Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
バラの残り香
"アンジェロ・グリッロ卿、雅号リヴィオ・チェリアーノの世俗愛から宗教愛の世界”コンサート、無事に終了いたしました!多くのお客様に、足を運んでいただき、嬉しい限りです。

コンサート後に色々な方から、「とっても優雅なコンサートでした。」「少し気分が塞いでいたのですが、コンサートを聴いていて、心が晴れましたよ。」「アンサンブルが本当に息があっていて素敵でした。」「前回行われた(2年前)グリッロ卿の宗教曲のコンサートを、もう一度聞きたくなりました。」等々、それぞれが様々な思いで我々のコンサートに聞き入ってくれていたのだな、と想像できる言葉をかけてくださり、演奏者一同、本当に心温まる思いでした。
a0169172_037506.jpg

a0169172_0384459.jpg

a0169172_0411953.jpg


エリオとアンナの素晴らしい研究の成果を受けて選りすぐられた、洗練された、本当に素敵な曲ばかりのコンサートだったので、又、どこかでこのコンサートを行える機会があるといいな、と演奏者一同、次回に向けての更なる勉強を誓い合ったのでした。

コンサートを終え、2日が経ちましたが、何となく、美しいバラの残り香を探すような、少し夢見心地な気分で、コンサートを思い出します。本当に素晴らしい共演者と、美しい曲が演奏できて幸せでした。

a0169172_0414819.jpg
   いい合わせをしたわけでは無いのに、皆、同じトーンの衣装で、グループの連携もばっちり?!


しかし、今回、更に嬉しかったのは、ピッコリーナさんが、最前列で演奏会に集中して聞き入っていたパパをよそに、ノンノとおとなしく後ろの席でコンサートを聴いていたようで、色々なおばさまから「まあ、本当に偉いわね〜。」と声をかけていただいた事。ママは鼻高々です(笑)
コンサートは静かに音楽を聞く場、という事を少し理解できて来たのかな?
[PR]
by concordanze | 2013-11-27 00:58 | Concerti-Spettacoli | Comments(0)
ドン・アンジェロ・グリッロ
Domenica 24 Novembre, nel Salone d’onore di Casa Romei, alle ore 11.00 , Concerto “Le composizioni profane del poeta Don Angelo Grillo (1557-1629)”, poesie d’’amore che diventano un nuovo genere: le “canzonette”, musicate dai grandi compositori dell’’epoca. Questa è la seconda parte del lavoro di ricerca che i Soci Onorari Elio Durante ed Anna Martellotti regalano a Bal’danza, dopo la prima, dedicata al “sacro”, realizzata nel Marzo 2011, in Santa Francesca Romana. Gli stessi ricercatori illustreranno le poesie di Angelo Grillo, Sabato 23 Novembre, ore 17:00, sempre a Casa Romei.
Il Concerto si presenta di grande interesse anche per la partecipazione degli artisti:

Miho Kamiya, soprano ,Gloria Banditelli, mezzo soprano

Silvia Rambaldi, clavicembalo - Valeria Montanari,clavicembalo
a0169172_23593852.jpg


11月24日、朝11時より、フェッラーラのカーザ・ロメイ美術館にて、
"アンジェロ・グリッロ卿、雅号リヴィオ・チェリアーノの世俗愛から宗教愛の世界”
と題されたエリオ・ドゥランテ、アンナ・マルテッロッティ両氏慣習による、グリッロ卿の詩に、同時代の作曲家により付された音楽ばかりで構成されたプログラムを演奏します。
演奏者は:
神谷美穂(ソプラノ)、グローリア・バンディテッリ(メゾソプラノ)
シルヴィア・ランバルディ、ヴァレリア・モンタナーリ(クラヴィチェンバロ)です。

ジュリアーノ・パラティコ、ルカ・マレンツィオ、オラツィオ・ヴェッキ、リリオ・ベルターニ等の音楽です。
グリッロ卿のとても優雅な、そして時にはユーモアに満ちた愛の世界が描かれています。
今回のプログラムの中で、私が一番気に入っている詩はこちらです。

Quand’io miro le rose
Ch’in voi Natura pose,
E quelle che v’ha l’arte
Nel vago seno sparte,
Non so conoscer poi
S’o voi le rose, o sian le rose voi.

