Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
タグ:arte 美術 ( 21 ) タグの人気記事
憧れの太陽、生命の源
今日は、フェッラーラのエステ家が使用していた別荘の一つ、ベルリグアルド城に併設されている美術館の改築記念パーティーに招待されて参加してきました。
ベルリグアルド城は、かつて、イタリアのベルサイユ宮殿と称されるほど、規模の大きな素晴らしい宮殿だったそうですが、時代の経過とともにその原型を失い、今はほんの一部のフレスコ画の残るサロンと一部の建築物が昔の姿を想像させるにとどまっています。
私は、かさねがさね、この、唯一のフレスコ画の残る間で、録音作業をさせていただき、本当にヴォギエーラ市に大変感謝しております。
内閣文化観光大臣のダリオ・フランチェスキーニさんも臨席する中、熱い開会式が行われました。
フランチェスキーニさんの家系は代々フェッラーラを代表する政治家です。地域愛を感じる、また、イタリアの文化をもっと大事にしていこう、という熱いスピーチをされていました。
a0169172_2404836.jpg

さて、エステ家の領土はエトルリア文化と深い関わりがあります。スピーナ海岸と呼ばれるかつてエステ家の領土であった海岸から、大量にエトルリア文化の遺跡が発見されたのです。その大部分はフェッラーラにある、考古学美術館に展示されているのですが、この度、ベルリグアルド城にも一部常設展として展示されることになったのです。まだまだ遺跡調査は続いており、 今後も新たな発見があるだろうと、美術館内に空のショーケースが展示されることになりました。未来への期待も展示するなんて素敵ですよね。研究への情熱、市民への還元をモットーに、たどり着いた今回の記念パーティー、関係者の晴れやかな表情がとても印象的でした。

エトルリア人は高度な文化を持っていたことでもしられていますが、琥珀の貿易をしていたことでも知られています。フェッラーラの考古学美術館にも、ベルリグアルド城にも、とても素敵な琥珀のコレクションがあります。
a0169172_2434567.jpg

私は、勉強不足で記号学はよくわからないのですが、エトルリア人にとって、琥珀は生命のシンボル、そして、生命の源である太陽のシンボルとして、大切に取り扱われていたそうです。発見されたお墓の中から、遺骨の上に並べられるようにして発見された、様々な、動植物などを形取った琥珀…一つ一つの形態に意味があるそうです。一体どのような意味が込められ、死者とともに埋葬されたのかしら。。。
美しい琥珀を眺めながらしばし遠い過去への散歩を楽しみました。
[PR]
by concordanze | 2015-03-15 02:57 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
肥沃な木曜日
今日は"肥沃な木曜日" と呼ばれるカーニヴァルの開始日でした!
ピッコリーナさんも朝から衣装を着込んでご機嫌です。
午前中、幼稚園でカーニヴァルのパーティーが行われる為、園児は仮装をして登園するように、と伝えられていたのです。仮装をして登園なんて、もう、楽しすぎます!
ピッコリーナさんは、ロシア貴族風のボルドー色のドレスをチョイスしました。なんだか購入したままでは、なにか物足りない感じがしたので、金色のレースをベルトと腕に足してみました。
a0169172_7522940.jpg
前日の衣装合わせにて。

カーニヴァルの仮装、やはり、女の子には、ひらひらドレスのお姫様、妖精といった衣装が、男の子にはバットマンや忍者タートルズの格好が人気の様です。ジャンルーカ曰く、今朝の幼稚園は何時もにも増して、テンションの高い仮装園児で盛り上がっていたそうです(笑) そんな中、ピッコリーナさん、中々シックなたたずまいで、孔雀のように着飾ったお姫様の群れの中でも目立っていたようです。

そして幼稚園後は、再び衣装をまとって、スキファノイア宮殿美術館で行われる、カーニヴァルのマスクをみんなで作ろう!というイヴェントに参加です。参加受け付け年齢は4歳から、とのことでしたが、家でも良く絵の具で遊んでいます、と説明したら、3歳半のピッコリーナさんも受け付けて頂けました。

