Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2013年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
冷えピタシート
ピッコリーナさん、土曜日の夜中から急に40度の熱が出てしまいました。
診断の結果はこの秋流行中の熱インフルエンザ。
発症から4日目になりますが、まだ微熱があり、今週二日目の幼稚園休園です。
本人はわりと元気なのですが、急の高熱にびっくりしました。

土曜日の夜中にふらっと私達の枕元へ起きて来たピッコリーナさんを抱き上げたら、体が熱い!
ジャンルーカを起こし、ね、熱いよね?というと、うん、茹でたジャガイモみた、とムニャ、ムニャ…と寝ぼけています。
ピッコリーナさんが生まれたばかりの時は、なんだかいつもより体が熱いかな?と伝えると、すぐに病院だ!と私より慌てていたジャンルーカを思うと、かなり育児にも慣れて来たという証なのでしょうか(笑)?

早速解熱剤を投与して朝まで待ちましたが、薬の持続時間が終わると、また40度に跳ね上がる、という状況だったので、大事を取って救急病院へ行き、診断をしてもらった運びです。

前回日本へ帰国していた際に、訪ねた先のいとこが、微熱を出していて、おでこに張っていた“冷えピタシート”を初めてみたピッコリーナさんは、大変気に入ったようでした。私も、さすが、便利そうだね〜等と言っていたら、義妹さんがお土産に持たせてくれました(ありがとう!)。
二箱ももらったので、わあ、長期間持ちそうだな〜等と思っていたのですが、今回の高熱で、一箱使い切ってしまいました。取扱説明書にもあるように、おでこの他に、脇の下、足の付け根等にも使用してみましたが、気持ちがよいようで、嫌がらずに張っていました。2日目には自分から、私におでこに張って、とお願いをして来ていたので、よほど気に入ったのでしょう。大活躍でした。

今日はやっと解熱剤を使用しないで37度前後と落ち着いた体温になりました。
明日の午後は、幼稚園で(多分、ハロウィンの)サプライズパーティーがあるようで、今朝、欠席を告げる電話を幼稚園に入れた際、ピッコリーナさんの属する、とんぼ組の先生が、がんばって治して参加してね、とおっしゃって下さいました。このパーティーのお知らせは、先週から毎日のように通達されているので、幼稚園の先生方もかなり気合いを入れて準備しているのだろうな、と私も少し楽しみにしています。
参加できるといいね、ピッコリーナさん。
a0169172_36407.jpg
   やはり高熱が出ると体力を奪われるのか、今日二度目のお昼ね。ジージョさんと一緒です。


しかし、私、歌手として、ピッコリーナさんが風邪を引いたり、インフルエンザを患ったりすると、本当に、ドキドキしてしまいます。11月10日はコンサート。どうかうつされていませんように!!
[PR]
by concordanze | 2013-10-30 03:58 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ジュリアーノの誕生日
ジュリアーノの80歳の誕生会がフェッラーラ劇場のホワイエにて行われました。
ジュリアーノはエミリアロマーニャ州の建築物を語るにおいては欠かせない、優秀な建築技師として、長年、建築事業、又、歴史建造物の修復のシーンに置いて、重要な仕事を数々していますが、未だに、朝の散歩は、自分のたずさわった建築物の点検がてらする、という程、本当に仕事を愛している人です。
エミリアロマーニャ大震災発生後もすぐにフェッラーラの大聖堂、美術館を自転車で見回りにいったそうです。本当に尊敬します。
サンタクロースのような風貌も手伝い、いつもあっという間にその場にいる子供達の人気者になっています。

みんなに愛され、尊敬される、音楽好きのジュリアーノのために、フェッラーラの音楽院の才能ある若者達によって結成されたオーケストラによる演奏が行われました。ヴィヴァルディ、モーツァルト、バルトーク等多彩なプログラムを初々しい演奏で聞かせてくれました。
その後はジュリアーノのオランダに住むお孫さん(8歳と6歳)がヴァイオリンとチェロの演奏を披露し会場は盛りあがりました♪
ピッコリーナさんはそんな二人をお得意の“わーお”を連発しながら聞き入っていて、演奏後二人の側へ行きたがり、これは既に音楽に興味を持ち出したのかな??と思いきや、二人の着ていた、かわいいフリフリのお洋服がとても気に入ったようで、二人に終止つきまとっていました(笑)
a0169172_3534837.jpg
           すっかり仲良しになって沢山遊んでもらいましたよ。

音楽のあとは、おいしいビュッフェを楽しみました。劇場で楽しむビュッフェは雰囲気も良くて、みんなとの話しも弾みました。子供達も、おいしいお料理に大興奮。お料理を食べた後は、大喜びであちらこちらを元気に走り回ってはしゃいでいました。
a0169172_412519.jpg

