Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
タグ:animali動物 ( 48 ) タグの人気記事
雪、そして風邪
昨日、フェッラーラでは今年初、いや、今冬初の雪日でした。
そして、今日は朝から一日中雨降りでした。冷たい風も、びゅう、びゅうと吹き荒れ、とっても寒い一日でした。

今朝、起きてきたピッコリーナさん、なんだか元気がありません。
「どうしたの?」と訪ねると、「耳がいたいの…。」と言いながら、朝ご飯も食べず、いつまでもコアラのように私にしがみついています。
どうやら熱は無いようです。何日か前から咳をしたりしていたので、風邪がひどくなったのかしら、まさか中耳炎になっちゃったかな?
取り合えず幼稚園に連絡を入れて、お休みにしました。
しかし、今朝は日本語の生徒さんが来る予定、キャンセルするわけにはいかず、日本語のレッスンを終えてから、早速、小児科を訪れました。
診察して頂いた結果、幸い中耳炎に至ってはいないようで、普通の風邪薬を処方して頂きました。

午後からは、来月に行われるグレゴリオ聖歌付きミサの練習が、ボローニャである予定でしたが、参加者に何名か風邪ひきさんが出て中止となりました。
お隣町ボローニャは、フェッラ−ラよりも冷え込みが深く、この時期は、雨ふりのフェッラーラを電車で出発し、ボローニャ駅で降り立ったら、一面の銀世界、という事も良くあり、今日も、話しをきいたら、道は凍結し、電車、バスのダイヤも乱れに乱れている、との事だったので、練習がキャンセルになってほっとしました。

ピッコリーナさん、お医者さんから指示されたお薬を飲んで少し回復したようです。
さっきからザンパと一緒に遊んでいます。
a0169172_3515654.jpg
「ほら、私もネコだよ。」と解説してくれるピッコリーナさん。意識しているのか、していないのか、一緒の角度で頭を動かす二人、いえ、一人と一匹。生まれる前からのおつきあいだものね。本当に兄弟みたい。面白い♪
[PR]
by concordanze | 2015-02-07 04:10 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
霧深まる
フェラーラは、冬、霧が深いことで有名な街です。
ここのところ、ぐっと冬らしく霧が深くなってきました。
今日も朝から外は深き霧。街の全てが夢の中にいる様です。

そんな日は二人で仲良くいつもの肘掛け椅子で眠るのです。
a0169172_2125960.jpg
どんな夢を見ているのかな…。

今日は今からボローニャの歌劇場でショスタコービッチのムツェンスク郡のマクベス夫人のジェネラルリハーサルを鑑賞してきます。参加している友人から、かなりエキセントリックな演出だから、心してきてね、と言われています。どんなことになっているか興味津々です。
[PR]
by concordanze | 2014-12-03 21:26 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)
お気に入り?
ピッコリーナさんが通学していた、夏の間のみ開かれていた幼稚園、サマー・キャンプが修了しました。何週間かヴァカンスの旅行等の為にお休みをした以外は、しっかりと毎日、病気もせずに通う事が出来ました。
三歳の誕生日を迎え、なんだか少し大人っぽくなったピッコリーナさん。
9月2日からは新しい幼稚園が開始します。
そして来週は夏休みです。(体力を付けてがんばろうと思う母でした。)

来週は、友人が夏期音楽講習会を開いている、カステッルッチョという山間の街で、9月に行うレコーディングの合わせをしよう、という事になりました。カステッルッチョの近くには、ポッレッタ・テルメという温泉街もある事ですし、ついでにプチ旅行をしましょう、という運びになり、家族揃って夏、最後の旅行をする予定です。楽しみ♪