バラの飾りに縁取られた
美しいあなたのデコルテにみとれていると、
私には、あなたの胸に飾られたバラが私を魅惑しているのか、
はたまた、あなた自信が真のバラの花であり、私を魅了しているのか、
わからなくなってしまうのです。

なんともエレガントな美しい女性へのあこがれが描かれていて、付されたマレンツィオの美しい音楽もあいまって、思わず、ほっとため息を漏らしてしまうのです。

アンジェロ・グリッロ卿はジェノヴァの貴族の次男として1557年に生まれました。
この時代の習慣として、将来、家族長ではないアンジェロは、15歳の時に修道院へ入所しました。
修道院へ入所してから間もなくは、割に自由な生活を謳歌していたようで、修道院に出入りしていた貴族の美しい娘達と、音楽仲間と共に、楽しい時間を過ごす機会に恵まれていたようで、若さ溢れる、愛の世界を瑞々しく歌った詩が多く残されています。これらのグリッロ卿の詩は、当時、とても親しまれ、音楽家の間でも頻繁に取り上げられる、という、大評判を得たのでした。しかし、さすがに本名で詩を出版するわけにはいかず、雅号リヴィオ・チェリアーノが生まれたようです。

しかし、余りにも楽しい生活を謳歌しすぎたのが、仇となり、グリッロ卿はポー川の中州にある、ベネディクト系の修道院に事実上“島流し”にされ、生活を改めることを強いられます。
そんな中でも自然の世界を歌った詩が多く残されました。
お年を取られてからは、とても素晴らしい司祭様だったようで、ベネディクト会の修道院長を何度か務めています。

コンサート前日の23日17時よりはエリオ・ドゥランテ、アンナ・マルテッロッティ両氏の記者会見もあります。アンジェロ・グリッロ卿がどのような人物であったのか、描かれた詩の世界の背景等、興味深いお話が伺えそうです。
是非いらしてください!
[PR]
by concordanze | 2013-11-18 02:51 | Concerti-Spettacoli | Comments(0)
御点前
今日は、お友達のダヴィデが訪ねて来てくれたので、みんなでお抹茶を飲みました。
テーブルでお抹茶と和洋折衷だけど、たまにはお抹茶での午後のティータイム。
初めてのお抹茶に興味津々のピッコリーナさん。
a0169172_3302747.jpg
                   お抹茶を入れて…
a0169172_3323582.jpg
                   これは何だろう?
a0169172_3325686.jpg
               ママの真似。さて、御点前はいかに?
[PR]
by concordanze | 2013-11-14 03:48 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ヘンデル!ヘンデル!ヘンデル!!
ボローニャのファルネーゼの間で行われたボローニャ音楽院主催のオールヘンデルプログラム無事終了しました。このコンサート、本当に歌い甲斐のあるコンサートで…コンサートの後はとてもお腹がすきました(笑)
ノリの良いお客様達に大きな拍手をいただき、また、色々な方に本当に楽しいプログラムだった、といっていただき、関係者全員満足のようです。
このコンサートは来年2月にファエンツァの劇場で再演が決まりました♪
また近くなりましたら詳しい情報をお知らせいたします。
早速、友人が写真を送ってくれたので…
a0169172_21182328.jpg
            ソプラノのアリーダ・オリーヴァさんと。

ジャンルーカの朗読パフォーマンスも、好評を得て無事終了した模様です。私もどのように行われたか写真を見てみたいところです。市の職員の方が写真を撮っていたそうなので、また写真をいただいたら掲載したいと思います。

私達が仕事中、ダニエレおじさんと、ノーラおばさんと、いい子にして私達を待っていてくれたピッコリーナさん。先に終了した私が迎えにいったとたんに大泣き。おじさんとおばさんと一緒に、まったく泣くことも無く、楽しく遊んでいたようなのですが、私の顔を見たとたん、安心しきってしまったのでしょうか。
ノーラは私に、遅めのお夕食までお世話してくれました。私が夕食を食べている間中、ずっと腕の中でべそをかいて、ぴったりと私に張り付いていたピッコリーナさん。なんとも愛おしいです。
やっぱり、ママがいないと淋しいんだね。
暫くしてジャンルーカも加わり、一緒に夕食をして、色々おしゃべりをしてから帰宅。
本当に、家族のように私達をサポートしてくれる、ダニエレとノーラに心から感謝、感謝です。
[PR]
by concordanze | 2013-11-11 21:31 | Resoconti 報告 | Comments(2)
くつろぎの…
なんだか熱くなったり、寒くなったりよくわからない天気が続き、体温調節が難しいためか、体調を崩している人が周囲に大勢います。
ナンネッティ家は、先月、インフルエンザの予防接種を受ける間もなく、みんな揃って仲良くインフルエンザを患い、ダウンしましたが、今はみんな元気です。来る冬に向けて健康第一でいきたいです☆

我が家では、少し体調が悪いかな?と言う時や、疲れたな、と言う時は、日本食が食卓に上るのが常です。
今夜も体をしっかり温めようと、具沢山の根菜のたっぷり入ったお味噌汁を作り、日本米も炊いてみました。そして、イワシの立田揚げ風。みんな大好きで沢山食べてくれました。
ふっくら炊きあがった日本米に、日本のじいじ特製の赤紫蘇ふりかけをふりかけ、紫蘇の香りもた〜っぷりと満喫。
おいしかった〜!癒されました♡