そしてお待ちかねのケーキタイム。大きな大きなケーキを前に子供達の興奮は最高潮に!
a0169172_4131758.jpg

a0169172_4135464.jpg

みんなでハッピーバスデーを大合唱した後は、その場にいた子供達全員でろうそくを吹き消します。ピッコリーナさんも、お友達のリッカルド君といっしょに張り切って“フー”をしていました。
そしておいしいケーキを沢山いただきました。
a0169172_415505.jpg
             なんだか王様とお妃様のテーブルのようですね。

音楽と、素敵な友人、沢山の子供達に囲まれて、ジュリアーノの人柄が溢れる、本当に素敵な誕生会でした。ジュリアーノ、お誕生日おめでとう!いつまでもいつまでも元気で、今までのようにフェッラーラの建築物を守っていってください!
[PR]
by concordanze | 2013-10-27 04:25 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
クレープと木馬そしてピッツァ
今日の午後は家族揃ってゆっくりお散歩。
近所にある、リサイクル&骨董品屋さんを冷やかしに行きました。

凄いアンティークの物(1800年代の教会の懺悔ボックスとかまであってびっくり。。。)とリサイクルショップが混ざったような感じの、面白いお店です。
ADOという、臓器提供ボランティアの団体が資本を集めるために経営しているお店で、ボランティアのおばあちゃん,おじいちゃんがのんびりと対応をしてくれます。

ボランティア団体が経営していることもあり、色々な人が寄付した物とかも売っていて、値段もお手頃の物が多いです。私達もピッコリーナさんの着れなくなった洋服等を何度か寄付しました。

3人思い思いにぶらぶらと物色していたら、ピッコリーナさん、何かを発見したようです。
“わーーお”と言いながら、お店の隅から引きずり出してきたものは木馬。
ゆらゆらとユーモラスに揺れる木馬は、足の部分に折りたたみ式で滑車が付いていて、紐を付けると引っ張って遊ぶこともできます。
凄くシンプルな木馬ですが、なんとも味があります。きっと一昔前、おじいちゃんが孫のために造ったんだろうな、と想像させられるような風情です。

暫くお店で楽しく遊んだ後、我が家につれて帰ることになりました。
ピッコリーナさんの喜んだこと、喜んだこと。早速我が家のリヴィングに落ち着いています。
a0169172_7161163.jpg
          ピッコリーナさんのお世話、よろしくお願いしますね木馬さん。

そして、木馬を購入後、近くのクレープ屋さんでおやつ。私は、季節のお勧め、カボチャとマスカルポーネのクレープにしました。
さすがカッペッラッチ・ディ・ズッカ(カボチャの詰め物パスタ)の街、フェッラーラならではのクレープです。ほんのり甘い、オーブンでじっくり焼いてすりつぶしたカボチャに濃厚なマスカルポーネチーズがとてもマッチしていて、ホックリしたおやつタイムを過ごしました♡
a0169172_7204720.jpg
        撮影前に既にピッコリーナさんに少し食べられてしまいました。

その後は思い立って、先日、本をプレゼントしてくれたアルゼンチン人のお友達、ノーラとダニエレ(イタリア人)のお家に突撃お宅訪問で遊びにいきました。ノーラは私達がどうしても必要な時には、ピッコリーナさんのお世話をしてくれる、家族ぐるみのおつきあいをさせてもらっている友人です。以前、私とジャンルーカのコンサート中、何が気に入らなかったのか、住宅街中に響き渡る声で泣き叫ぶピッコリーナさんあやしながら、コンサート中散歩をしてくれたこともあります。。。
お互いに、ふらりと気が向いた時に遊びにいき、そのまま夕食まで‥…ということが良くあるのですが、今日も、お喋りをしているうちに、じゃ、ピッツァでも一緒に食べようよ、ということになり、夕食をごちそうになってしまいました。ピッコリーナさんもノーラおばさんとダニエレおじさんが大好きで、一緒に楽しく遊んでいました。ノーラの旦那さん、ダニエレは大の本好きで、ジャンルーカと良く本や映画の話しで盛り上がっています。
ノーラは自分がイタリアに住む異人、国際結婚の大先輩ということもあり、私のイタリアに住む苦労を良く理解してくれ、本当に親身に色々な心配をしてくれる、気兼ねなくなんでも話しのできる、心強い友人の一人です。

沢山笑って、秋深まる夕べを楽しくのんびり過ごしました♪
[PR]
by concordanze | 2013-10-26 07:57 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
とりあえず一区切り
今日はボローニャの音楽院、2年特別専門コースの締めくくり、ルネサンス・バロック声楽コース最終試験がありました。最近体調が悪かった上に、録音、色々な練習が重なり、れれれ(?)な日々を送っておりましたが、気分を入れ替え、アレッサンドロ・グランディ、ルイージ・ロッシ、ベルナルド・パスクイーニ等の作品を精一杯歌って試験に挑みました☆

結果、30点満点中30点満点+賞賛(+グローリア・バンディテッリ師匠の心にしみいるお言葉)をいただき、納得の行く最終試験となりました。
見守ってくださっていたみんなありがとう!