a0169172_2472720.jpg
a0169172_2503286.jpg
ピッコリーナさん、最近のお気に入りルック。こちらは涼しいのです。この和風の服、私の弟に送ってもらった当時は、これと言って余り関心が無かったようなのに、ほぼ、つんつるてんになんて来た最近、凄いブームの様で、毎日、着せて、とせがまれます。
そして、今回のお誕生日プレゼントとして日本の叔母さまに送って頂いた、赤いかわいいカバンをコーディネートするのが、この着こなしのポイントだそうです。。。
a0169172_3421915.jpg
この赤いカバン、とっても素敵で、お揃いのお財布もついているのです。
パパに貰った小銭を早速入れて、毎日出し入れして遊んでいます。
お出かけのときは、いかにカバンの中の物を減らしてもらうか、説き伏せるのに一苦労です…ありとあらゆる、自分のお気に入りをカバンに入れて移動したい年頃なのです(笑)

a0169172_252895.jpg

a0169172_2522336.jpg
そして、夏中、食べたい、食べたい、と言いながらちっとも行動に移さなかったうなぎのグリルをしました。こちらでは、うなぎはフライ、グリルにして食べるのが主流です。トマトソースを絡めて食べる事もあります。
フェッラーラからほど近い、コマッキオ市はうなぎの漁獲が盛んです。そのコマッキオ産のうなぎに塩をふり、軽くオリーヴオイルを塗ってグリルして頂きました。コマッキオ産のうなぎは、アトランティック海を回遊して、ポー川の入り込むコマッキオ湾に帰ってきたうなぎ達です。とってもおいしいうなぎとして、イタリア市場でも知られているのですよ。
いやー、本当においしかったです。やっぱり、うなぎ、おいしいな〜。日本のうな重にのっているうなぎのように、ほろりと口の中でとけるようなうなぎ、というよりは、ぷりっぷりの身が口の中で踊る、という感じでした。…日本のうな重が食べたくなって来てしまいました。そういえば、ニホンうなぎは絶滅の危機なんですよね。節度ある消費で、日本の味が長く生き延びる事を祈ります!
[PR]
by concordanze | 2014-08-24 03:54 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
福音史家聖ヨハネ教会(ラヴェンナ)
今日はラヴェンナの福音史家聖ヨハネ教会にて、グレゴリオ聖歌隊としてミサに参加してきました。
今日はこの福音史家聖ヨハネ教会で、ラヴェンナの文化資産の研究、修復作業の成果を発表する学会が、ボローニャ大学の教授陣を中心に開催されており、教会の歴史、ラヴェンナの教会、芸術等について大変興味深いお話も聞く事ができました。

ミサは、福音史家聖ヨハネの名を持つ教会に捧げ、聖ヨハネの讃歌、ラヴェンナ出身の司教様に捧げられた、比較的新しく、多分、今現在、唯一、正確な作曲年(1324年)が知られているマジステル・ヤコブスによって作曲されたアンティフォナ“San Liberio”を加えて歌ってきました。

ラヴェンナは何と言ってもモザイクで有名な街です。福音史家聖ヨハネ教会はとても美しく、現在は教会の壁に壁画のように保存されている、12、13世紀に教会の床として使用されていたモザイクがとても素敵で、見入ってしまいました。
モザイクが有名な教会と言えば、サン・ヴィターレ教会です。福音史家聖ヨハネ教会もサン・ヴィターレ教会のようにガッラ・プラキディアの命により、5、6世紀に建設されたのですが、残されていたモザイクは、サン・ヴィターレ教会の5、6世紀のモザイクとは違い、中世時代に創られたものです。色とりどりの、圧倒されるまでにきらびやかなモザイクとは違い、何とも素朴なモザイクでしたよ。
a0169172_8415885.jpg
                  福音史家聖ヨハネ教会
a0169172_842424.jpg
               アプシデ(後陣)で、昔のように…
a0169172_8451245.jpg
             昔は床がモザイクで埋め尽くされていたのです。
a0169172_8395479.jpg
a0169172_8405197.jpg

