5月ですね。

a0169172_04093999.jpeg

[PR]
by concordanze | 2016-04-28 03:59 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
復活祭
復活祭です。
私達は海を見に行きました。
a0169172_00535627.jpeg
春の日差しに輝く青くて透明な海を見て、潮風を感じて、リフレッシュ!
怖いもの知らずのピッコリーナさんはまだまだ冷たい海に仔犬のようにかけて行っていました!!
a0169172_01002420.jpeg

ひいい、ママは写真担当でいいですか?
海を存分に楽しんだ後はマリアンヌのお家にお泊りしました。
フランス風の復活祭を楽しむべき、夜寝る前に色々準備をしました。
フランスでは復活祭の前夜、ウサギが卵を庭に隠しにやってきます。そのウサギのために、プレゼントのお絵描きや、おやつなどを用意しておくと、そのプレゼントとおやつの代わりに沢山の卵のチョコレートを置いていってくれるにです。早速ピッコリーナさんもウサギへのプレゼントにお絵かきをして、家のドアに吊るしておきました。
そして復活祭の朝…マリアンヌの「ピッコリーナちゃん、プレゼントのお絵かきがなくなってるよ!ウサギが来たんだよ!」という声で目覚めたピッコリーナさん、早速お庭で卵探しです。
a0169172_01130085.jpeg
沢山のウサギが残していった卵のチョコレートにご満悦のピッコリーナさん!大きな卵のチョコレートの中には、おまけも入っていて、開けるのが楽しみです🎶
復活祭おめでとう!
不安定な政情、テロ、そして日々の葛藤など生きていく上では色々な事が起こるけど、いつ、どんな時でも生きる喜び、楽しみ、希望を忘れないで成長していってもらいたいな。
チョコレートの卵の中から出てきたおまけの妖精の杖を振り回して魔法をあちらこちらに振りまいているピッコリーナさんを眺めながら、強く願った母でした。

[PR]
by concordanze | 2016-03-28 00:51 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
復活祭
春分の日を迎えてますます春めいてきたイタリアです。街は復活祭を控えて様々な準備が進められています。
私もミサで歌ったり、宗教曲のコンサートに参加して過ごしています。
昨日はピッコリーナさんと彼女のお友達リッカルド君と一緒に、復活祭に飾る卵の装飾をしました。
a0169172_22331451.jpeg

ゆで卵、シール、絵の具に粘土など、そして出来上がった卵を入れるカゴに、お花なども取り揃えて準備万端です。
子供達は勿論、大人達も真剣にチャレンジしました。

ユーモラスに変身した卵達。カラフルな卵達にみんな大はしゃぎ。色々とアイデアを出し合って楽しみました♪

a0169172_02022407.jpeg

そして、出来上がった卵達を籠に納めて…後は復活祭を待つばかり。
a0169172_02012922.jpeg
季節、季節の行事をみんなで楽しめるのは、本当に心が癒されます。
みなさん、良い復活祭をお迎え下さい!


[PR]
by concordanze | 2016-03-22 22:27 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
エミリアロマーニャ州大震災のその後
先日、早稲田大学の都市地域研究所の佐藤教授と研究生の皆さんの通訳として、ミランドラ、コンコルディア、サンフェリーチェなどの2012年のエミリアロマーニャ大震災で大きな被害を受け、今現在も復興を続けている都市へのインタビューに同行させていただきました。今年の5月で震災から丸4年がたちます。
震災直後は数多くあった仮説住宅もかなり少なくなり、街の中心地にも少しずつ活気が戻ってきているようですが、地震に対しての免疫がなかったエミリアロマーニャ州は復興計画の様々な法令が無い、というところからの出発となったわりには、各市町村の迅速な対応で随分とスムーズに復興が進んだ所もあるようです。といっても、先ずは市民の住宅施設から復興を始めたので、まだまだ公共機関、教会、劇場などは手付かずの状態のものも多く、まだまだ、復興への課題は大きそうです。
a0169172_07522826.jpeg
サンフェリーチェにあるリバティスタイルの劇場です。この劇場もまだまだ修復が始まっていません。
a0169172_07544834.jpeg
薄暗い誇りをかぶった劇場の中でシャンデリアもひっそりと我々を見下ろしていました。
このシャンデリアに明かりが灯り、華やかな夜の集いができる日はいつやってくるのでしょうか?

[PR]
by concordanze | 2016-02-29 07:38 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
節分
2月3日は節分ですね。しかし夜遅くまで仕事がある私は、1日早く、ピッコリーナさんのお友達リッキーと一緒に節分の豆まきをしました。

リッキーは初めて作る鬼のお面に興味深々です。節分のお話しをしてから、各々鬼のお面作りを楽しみました。誰のが一番怖く作れるかな〜? 四つの怖〜いお面が出来上がりました。

a0169172_06545199.jpeg

a0169172_06570129.jpeg
可愛い子鬼の出来上がり💖
そして、リッキーのノンノに鬼役をしてもらって「鬼は外!福は内!」
a0169172_06593011.jpeg
しっかり鬼を退治しましたよ!きっと素敵な春が訪れることでしょう。
こうやってイタリアでも、お友達と一緒に日本の行事を楽しめるのは本当に嬉しい限りです。日本の文化に興味を持ってくれてありがとう!

[PR]
by concordanze | 2016-02-03 06:49 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
桃の花からの便り
2月になりました。節分もまだですが、思い切ってお雛様をピッコリーナさんと出しました。
優しい微笑みをたたえたお雛様、今年もどうぞピッコリーナさんの成長を見届けて下さいね。

a0169172_21543235.jpeg

桃の花が咲くのが待ち遠しいですね。

[PR]
by concordanze | 2016-01-31 21:50 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
さくら
和紙と折り紙でろうそくランプを作ってみました。
桜の花は日本人の自然と共に生きる姿を象徴する花として、イタリアでも良く知られています。
イタリアはここ最近、暖かい日が続いています。
そろそろお雛様を出そうかな、などと考えています。桜よりも先に桃の花が咲きますね。
季節は巡る。寒い冬は過ぎ、桜が咲き、美しい花は散ってまた季節は巡る。
我が子のちいちゃな手を見ながら幸せを噛み締めました。
a0169172_22191687.jpeg



[PR]
by concordanze | 2016-01-29 22:12 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
あっという間に日々が過ぎて行きます。
我が家のピッコリーナさんも、幼稚園が再開して、毎日元気に登園しています。
昨日は幼稚園の帰り道、寄り道をして、夕方大聖堂の広場へたどり着く頃には日が傾いていました。
空を見上げたピッコリーナさん、「雲が溶けてるよ、ママ。虹みたいだね。」ですって。
a0169172_18485452.jpg

a0169172_18493849.jpg

今からボローニャの聖ジャコモ教会へ悲しみの聖母の日に行う挽課へグレゴリオ聖歌隊として参加してきます


[PR]
by concordanze | 2015-09-15 18:44 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項