音楽院のコースを通して、“演奏をする”ということの原点を色々な角度から見直すことができ、また、色々な音楽仲間と知り合うことができ、とても有意義な2年間でした。
後は、2月に論文を提出するのみ…といってもこれが一番の大仕事なのでしょうが、とほほ。

でも来年の6月に、この論文の主題のCD録音が行われるはずなので、気合いを入れてがむばります♪

                  ● ● ● 

ピッコリーナさんは、幼稚園通園2週間目を迎えて、少し、状況が見えて来たようで、一週間目の目新しい経験より、ママやパパと離れる淋しさの方に気がついてしまった様子。今週は朝、家を出るのが少し辛そうです。がんばれ!

ピッコリーナさんが生まれてから2年間、毎日、片時も離れることは、ほとんどなかったことを考えると、ピッコリーナさんが幼稚園に行っている時間は、私達に取って貴重な仕事をする時間、と共に、きっと、この2年間があっという間だったように、きっとピッコリーナさんは、更にあっという間に“じゃ、ママ、バイバイ”なんていいながらどこかに行ってしまうような気がして、その成長の早さに少し淋しさを覚えてしまったり…。

とにかく、社会の色々な現象に慣れる第一歩なので、彼女なりに楽しく過ごせる方法を見つけてもらいたいな、と思っています。外で色々な経験を積んでこそ、家族と共に過ごせる時間もきっと、更に大事にできるようになると思います。…といっても色々わかるようになるのはまだまだ先のことだとは思いますが。
私がもっと要領が良ければ、幼稚園に行かずに済むのかな、ピッコリーナさんと存分に一緒にいられるんだけどな、と思う反面、働くママとその子供達にとっては、幼稚園、保育園は本当に必要不可欠な社会制度なのだ、と再確認をしている日々です。
何はともあれ、しなやかにたくましく育ってください、ピッコリーナさん!いつでもママはそばで見守っているからね。
a0169172_59499.jpg
  幼稚園からつれて来たヒョウさんと一緒に。明日はこのヒョウさんと一緒に登園しようね。
[PR]
by concordanze | 2013-10-24 05:31 | Resoconti 報告 | Comments(0)
フレスコバルディ・ろくおん
順調に進んでおります!

今日が録音最終日。午後、お城へ行ってきます。

a0169172_17323877.jpg

a0169172_1733333.jpg


次回、4月5月のセッションでアリエ・ムジカーリ、2巻全ての録音が終了します。
素晴らしい仲間と仕事ができて幸せです♪
[PR]
by concordanze | 2013-10-21 17:35 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
幼稚園、その後
今日で、5日連続パパとの登園を楽しく過ごしたピッコリーナさん。
今日はみんなと一緒に一人でお昼ご飯も食べたそうで、手には食べかけのフェッラーラのパン、コッピアを持って、パパとニコニコで帰宅しました。

聞いたところによると、ピッコリーナさんはレンズ豆のスープ、人参、チーズ等を一人でスプーンを使って、全て平らげて来たそうです。すばらしい!

どうやら幼稚園、気に入ってもらえたようで何よりです。来週からは私達の幼稚園との契約通り、9時から1時までの通常登園になります。

私と一緒に登園だと、泣くかもしれない、ということで一週間ジャンルーカにがんばってもらいましたが、この作戦は大成功だったと言って良いでしょう。毎朝、泣くこと無く、パパと一緒にお出かけできました。

さて、私は今からフレスコバルディの録音にベルリグアルド城に行って来マース。
[PR]
by concordanze | 2013-10-18 22:16 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
初幼稚園とザクロの実
すっかり咽頭炎から復活したピッコリーナさん、今日は初幼稚園でした。
今日から一週間かけて、段階を追いながら、一人でお友達と先生と一緒に過ごせるようになる予定です。
初日の今日は、パパと一緒に一時間の園生活。幼稚園の先生にバナナをもらって、お友達の遊んでいる様子を観察してきたようです。
明日も同じくパパと一緒に一時間の園生活、そして10分間の両親退室時間を経て、またパパと一緒に30分過ごしてから帰宅する予定だそうです。そして、この一週間をかけて、少しずつ両親の退室時間を延ばし、来週からは両親は送り迎えのみ、になる予定です。

