Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
アルベルト・クイント・デステ フェッラーラ大学創設者賞
2014年11月29日、私が運営委員、音楽研究責任者として携わっているバルダンツァ文化協会が、地域に密着した、水準の高い音楽・文化活動を市民に提供し続けている功績が評され、アルベルト・クイント・デステ フェッラーラ大学創設者賞を受賞しました。
a0169172_2135047.jpg

バルダンツァ文化協会の理事長を始め、全ての運営委員の芸術を愛する、情熱に満ちたオーガナイズで、常に聴衆を魅了し続ける文化活動が、多くの人々に評価され、注目された事が本当に嬉しいです。
a0169172_21105761.jpg

今後もより多くの聴衆を巻き込んでみんなで楽しめる、分かち合える音楽活動を一人の音楽家として、1人の運営委員として、楽しみながら追求していきたいと思います。
一歩一歩を大切に…。
[PR]
by concordanze | 2014-11-29 21:28 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
第三回国際ルネサンス宮廷ダンスコンクール"ドメニコ・ダ・ピアチェンツァ"
22日は、第三回国際ルネサンス宮廷ダンスコンクール"ドメニコ・ダ・ピアチェンツァ"に、いつもお世話になっている、フェッラーラのレオーネ・サント・スピリト団の歌手兼ダンサー(というにはおこがましいほど少しだけのコレオグラフィーでしたが…)として参加しました。
ドメニコ・ダ・ピアチェンツァはエステ家宮廷で大活躍したダンサー、振付師のひとりです。
ポーランド、モデナ、マントヴァ等多くのルネサンスダンスグループが参加するなか、なんと我がサント・スピリト団が見事優勝を飾りました。
公演中、凄い集中力を感じていましたが、まさか優勝するとは思っておらず、優勝の報告に参加者全員大喜びでした??
このコンクール、規定の10分間にルネサンスの宮廷ダンスを取り入れ、演技を交えてのプレゼンテーションをする、といったもので、各グループが趣向をまじえて宮廷の饗宴の一部を再現します。とても面白いコンクールでした。
私の今回の役所は、三人の女神の一人に扮した公爵夫人のお付きの貴婦人が、公爵夫人に歌を捧げ、エステ家で良く踊られていたバッサダンサを同じく女神に扮した他の貴婦人達に促す、という役所でした。
ただ歌うだけではなく、シェノグラフィーの一部を担うことはとても楽しいです。
a0169172_20134751.jpg

素敵なルネサンス衣装も着ることができ、本当に楽しいコンクールでした。
こちらが優勝グループに贈呈された、フェッラーラ伝統の陶器です。淡い緑と黄色が使用されているのが特徴です。
a0169172_20153825.jpg

a0169172_20162791.jpg

最近ルネサンスダンスを習い始めたピッコリーナさん。いつか一緒に歌って踊る日が来るのかな??
[PR]
by concordanze | 2014-11-23 20:25 | Resoconti 報告 | Comments(0)
可愛いコックさん
今週は雨の日が続いたフェッラーラです。
日本語の生徒さん、ジョヴァンニが、寿司パーティーをしようよ、というので、張り切ってお友達を呼んで(総勢10名とピッコリーナさん)、二人でおしゃべりをしながら巻き寿司を一緒に作りました。
彼は14歳の時から、私と日本語の勉強を始め、大学進学などで一時お休みしたものの、また一緒に勉強をし始めています。
一緒に日本へ旅行したり、レッスン以外にも家に遊びに来たり、私にとっては弟のような存在で、なんだかそんな彼が早、二十歳になるのかと思うと、なんとも感慨深いです。
a0169172_23593449.jpg
ちょっとピンボケ…

日本のレシピサイトで見つけた、柿とモッツァレラチーズのサラダ、友人達に好評でした。
揚げ出し豆腐と椎茸のオーブン焼きも作りましたよ。
みなさん、気持ちのいいほど平らげてくれて、本当に料理人冥利につきます??