a0169172_8411957.jpg
               モザイクで描かれた様々な動物達

ラヴェンナはフェッラーラから電車で約1時間程。日帰り観光にもうってつけです。
教会でモザイクを眺めていたら、またゆっくり街をぶらぶらしたいな〜と観光意欲が湧いてきました(笑)
[PR]
by concordanze | 2014-06-05 09:14 | Resoconti 報告 | Comments(0)
二匹と一人
久しぶりに登場のザンパ姉さんとジージョさん。二匹ともとても元気です。
気候が良くなり、ザンパ姉さんは、よくお散歩に出かけます。
お庭の薔薇の木の下でのっそりと寝そべっている姿は、さすが、の貫禄です。
余りにも大きくて(太っていて)初めて見た人は、必ず足を止めてもう一度ザンパ姉さんに一目置いてから去っていくのでした。きっとあまりにも大きくて、猫に見えなかったりするのかしら?
この間は、あれ、たぬき?とか言われていましたしね。

恐がりのジージョさんはザンパ姉さんがお散歩中、家の中でお留守番。
今日はのんびりと、くつろぎすぎているような、なんともあられの無い、すっごいかっこうでのお昼寝を披露してくれました。
a0169172_9312334.jpg
               白いマットのようですよ、ジージョさん。

ザンパ姉さんがお散歩から帰宅すると、ジージョは待ってました!とばかり玄関まで出迎えに来て、ザンパの持ち帰ってきた、太陽の匂い、お花の匂い等をクンクンと嗅いで満足しているのでした。
そして一緒にお昼寝をしたり、のんびりとお気に入りの場所で毛繕いに勤しみます。
時にはお互いに毛繕いをし合ったりして、中々に良い兄弟ぶりです。

午後、ピッコリーナさんが幼稚園から帰ってくると、一気に家の中は賑やかに。
2匹はお昼寝どころでは無くなります。

ピッコリーナさん、今日はザンパ姉さんにお寿司(の形をした磁石)を「どうじょ。」と言いながら振る舞っていました。
a0169172_9334015.jpg
               「。。。。」   「どうじょ。」

すたこらさっさと避難をするジージョに対して、ザンパ姉さん、余裕の表情でピッコリーナさんのお相手をしています。「このいたずらっ子の事はお腹の中にいた頃からしっていますよ。」とばかり、温かい目(?)でピッコリーナさんの延々と続くおしゃべりを聞いてあげているのでした。

三人(二匹と一人)の関係
ザンパ  > ピッコリーナさん > ジージョ
[PR]
by concordanze | 2014-05-31 09:54 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)
ザンパと一緒
久しぶりにブログに登場のザンパさん。
高齢ながらもお元気です。
今日は、のっし、のっしと貫禄の歩みでピッコリーナさんをお供にお庭の散策です。
a0169172_2111754.jpg
  
a0169172_212322.jpg

暖かい日差しに包まれて、お庭で過ごすのが心地よい季節になりました。
[PR]
by concordanze | 2014-03-29 21:06 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)
くつろぎの…
なんだか熱くなったり、寒くなったりよくわからない天気が続き、体温調節が難しいためか、体調を崩している人が周囲に大勢います。
ナンネッティ家は、先月、インフルエンザの予防接種を受ける間もなく、みんな揃って仲良くインフルエンザを患い、ダウンしましたが、今はみんな元気です。来る冬に向けて健康第一でいきたいです☆

我が家では、少し体調が悪いかな?と言う時や、疲れたな、と言う時は、日本食が食卓に上るのが常です。
今夜も体をしっかり温めようと、具沢山の根菜のたっぷり入ったお味噌汁を作り、日本米も炊いてみました。そして、イワシの立田揚げ風。みんな大好きで沢山食べてくれました。
ふっくら炊きあがった日本米に、日本のじいじ特製の赤紫蘇ふりかけをふりかけ、紫蘇の香りもた〜っぷりと満喫。
おいしかった〜!癒されました♡