このイヴェント、もう何年も行われている、この時期人気のイヴェントのようなのですが、私たちは初めて参加しました。
まずは、ガイドさんが、スキファノイア宮殿の壁画、フレスコ画について、子供にわかりやすく、楽しく解説をしてくれます。それから、スキファノイア宮殿の近くにある、ボナコッシ宮殿美術館へ移動、用意をしてくださったおやつを頂き、そして白いテラコッタ製のお面に、それぞれ好きな色の塗料を塗ってお面を完成させる、という、中々充実した内容のものでした。付き添いの大人も含めて、美術館への入館も、イヴェントへの参加費も無料です。
ピッコリーナさんを含め、仮装をして参加している子供達も大勢いて、なんとも華やかな雰囲気の中、真剣にお面を塗っている子供たちの様子が大変微笑ましかったです。ピッコリーナさんは、参加グループの最年少さんでしたが、張り切って最後までお面を塗っていました。

スキファノイア宮殿のフレスコ画は、これを知らないなんて、フェッラーラ人とは言えない、というほど、世界中に知られている、ルネサンス時代の素晴らしいフレスコ画の代表作で、フェッラーラの人々の誇りです。ルネサンス時代に大流行した占星術を取り入れられた画の構成も、多くの研究者の興味を引くようで、様々な分野で研究がされ、また、多くのアーティストを魅了し、様々なモチーフとして使用されているのですよ。ピッコリーナさんは、今回が初めてのフレスコ画とのご対面となりました。一歩、真のフェッラーラ人に近ずいたかな??
こうやって、小さいうちから、美しいものに触れ、美術館を楽しいところ、と認識できるイヴェントは、本当に素敵だな、と思います。特にフェッラーラはこういった子供向けの美術館イヴェントが多数企画されているので、今後も是非、いろいろ参加してみたいです。
a0169172_8323370.jpg
ミステリアスなスキファノイア宮殿のフレスコ画。
a0169172_8392879.jpg
パパもかなり真剣(笑)
[PR]
by concordanze | 2015-02-13 09:09 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ヨンメッリ@ボローニャ
ニコロ・ヨンメッリのレクイエムコンサート、無事に終了しました。
私はヨンメッリの作品を歌うのは初めてだったのですが、すっかりヨンメッリの音楽の魅力にはまってしまいました!
私の歌ったベネディクトゥスのソプラノソロは、本当に美しく、感動的な旋律で、心にまっすぐ響く音楽でした。
素晴らしい曲に出会えて幸せです。

a0169172_017941.jpg

a0169172_017375.jpg


次回のコンサートは4月25日、フェッラーラ県内にある、エステ家のヴァカンス邸宅のひとつ、ベルリグアルドにて、21日から行われる、フレスコバルディのCD録音に関するコンサートです。

イタリアは復活祭で街のショーウインドウは卵形のチョコレート、ひよこ、ウサギ等でで華やかに飾られています。
20日の復活祭、そして21日の復活祭主日後の祝日、そして23日は、フェッラーラの守護聖人祭、サンジョルジョの日、として、連休が続きます。

私は仕事ですが、家族、友人との集いでリフレッシュしながらがんばろうと思っています。
[PR]
by concordanze | 2014-04-18 00:24 | Resoconti 報告 | Comments(0)
フレスコバルディの夕べ
ボローニャの国際音楽美術館にて行った、オール フレスコバルディプログラム、無事に終了いたしました。
ボローニャの市長さん、ボローニャの美術館の取締役、国際美術館の館長さんを始め、ボローニャ音楽院の学院長、理事関連の方々も臨席した、豪華な客席のコンサートでした(笑)

皆さん、コンサートを堪能されたようで、すっかりフレスコバルディの音楽に魅了されていたようでした。

近い将来、ボローニャ音楽院の古楽科は、この国際音楽美術館へ移動になるかもしれません。美術館はサングイネッティ宮殿と言う、とても美しい宮殿ですし、手稿譜も沢山揃っている図書館もありますし、勉強にもきっと熱が入るだろうな。

a0169172_1813622.jpg

a0169172_18135169.jpg

a0169172_1815971.jpg


あしたはベルガモの近く、アルビーノでレコード会社タクトゥスさんの記者会見で演奏してきます。
[PR]
by concordanze | 2014-03-29 18:16 | Resoconti 報告 | Comments(0)
マチス
2月22日から、フェッラーラのダイアモンド宮殿にてフォーヴィズムを代表する画家、マチスの展覧会が始まります。

