Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ミッレチェント
我が家の車は、今では既にアンティークカーの域に達する、フィアット・ミッレチェントRです。この車は1666年から69年に生産されていた、フィアットの50年代から60年代にかけての中型車の代表格です。アンティーク車協会にも登録されています。
さすがに遠出をするのには使用しませんが、街の中のお出かけには大活躍です。
ピッコリーナさんは、プーという何とも古めかしいクラクションがお気に入りです。
a0169172_2111364.jpg

わたしも、ぶるんぶるんという、大げさなエンジン音が好きで、この車で出かけると、なんだかゆったりとした気分になります。

a0169172_292666.jpg


私はこちらで免許の書き換えをし、書類上ではイタリアでも車を運転できるのですが、なかなか勇気がでず、未だに運転経験ゼロです。しかし、こちらの学校事情(両親、又は両親に任命された人が毎日子供を送り迎えする。)、ピッコリーナさんの成長(こちらの親は、子供が遊びにいく時、帰宅するときの送り迎えをします。)等を考えると、そろそろ、重い腰を上げて、実践の時を迎えたようです。
そんな事を考えていた矢先、今年の誕生日プレゼントに、エドアルドがプレゼントしてくれた物が、なんと、「自動車学校5時間券」。あまりにもタイミングのよいプレゼントに思わず苦笑い。
エドアルドもわかっているのです、車を運転する必要性。
ということで、8月からいよいよ自動車学校に通います。
イタリアは右側通行ですし、運転マナーの悪い人多いですし。。。5時間で感が戻ると良いけど。。。がんばります。
ミッレチェントは運転するにはひとクセある車なので、教習終了後、暫くはノンノの普通車を借りようかな。ノンノ、貸してくれるかな〜(信用してくれるかな、笑)。
[PR]
by concordanze | 2014-07-28 00:11 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
フェッラーラ国際ピアノ音楽祭
夏らしい、暑さが戻ってきたフェッラーラです。
フェッラーラ国際ピアノ音楽祭の幕開けコンサート、Kevin Haysさんのジャズピアノコンサートをフェッラーラの考古学美術館に聞きにいってきました。夕暮れ時にあわせて素敵なアペルティ−ヴォをゆっくり談笑しながら楽しみ、そして、21時にコンサートが開始です。

a0169172_1658502.jpg


素晴らしいかったです!的確なテクニックで軽快に、エレガントに紡ぎだされてゆく音楽…。ほぼ満員の会場をジャズ音楽の魅力ですっぽりと包み込んでくれました。
アンコールには白雪姫の“いつか王子様が”を素晴らしいヴァリエーションで演奏してくださり、最近、ピッコリーナさんにディズニー音楽を仕込まれて(?)ディズニー音楽が身近な音楽となりつつある私は、凄く感動いたしました(笑)

日曜日にはPaul Badura Skodaさんのシューベルト、モーツァルトを中心にしたコンサートが同じく21時から開催されます。コンサート前にはやはり素敵な考古学美術館のお庭でレセプションが開催されます。お近くにいらっしゃる方是非、足をお運びください。

フェッラーラ国際ピアノ音楽祭は今年が第一回目です。今後フェッラーラ定番の国際音楽祭に発展しそうです。
[PR]
by concordanze | 2014-07-19 17:11 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
再び平野へ
標高1500〜2000メートルで過ごした一週間。壮大な山々の表情にすっかり癒されて、再び、我が家のある、平野のフェッラーラへ戻って参りました。
うれしい事に、フェッラーラは余り暑くありません。
でも、きっと、フェッラーラ近郊の海にヴァカンスへいっている人は嘆いている事でしょう。7月だというのに全く夏らしい気候ではありません。
ドロミテ渓谷の区々は、それはそれは、もう、涼しいを通り越して、寒い、という程で、毎日セーターを着て過ごしていました。
7月後半は、もう少し暑くなってもらって、海に行きたい!!という気分を盛り上げていきたいところです☆