そして、みんな揃っての夕食後のくつろぎタイム。
ザンパもジージョもみんな一緒にまったり。素敵な時間♪

でも…
a0169172_623388.jpg
  すっごく嬉しくなってしまったのか、テンションの高いピッコリーナさんに翻弄される私です。

何やら頭に王冠のようにのせられているのは、お鍋の取ってなのでしょうか?
さっきはデザートのドライフルーツの無花果を分けてくれましたが、それはどうも私の口には…
お花も飾ってくれましたが、私としては、ゆっくりと静かに居眠りをしたいのですがね…。
パパとママと私の間を行ったり来たりしながら、色々な物が頭の上に置かれてゆくのですが…そろそろジージョ(既に避難済み)のいるベットの上に避難しようかな。
[PR]
by concordanze | 2013-11-10 06:36 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)
冷えピタシート
ピッコリーナさん、土曜日の夜中から急に40度の熱が出てしまいました。
診断の結果はこの秋流行中の熱インフルエンザ。
発症から4日目になりますが、まだ微熱があり、今週二日目の幼稚園休園です。
本人はわりと元気なのですが、急の高熱にびっくりしました。

土曜日の夜中にふらっと私達の枕元へ起きて来たピッコリーナさんを抱き上げたら、体が熱い!
ジャンルーカを起こし、ね、熱いよね?というと、うん、茹でたジャガイモみた、とムニャ、ムニャ…と寝ぼけています。
ピッコリーナさんが生まれたばかりの時は、なんだかいつもより体が熱いかな?と伝えると、すぐに病院だ!と私より慌てていたジャンルーカを思うと、かなり育児にも慣れて来たという証なのでしょうか(笑)?

早速解熱剤を投与して朝まで待ちましたが、薬の持続時間が終わると、また40度に跳ね上がる、という状況だったので、大事を取って救急病院へ行き、診断をしてもらった運びです。

前回日本へ帰国していた際に、訪ねた先のいとこが、微熱を出していて、おでこに張っていた“冷えピタシート”を初めてみたピッコリーナさんは、大変気に入ったようでした。私も、さすが、便利そうだね〜等と言っていたら、義妹さんがお土産に持たせてくれました(ありがとう!)。
二箱ももらったので、わあ、長期間持ちそうだな〜等と思っていたのですが、今回の高熱で、一箱使い切ってしまいました。取扱説明書にもあるように、おでこの他に、脇の下、足の付け根等にも使用してみましたが、気持ちがよいようで、嫌がらずに張っていました。2日目には自分から、私におでこに張って、とお願いをして来ていたので、よほど気に入ったのでしょう。大活躍でした。

今日はやっと解熱剤を使用しないで37度前後と落ち着いた体温になりました。
明日の午後は、幼稚園で(多分、ハロウィンの)サプライズパーティーがあるようで、今朝、欠席を告げる電話を幼稚園に入れた際、ピッコリーナさんの属する、とんぼ組の先生が、がんばって治して参加してね、とおっしゃって下さいました。このパーティーのお知らせは、先週から毎日のように通達されているので、幼稚園の先生方もかなり気合いを入れて準備しているのだろうな、と私も少し楽しみにしています。
参加できるといいね、ピッコリーナさん。
a0169172_36407.jpg
   やはり高熱が出ると体力を奪われるのか、今日二度目のお昼ね。ジージョさんと一緒です。


しかし、私、歌手として、ピッコリーナさんが風邪を引いたり、インフルエンザを患ったりすると、本当に、ドキドキしてしまいます。11月10日はコンサート。どうかうつされていませんように!!
[PR]
by concordanze | 2013-10-30 03:58 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
旅の準備
さてさて、来週の日本への旅立ちに向けて準備が始まりました。
今回の私達の一番の悩みどころはジージョさん。

ジージョさんは、去年9月、我が家へやって来た時に、既に病気を患っていたようなのですが、元の飼い主に“見捨てられた”ショックも拍車をかけ、重傷の肝障害へ陥り、命を落とす危機に陥ってしまったほど、繊細なオス猫です。