そして、みんな揃っての夕食後のくつろぎタイム。
ザンパもジージョもみんな一緒にまったり。素敵な時間♪

でも…
a0169172_623388.jpg
  すっごく嬉しくなってしまったのか、テンションの高いピッコリーナさんに翻弄される私です。

何やら頭に王冠のようにのせられているのは、お鍋の取ってなのでしょうか?
さっきはデザートのドライフルーツの無花果を分けてくれましたが、それはどうも私の口には…
お花も飾ってくれましたが、私としては、ゆっくりと静かに居眠りをしたいのですがね…。
パパとママと私の間を行ったり来たりしながら、色々な物が頭の上に置かれてゆくのですが…そろそろジージョ(既に避難済み)のいるベットの上に避難しようかな。
[PR]
by concordanze | 2013-11-10 06:36 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)
絵画、文学、そして音楽
Domenica 10 novembre avrà luogo a Malalbergo (Bologna) una serie di iniziative che si terrà presso il palazzo Marescalchi.
Nell'ambito di questa giornata, alle ore 18,00 avverrà la cerimonia di intitolazione della sala riunioni al pittore malalberghese Gino Zucchini. All'interno: "Le città invisibili", narrazione con musica, ideata e realizzata da Gianluca Nannetti (voce narrante) e Gianluca Fortini (sax e clarinetti).
a0169172_17342119.jpg


11月10日(日曜日)、18時より、ボロニャー県、マルアルベルゴでジーノ・ズッキーニ美術館の開館記念の一環として、同美術館にて、ジャンルーカ・ナンネッティにより発案、構成された“見えない都市〜音とイメージ”の音楽、朗読パフォーマンスが行われます。イタロ・カルヴィーノの“見えない都市”と、美術館に展示される絵、そして、ジャンルーカ・フォルティーニ(サックス、クラリネット)による、即興音楽とのコラボレーション。絵画、文学、音楽の織りなす素敵な空間へ是非足をお運びください。


残念ながら、私は丁度この日、ボローニャで音楽院開催のコンサートに参加しており、観覧できません。私の参加するコンサートはオール・二重唱、三重唱のヘンデルプログラムです。
もりもり歌い甲斐のあるコンサートとなっています。ボローニャの中心、マッジョーレ広場にあるファルネーゼ宮殿にて行われます。
[PR]
by concordanze | 2013-11-06 17:52 | Concerti-Spettacoli | Comments(0)
ザッハートルテ
11月になりましたね。イタリアは1日金曜日は死者の日として祝日。そして続く土曜日、日曜日と3連休でした。慣習通り、親族一度会する人、又はどこかへ旅行を楽しんでいる人も多かったようです。いずれにせよ、とてもよい天気の三連休となりました。

我が家は、私は、1日は一日中、24日に行うコンサートの練習。そして、2日、3日はフィレンツェからほど近いモンテカティーニに住む友達家族が泊まりかけで遊びに来ました。

24日のコンサートは、2台のチェンバロとソプラノ、メゾソプラノという編成で、ドン・アンジェロ・グリッロの詩による音楽を演奏します。ジュリアーノ・パラティコ、マレンツィオ等が音楽を付けています。尊敬する音楽学者、エリオ・ドゥランテさんとアンナ・マルテッロッティさんにより監修されたこのコンサート、2年程前に、やはり全てのコンサートをドン・アンジェロ・グリッロの詩による宗教音楽で行いましたが、今回は全て世俗音楽です。
チェンバロは、シルヴィア・ランバルディさん、ヴァレリア・モンタナーリさん、そしてメッツォソプラノは大尊敬するグローリア・バンディテッリさんです。
とても優雅な、ゆったりとしたコンサートになりそうでとても楽しみです♪
練習の合間には、グロリーアさんが手作りしたザッハートルテでお腹もしっかり満たされました♡

a0169172_2533073.jpg
                    おいしかったー!

そして週末は、久しぶりの友人との再会!沢山食べて喋って、笑って過ごしました。
友人夫婦には6歳になる娘さん、リーザがいて、ピッコリーナさんは羨望のまなざしで彼女のすることを全て真似していました。今回、特にはまっていたのが、彼女のスリッパ(?なぜ)自分のお気に入りの人形達に次々交代で、その、気に入ったスリッパをはかせていました(笑)
そして夜は大興奮で、リーザのために準備したベットに潜り込んでいました。
a0169172_303582.jpg
                      大興奮!

皆それぞれに充実した連休を過ごしました♪
[PR]
by concordanze | 2013-11-04 03:14 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項