とても興味のある画家なので、私も是非美術館に足を運ぼうと思っています。

我らが友人のフランコは、今回のマチス展の為にフェッラーラへ到着した、マチスの後期の作品を修復する為に、ここのところダイアモンド宮殿に通いつめていたのですが、先日、その様子が新聞に載っていました。
…これに関しては、色々な裏話もきいておもしろがっていた私達です。
その一つを披露すると、とある運ばれて来た絵画の額が壊れてしまっていたそうです(!)
幸い、オリジナルの額ではなく、貸し出しをした美術館(アメリカ)がこの絵画の為に作った物だったので、では、作り直しましょう、ということに貸出先美術館と話しがつき、早速額の大きさを伝えてもらい、ガラスを切り、額をはめてみると、なんと!大きさが間違っている!!
その旨を貸出先美術館に連絡して、一悶着あったあとで、ではパスパルトゥ(passeparatout 額と絵画の間に入れる台紙)の開き口を少し大きくしましょう、パスパルトゥを作り直して下さい、ということで落ち着いたそうです。
もちろん、そのパスパルトゥはフランコが作りました。ちゃん、ちゃん。
結構アバウトなのね、と思うのは私だけですか??

何はともあれ、フランコはフェッラーラを代表する紙の修復士、その確実な技術、仕事に対する責任感、彼の温厚な人柄は、私達友人の誇りです。

a0169172_365257.jpg
                   かっこいい!フランコ!!

マチスの作品に興味がある上に、フランコの仕事への尊敬の念もあいまって、更にこの展覧会に親近感をもって足を運べそうです♪
[PR]
by concordanze | 2014-02-19 03:29 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
絵画、文学、そして音楽
Domenica 10 novembre avrà luogo a Malalbergo (Bologna) una serie di iniziative che si terrà presso il palazzo Marescalchi.
Nell'ambito di questa giornata, alle ore 18,00 avverrà la cerimonia di intitolazione della sala riunioni al pittore malalberghese Gino Zucchini. All'interno: "Le città invisibili", narrazione con musica, ideata e realizzata da Gianluca Nannetti (voce narrante) e Gianluca Fortini (sax e clarinetti).
a0169172_17342119.jpg


11月10日(日曜日)、18時より、ボロニャー県、マルアルベルゴでジーノ・ズッキーニ美術館の開館記念の一環として、同美術館にて、ジャンルーカ・ナンネッティにより発案、構成された“見えない都市〜音とイメージ”の音楽、朗読パフォーマンスが行われます。イタロ・カルヴィーノの“見えない都市”と、美術館に展示される絵、そして、ジャンルーカ・フォルティーニ(サックス、クラリネット)による、即興音楽とのコラボレーション。絵画、文学、音楽の織りなす素敵な空間へ是非足をお運びください。


残念ながら、私は丁度この日、ボローニャで音楽院開催のコンサートに参加しており、観覧できません。私の参加するコンサートはオール・二重唱、三重唱のヘンデルプログラムです。
もりもり歌い甲斐のあるコンサートとなっています。ボローニャの中心、マッジョーレ広場にあるファルネーゼ宮殿にて行われます。
[PR]
by concordanze | 2013-11-06 17:52 | Concerti-Spettacoli | Comments(0)
レコーディング
あっという間に一月も終盤ですね。日本では寒い日が続いていると聞きました。
みなさん、風邪、インフルエンザにはお気をつけ下さい。
ここイタリアでも、インフルエンザが猛威をふるっています。
今週は私の周囲で二人の同僚がインフルエンザに倒れ、コンサートの稽古が予定変更となりました。

しっかりとおいしい物を食べて、エネルギーを補給してがんばります!