今日は、とても楽しく過ごせたようで、帰り際には教室を出るのをしぶっていたとか。
私が帰宅したら、ピッコリーナさん、ザクロの実(食べかけ)をプレゼントしてくれました。
幼稚園終了後、パパと幼稚園のお庭で遊んでる際、見つけたザクロの実を食べてみて、大層気に入り持ち帰って来たそうです。
a0169172_1443441.jpg
                ママもザクロの実は好きです。
a0169172_14888.jpg
                 あれ?だれの手ですか?

写真を撮っているうちに、だれかさんの小さな手が、赤い小さな実をつまみ食い。急いで私も参戦
いたします。
今日のおやつは二人で甘酸っぱいザクロの実を堪能しましたよ。
[PR]
by concordanze | 2013-10-15 01:41 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
そんなこんなの秋の空
先週から始まる予定だったピッコリーナさんの幼稚園は、ピッコリーナさんの大風邪咽頭炎で延期。
そして、私も、ピッコリーナさんに風邪をうつされて、なんだか調子の悪い一週間でした。
そんな中、色々と新曲を勉強しなくてはならない稽古等もあり、雨はしとしと続いているし、
なんと〜も気の重い一週間なのでした。

そして今日の金曜日。ピッコリーナさんはまだ少し咳が残るものの、元気になってくれたようです。
やれやれ。
私は、朝から一日中、ボローニャでコンサート、録音等の稽古の一日でした。
空は曇りがちながらも時々太陽が顔出してくれたりして、少し気分が晴れました。

18日から第三セッションのフレスコバルディ、アリアムジカーリ全曲録音が再会します。
前回の夏のセッションは、思いもよらぬセミ待ちで、メンバー一同、なんとも、出ばなをくじかれましたが、今回はどんな冒険が私達を待ち受けていることか…。

一日中、歌って、歌って、少し疲れたけれど、思っていたより、体調は良いようで、何とも一安心。
電車の中から見上げた空は衣雲がかかる夕暮れ。

気心の知れた仲間達と造り上げる、アンサンブルの心地よさの余韻をふつふつと感じながら見上げた空は、何とも私の充実感を表しているようでした。
a0169172_1512162.jpg

[PR]
by concordanze | 2013-10-12 02:01 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
おそば、イタリアの場合
今回の日本滞在中に、お父さん(じいじ)の手打ち蕎麦を食べて以来、更に日本蕎麦のファンになった模様のジャンルーカ。
帰国後、毎日のように、おそばおいしかったねぇ、と言っていたと思ったら、
先日、“そういえば、イタリアにも蕎麦はある!”と張り切って、材料を購入したようです。
今日、仕事から戻ってくると私を待ち受けていたものは…
a0169172_5293781.jpg
             じゃ、じゃじゃーん!ピッツォッケリです。

ピッツォッケリは、そば粉を使用したパスタで、ロンバルディア州最北端、スイスとの国境にあるヴァルテッリーナ地区で食される伝統的な郷土料理です。
日本のさっぱりしたのどごしの良いおそばを想像すると、イタリアのおそば、ピッツォッケリは全くの別ものです。
ビートの葉、ジャガイモ、キャベツと一緒にピッツォッケリを茹で、お皿に茹でたてを揚げ、すぐに刻んだパルミッジャーノチーズ、粉にしたパルミッジャーノチーズと和え、最後にニンニクで匂い付けをした溶かしバターを上からかけ回して出来上がりです。

エミリアロマーニャ州では見かけることの無い、食卓への珍しいパスタの登場に、お昼ご飯は多いに盛り上がりました。ジャンルーカも初めての作にしてはかなりの上出来に気を良くしたようで、かなり満足そうでした。日本のおそばとは全く違い、コクのあるチーズとバターの味がジャガイモともパスタともとっても相性よく、ビーツの葉の甘さがピッツォッケリのそば粉の味を引き立てているようで、とってもおいしかったです。

ニンニク風味のバターが食欲をそそる、濃厚なパスタ。この一皿で寒さも乗り切れそう!
というのも、ここ数日、確実に冷え込みが厳しくなって来たのです。
私は既に毛糸のセーターを着用する毎日です。

ピッコリーナさんは先日から発熱で、今日も余り元気がありません。
月曜日からの初幼稚園登園までに元気になれるといいのですが…。
[PR]
by concordanze | 2013-10-06 06:03 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項