すっかり私達との生活にもなれ、ザンパをお姉さんとしたい、のんびりライフを満喫していますが、さて、今回の私達の3週間日本滞在の間どうするか、が悩みの種でした。

色々考えた結果、家にもしょっちゅう遊びにくる、ノンノ・ロリアーノのお家にザンパと一緒に連れて行くことにしました。
ザンパは、毎年、私達が旅行をする度に、ノンノのお家にお泊まりをするのは慣れっこ。
ジージョは、お姉さんザンパと一緒なら、急な環境の変化でも少しは落ち着くのでは?既にノンノとは顔見知りだし、きっとそんなに淋しくはないはず。。。
a0169172_17591511.jpg
      暫し、ノンノとヴァカンスよ。ピッコリーナさんのおもりから解放されるわ。

しかし、念をいれて、まず、本当に大丈夫かどうか、ためしてみよう、ということで先週からノンノの家へ二匹をお泊まりに連れて行きました。もし、この方法がだめなら、二匹とも家において、毎日誰かに来てもらうしかなさそうです。
このお試しお泊まりを始めてから、私達は、毎日一度はノンノの家へ二匹の様子を見にいっていたのですが、すぐに我が家のようにのっしのっしと歩いているザンパさんは良しとして、繊細なジージョさん、本棚の後ろへ隠れたまま、でてきてくれません。

既に顔見知りのノンノの家でも、環境が変わるとやはり、繊細なジージョさんは、おどおど、どきどき、もう本当に「どうしよう、どうしよう。」という顔で本棚の後ろ、壁際の隙間へと安心できる場所を探してうろうろ。あまりの動揺ぶりに、私達はノンノの家で何度か食事を一緒にすることに。

三日目の夕食時、そろり、そろりとキッチンへ現れてきたジージョ。早速、ノンノの手から夕食のお裾分けをもらって少し落ち着いたようです。
これを機に、私達がいなくても、ノンノの側へ一人でえさをおねだりに行くことができるようになりました。
やれやれ、我々もこれで一安心です。
a0169172_17553367.jpg
              なんだか、まだ、心もとないのですが…。

二匹がいなくなって我が家は少しガランとしています。特に夜は、暑いにも関わらず、ジージョは必ず私達のベットで寝ていたので、私達も少し淋しいです。

もうすぐ出発です。
久しぶりの日本滞在なので、私達もうきうきしています。
日本のみなさん、会えるのを楽しみにしています♪
[PR]
by concordanze | 2013-08-24 19:22 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)
最近のジージョさん
我が家の一員となって早10ヶ月程がたったジージョさん。
ナンネッティ家に来て早々、生死をさまよう肝臓病が発覚し、毎日点滴を施した日がなんとも遠い昔のようです。
さすがオス猫だけあって、食欲旺盛。健康を回復してからはよく食べ、良く寝て、ザンパ姉さんとよく遊び、ピッコリーナさんに追いかけ回され適度な運動量を保ち、元気に毎日過ごしています。

最近、気がついたのですが、臆病者のジージョさん、中々かしましいピッコリーナさんが苦手で、ジージョの方から彼女に近づくこと等ほとんどなかったのですが、ふと気がつくと、リヴィングでお昼寝しているピッコリーナさんにいつの間にか寄り添って寝ていることが多々あります。
a0169172_17522596.jpg


やっと、危害を加えない人、と認定したのでしょうか?(笑)
とくに、ピッコリーナさんが一人でリヴィングにいると、「あれ、誰も彼女の近くにいないの?では僕が…」というタイミングで彼女の近くに行くことが多く、微笑ましいです。

ジャンルーカは「ジージョは家族の男性、女性のバランスを保には欠かせない存在だよ。」と言って、二人(一人と一匹)で男性協定を組んでいます。
確かにジージョがいないとジャンルーカ以外は全て女性だものね。

すっかりナンネッティ家の一員となったジージョさん。もう、病気等しないで健康でいてくれますように!

a0169172_1754989.jpg

a0169172_17552851.jpg
               ジージョさん、凄いかっこうでお昼寝中。
[PR]
by concordanze | 2013-07-27 17:56 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項