さて、昨日は3月に行われるレコーディングの稽古でした。
あこがれのグローリア・バンディテッリさんとの初稽古でした♡

もう、ステキ!豊かな声、詩の解釈…。とても幸せな稽古の時間でした。

今日はボローニャで行われている“芸術見本市”と名打たれているイヴェントの一環として、24時まで開館されているタリアヴィーニ・チェンバロコレクションが置かれている、タリアヴィーニ美術館、サン・コロンバーノで、バッハのカンタータ51番を歌ってきます。
コンサートは夜8時からです。ボローニャ近郊の方、是非、お時間ありましたらいらしてくださいね。

ナンネッティ家は2月に末に予定している引っ越しに向けて、新しい家の改築で少しばたばたしています。本当は一月末の引っ越し予定でしたが、なにせ、ここはイタリア、一ヶ月くらいの遅れは当たり前(!?)です。

友人の中には、「大丈夫、私達は八ヶ月遅れて引っ越ししたから!」等と慰めて(…!)くれる方もいたりして、何とも心強い限りです。。。
家を変えるのは大仕事、予定が未定なのはかなりストレスですよね。
仕事をゆだねた建築家、請け負い業者はとても信頼できる方達で、仕事の内容には満足しているのですが、なんだかんだと色々なことの組み合わせで、全てがゆったりと進行中。

ふむ、ゆったりと構えていくしか無いですね…。
[PR]
by concordanze | 2013-01-26 21:35 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
Oratorio dell'Annunziata
今日は、一般に公開されていない、修復中のオラトリオ・デッレ・アンヌンツィアータのガイド付のミニツアーがあると聞いて参加してきました。アリオステーア図書館から出発して、サン・フランチェスコ教会、サン・ジローラモ教会等を経由して、エステ家の宗教事情を巡る散策を楽しみましたよ。

オラトリオ・デッレ・アンヌンツィアータは1336年にその礎が築かれたそうです。オラトリオを囲む四方の壁に美しい壁画が描かれていることでとても有名です。2、30年前までは頻繁にコンサートも行われていたそうです。

サン・フランチェスコ教会はテッラ・ヌォーヴァ通りにあります。テッラ・ヌォーヴァは新しい土地、という意味で、教会のあるこの教区は、古く干拓を行った地域だったことから、この名が通りについているそうです。1594年に建設がはじめられ、その建設にはフェッラーラの街を作り上げたといっても過言ではない、建築家、ビアージョ・ロッセッティが関わっています。
教会の中には通称ガローファロ(Benvenuto Tisi da Garofalo)、による絵等が見られます。
a0169172_722619.jpg
はいってすぐ左の祭壇にあるゲッセマネの園のキリスト。この横にガローファロの絵があります。
a0169172_7245099.jpg
       またしてもフェッラーラの斜塔発見。サン・フランチェスコ教会の鐘楼です。

オラトリオ・デッレ・アンヌンツィアータを持つブォーナ・モルテ教会はジョヴァンニ・バッティスタ・バッサーニがオルガン奏者として努めていたところです。彼はオラトリオのために"La Morte delusa"というオペラを捧げた、といわれています。

オラトリオは四方の壁をカミッロ・フィリッピ、バスチアニーノ、ニコロ・ロセッリ、ディエライといった画家達に描かれたフレスコ画で覆われています。
a0169172_7505690.jpg
                   美しいオラトリオ内。
a0169172_7514175.jpg
                   修復中?なのです。

オラトリオ内のフレスコ画はほとんどが修復中で、フレスコ画が壁からはがれ落ちないように和紙が張られていました。紙の繊維が長い和紙は最高級の紙、とされていて、修復の現場では良く見かけられます。しかし、この和紙が貼られた“修復中”のフレスコ画、30年以上もこのまま放置されているそうなのですが…。問題は“先立つもの”の不足だそうです。企業、個人からの寄付を呼びかけていました。
a0169172_7545076.jpg
                      キリストの復活

唯一、修復が終了していたのは15世紀中頃、ピサネッロ派の手による作品とされる“キリストの復活”。フェッラーラのパラッツォ・スキファノイアに残されている壁画よりも古い壁画だそうです。パラッツォ・スキファノイアはその名の由来が“Che schiva la noia 退屈なんて本当にやになっちゃう”から来ているといわれているだけあって、美しい壁画に覆われている、美を享受できる館として一目に値します。1400年代を代表する画家、コズメトゥーラと占星術士のペッレグリーノによってプロジェクトを組まれたホロスコープを元にした壁画は、その神秘的な美しさに惹かれて様々な分野の多くの研究者が世界中から訪れてきています。