そして、小さなコックさんも、しっかりとお手伝いして(くれようとして)くれました(笑)
a0169172_034977.jpg
何を作ってるの?「ピッツァ」だそうです。最近ブームの小麦粉粘土(小麦粉とみず、少々の塩を混ぜたもの)。ふと気がつくと、ソファーのクッションの下などに隠されていてびっくりします。。。

楽しいおしゃべりと共に、沢山ワインボトルが、空いた夜でした。
[PR]
by concordanze | 2014-11-17 00:18 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ヴァイオリンコンサート
今朝はロベルト・ランファルディさんのヴァイオリンコンサートをピッコリーナさんと聞きに行ってきました。ランファルディさんの演奏は、フワフワっと羽が生えたように柔らかな音色で紡ぎ出される、艶やかで、しなやかなメロディーが本当に心地よく、ヘンデル、ベートベン、エルガー等を堪能させていただきました。
ピッコリーナさんも素敵な音楽が気に入ったようで、私の膝の上に座って、腕を上げたり下げたり、体を揺らしたりして静かに聞いていました。
途中で椅子から降りて、踊り出したので、びっくりしましたが、一番後ろの席に座っていたので、他のお客さんの迷惑にはならなかったようです。
コンサートに来ていた、顔見知りの人達には、「良い子に聞いてたのね〜。」「あら、大きくなったわねー。」などと声をかけて頂き、満更でもない様子で照れ笑いをしていたピッコリーナさん。

先日は私とお揃いでパールのネックレスをかけてみたり、私がお化粧をしていると、私も!と言って聞かなかったり…おしゃまさんなのでしょうか?もしくは最近の子供はみんなこんな感じで早くからおしゃれに興味を持つのでしょうか?
いずれにせよ、一緒におしゃれをしたり、お出かけする日はもう、そんなに遠くなさそうです。
a0169172_6422157.jpg
                  水玉ピッコリーナさん。
[PR]
by concordanze | 2014-11-10 06:45 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
かぼちゃのファゴッティーノ
今日の夜は女性ばかりでお友達の家でフェスタです。
私はトルタ・サラータ(甘くない惣菜タルト) 担当指令が出ていましたので、フェッラーラの伝統的な一皿、カッペッラッチ・ディ・ズッカ・アル ・ラグー(かぼちゃの詰め物パスタミートソースがけ)をアレンジして、かぼちゃとラグーの一口パイを焼いてみました。中にはパルミッジャーノチーズも入っています。かぼちゃにはナツメグで香りずけをしてありますよ。和菓子のレシピからヒントを頂きました。伝統的なフェッラーラの一品を和の心で包みました❤️
a0169172_22185982.jpg

味見隊長ジャンルーカはとっても美味しいと申しております。
[PR]
by concordanze | 2014-11-06 22:27 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
いざ、ルネサンダンス
今月22日に行われるルネサンスダンスの祭典で、歌をうたうことになりました。振付を担当している、お友達のルネサンスダンスの先生ラウラに、ピッコリーナさんも連れていらっしゃいよ、と誘われ、リハーサルついでにルネサンダンスの教室にお邪魔してきました。
a0169172_2274991.jpg

早々に飽きてしまうかな、と思っていたのですが、お姉様方に囲まれ、ハイテンションのピッコリーナさん、ラウラにバッサダンツァと呼ばれる、フランスが紀元の、フェッラーラのエステ家でも良く踊られていた、15世紀の宮廷ダンスを教えて頂き、見様見真似でお姉様方の後を付いて踊っていました。
とても優雅なダンスですよ。
とても楽しそうだったので、また来週も一緒にお邪魔しようかしら。
フェッラーラの貴婦人誕生となるでしょうか??
[PR]
by concordanze | 2014-11-05 02:37 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
11月2日
最近はイタリアでも子供達を中心にハロゥインの仮装パティーが定着しつつあるイタリアですが、賛否両論、馴染めない仮装の行列に苦笑いのイタリア人も多いようです。
今日、11月2日「死者の日」、11月1日の「諸聖人の日」と供に、カトリック圏でも昔から死者を追悼する日として習慣的に、お墓参り、親族と過ごす日などとして扱われています。

ナンネッティ家も、ピッコリーナさんとお花を持って、お墓で眠るノンナのもとを訪れてきました。
とても良い天気の日曜日で、いつも人が少ない墓地には、大勢のお墓参りに訪れた人々で賑わっていました。
あちこちの墓石に飾られた菊の花が、秋深まる陽射しに美しく凛としているのがとても印象的でした。
a0169172_683542.jpg


お昼ご飯を一緒に食べていたノンノに、今日、ノンナにお花を持って行ったの、ノンナはねんねしてたの、と話しているピッコリーナさんを微笑ましく眺めていたのでした。
[PR]
by concordanze | 2014-11-03 06:14 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項