ドロミテ渓谷の良いところは、各地がきちんと整備されているところです。草原は草が刈られ、山道はきちんと整備され、なおかつ、自然はしっかりと保護されています。
なので、子供が遊べるところも沢山あります。
ピッコリーナさんは、それはそれは山の生活を楽しんでいました。
草の丘をころころと転げ回り、ハーブの匂いを満喫しました。池にいる白鳥の親子に毎日えさをあげに通い、山の斜面に放牧されて、おいしい草を食んでいる牛さんに近づき、小川に小石を投げ入れ、野花を摘み、森の匂いを胸一杯に、初めて見る様々な虫を観察し…夜は、聞いた事の無い鳥の声に耳を傾けながら、落っこちてきそうに大きく見える月を眺めました。
特に、転がる度に良い匂いのする草原が大変気に入ったようで、何度も、何度も、笑いながらころころ転がっていて、その様子は本当に面白くって、みんなで大笑いをしました。
a0169172_11131131.jpg

a0169172_11134967.jpg

a0169172_11144389.jpg


ノンノに預けていったジージョさんとザンパさんをピックアップして、我が家はすっかり日常通り。
目に焼き付いている、壮大なドロミテ渓谷の景色を心に浮かべながら、明日からまたがんばろう!

a0169172_11202516.jpg
           私のノンノとののんびり夏休みも終了いたしました…。
[PR]
by concordanze | 2014-07-13 11:23 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ドロミテ渓谷
大好きなドロミテ渓谷に囲まれる、サン・ヴィート・ディ・カドーレに避暑に来ています。
山の爽やかな空気と、素晴らしい景色に癒されて気分は上々。

二年前に訪れた際、まだ、ピッコリーナさんはよちよち歩きがやっと出来るようになった頃でした。
ドロミテの壮大な景色に囲まれた街の公園でも芝生の上に転がって遊んでいるだけでしたが、
今年は、もう、張り切って滑り台に、ブランコ、思う存分楽しんでいました。

a0169172_22252131.jpg


少しお天気が心配ですが、明日からは近隣の山、森の散策等をしながらのんびりと過ごす予定です。
[PR]
by concordanze | 2014-07-06 22:26 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
音楽、そして履帯
あっという間に7月の第一週が過ぎて行こうとしています。
それもそのはず、夏休みに入ったピッコリーナさんの溢れ、有り余る元気パワーに振り回されながら、あっという間に毎日が過ぎていってしますのです。。。

そんな中、9月から録音予定の手稿譜手直し、そしてリハーサルが本格的に始まりました。
皆でワクワクしながら仕事を進めています。

そして本日は、エミリア・ロマーニャ州有数の機械部品加工会社ベルコさんにて、日本人グループとの工場見学、会議等に、同時通訳として参加させて頂きました。
“金属の耐久テスト”、“走査型電子顕微鏡”、“ロール圧延機”、“履帯”…など、など、普段あまり身近ではない単語が盛りだくさんで、とても大変でしたが、双方の会社のマジメで正直なお仕事ぶり、仕事を大事にしていらっしゃるその姿勢に、関心しながら、1日を過ごさせて頂きました。
通訳と言う仕事を通して、双方のコミュニケーションをより深めるお手伝い担う事が出来る、というのは本当にうれしい事だな、と感じました。
今後の更なる双方のお仕事の発展を心から願います。
…しかし、さすがに10時間休み無くの同時通訳は疲れました。。。

さて、さて、明日はピッコリーナさんの小児科での定期検診、眼科検診等、病院巡りをすませてからヴァカンス準備に入ります♪
山の清々しい空気が待ち遠しいです!!

a0169172_6402580.jpg
           ピッコリーナさん最近のお気に入りのお出かけルック。

リュックの中には、ピッコリーナさんお気に入りの物(ピンクの靴下、靴、お絵描きして切り取った魚、クレヨン等々)が満載です。中を開けると思わぬ物が出てくるので、結構楽しませて頂いています。
[PR]
by concordanze | 2014-07-04 06:49 | Traduzione 通訳、翻訳 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項