ガイドさんの熱い説明を聞きながらルネサンス時代にタイムスリップしたような一時を過ごしました。
[PR]
by concordanze | 2012-01-23 08:16 | Ferrara観光 | Comments(0)
エステ家のナゾ
ルクレツィア・ボルジャの側近として使えていた詩人、哲学者のエルコレ・ストロッツィ。
彼は1508年の6月6日に、サヴォナローラ通りで、23カ所の刺し傷を負って暗殺されます。
彼に暗殺者を送った者の名は、結局明るみに出る事は無く、事件は謎に包まれたままです。

ある者は、エルコレ・ストロッツィは、ルクレツィアととても近しい関係であり、ルクレツィアの当時の愛人であったフランチェスコ・ゴンザーカ二世との橋渡しをしてたことが、ルクレツィアの夫、アルフォンソ・デステの耳に入り、逆鱗に触れたため殺害されたのだといいます。
またある者はアルフォンソ・デステがエルコレの妻を気に入っていたためだともいいます。
そしてもう一つの説はエルコレがルクレツィアの愛人だったという説ですが信憑性は少し薄いようです。

しかし23カ所もの刺し傷…この23という数字には、ある有名な事件と不思議な一致が見られるのです。

「ブルータス、お前もか…」という言葉を残して暗殺された、ローマ皇帝チェーザレは、23カ所の刺し傷を負って暗殺されました。

政治の変革期に殺害されたチェーザレ、そのチェーザレと同じように殺害されたエルコレ・ストロッツィ。そのため、エルコレの死は政治的に利用されたのだ、ともいわれています。
二人の暗殺事件の類似点は偶然なのか必然なのか‥…?

カーザ・ロメイ美術館で行われたルネサンス衣装をまとっての劇、音楽、ダンスの夕べ。とても興味深いものでした。
事件の要に位置する美しいルクレツィア・ボルジャが多くの時を過ごした、このカーザ・ロメイ美術館で、エルコレ・ストロッツィの残したソネットを朗読し、彼の暗殺された過程の物語をダンスと音楽で再現しました。
来てくださったお客さんはまるでミステリーツアーのようにカーザ・ロメイ美術館内を移動しながらエステ家の謎を追っていましたよ。
a0169172_20365711.jpg
  出演者全員で。水色の衣装が私です。公爵夫人やお付きの人々に囲まれて、気分はルネサンス!

エステ家のミステリー最終回は11月19日にルドヴィーコ・イル・モロ宮殿にて行われます。ここは主にエトルリア考古学美術館として現在使用されていますが、最近4っつのエトルリア時代の宝飾類を展示した新しい部屋が公開されました。必見ですよ!
[PR]
by concordanze | 2011-10-19 04:01 | Resoconti 報告 | Comments(0)
マルフィーザ宮殿にて
9月最後の日曜日、フェッラーラのマルフィーザ宮殿にてコンサートを行いました。
a0169172_20113946.jpg

私達がコンサートを行ったのは庭に面した屋根付のもと劇場としても使用されていた場所です。天井一面にぶどう棚が描かれ、動物、小鳥等が上から覗き込んでいます。
ここで演奏すれば雨の日でも爽やかな青空と、小鳥のさえずり、小動物のつぶやきが聞こえてきそうです。
a0169172_8504794.jpg
私達の奥に見える天井には楽器演奏をする天使が描かれています。きっとここで様々な音楽の催しを行ったのでしょうね。
a0169172_8463243.jpg
               宮殿の中は現在美術館になっています。
a0169172_8521082.jpg
夏にさよなら、さらりと秋風を感じる、日本歌曲とフランスメロディーの昼下がりでした。
温かい拍手をくださったみなさんありがとうございました。
[PR]
by concordanze | 2011-09-26 20:19 | Resoconti 報告 | Comments(2)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項