Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
鏡割り
昨日はヴェローナにある、とあるディーラーの開店式のイヴェントに参加してきました。
トヨタの車を新しく取り扱うことになったということで、日本歌曲をリクエストしていただきました。
日本は桜が満開とのことなので、お花見の気分を味わっていただこうと、桜づくしのプログラムをハープのマリアンヌと演奏してきましたよ。
残念ながら、写真を撮るのを忘れてしまったのですが、トヨタの車IQが、素敵に全身生け花で飾られていました。
式は日本風に鏡割りから始まり、イタリア人は飛び散るお酒のしぶきに、かなり大盛り上がりでした。
日本食のビュッフェも用意されており、演奏後はお寿司を堪能させていただきました♪
日本人の方によるケータリングだったようで、とてもきめの細かい、大変おいしいビュッフェでしたよ。
お花、大勢の参加者、おいしいお料理、生け花と、とても華やかな式でした。

a0169172_16351543.jpg
             記念にいただいた升。トヨタマーク入りです。

そして、ローマのエリオとアンナから素敵な贈り物が届きました。
焼き物で有名な、デ・サンクティスのデルータのニワトリ水差しです。手描きですよ。
エリオとアンナは、今までにいくつかのニワトリを私達にプレゼントしてくれました。
a0169172_16383453.jpg
          エリオとアンナにプレゼントしてもらったニワトリトリオ。

デルータのニワトリ水差しも、新しい家に幸運をもたらしてくれることでしょう。こうやって色々な心のこもった贈り物が新しい家に増えていくのは、本当に幸せです。

そして、こちらはジャンルーカとお留守番していたピッコリーナさん。
a0169172_16491915.jpg
            私はママがお出かけ中、サラミを並べてみました。

この週末はパスクワ(復活祭)で祝日です。私達はコンサートの準備、まだ開封していない引っ越し荷物の整理、親族との会食などを予定中。パスクワ後にはゆっくり温泉にでもいこうかな、と一人密かに計画中。
[PR]
by concordanze | 2013-03-29 17:08 | Resoconti 報告 | Comments(0)
Marzo pazzerello 気まぐれな3月
Marzo pazzerello(気まぐれな三月)と言われるごとく、先日はブラウス一枚でも気持ちのよい天気だったのですが、今日は雪まじりの雨が降っています。
ここのところ、このように2、3日おきにやってくる、10度以上の気温の変化に体調を崩す人が続出です。かくゆう私も体調を崩しておりました。
ナンネッティ家全員が風邪のフルコース。大変でした。

さて、先週土曜日はボローニャにあるマエストロ・タリアヴィーニ氏のクラヴィチェンバロ・コレクション美術館で行われていた、バロック音楽における装飾音についてのセミナー内で行われたコンサートに参加してきました。
セミナーでは、マエストロ直々に装飾音についての色々なお話をしていただきました。
マエストロは音楽について話しだすと、もう止まらない!
装飾音の解釈の仕方、音楽の歴史、また、演奏に関する、本当に興味深い数々のエピソード、時間が経つのがあっという間でした。

今回一緒に共演させていただいたクラヴィチェンバロはこちら。
a0169172_22532525.jpg
             Louis Denis制作の1681年のスピネッタです。

小振りながら良く響く音色を持ち、気持ちよく歌わせていただきました。
スピネットの内部には、上手に写真が撮れなかったのですが、美しい、数々の花が描かれています。
a0169172_22552210.jpg
               1681年から咲き続けている花達。

マエストロのチェンバロ・コレクションは本当に素敵です。何と言っても素晴らしいのは、全てのコレクションされている楽器の演奏が可能、という点です。美術館に陳列されるだけではなく、その音色を楽しめる、本当に素晴らしいですね。この美術館にはチェンバロだけではなく、オルガン、フォルテピアノ、リコーダー等もコレクションされていますよ。

さて、外は気まぐれな天気ですが、家の中には気まぐれなねずみがうろちょろしています。
最近、うっかり目を離すと、キッチンのテーブルの上に置いてあるフルーツ皿周辺で、何やら怪しい笑い声が。。。

a0169172_2352224.jpg
                   や、やられた。。。

時既に遅し、いたずら、気まぐれネズミは去った後でした。やれやれ。
ピッコリーナさん、最近、椅子に一人で上るのがとっても上手になったのです。それに伴って色々ないたずらが急増中!お手柔らかにお願いしますよ…。
a0169172_23121061.jpg
         …と言っている側から、ママの靴をどこから持って来たんですか?
[PR]
by concordanze | 2013-03-25 23:15 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
さよなら、ミッコミッコ
春は出会いと別れの季節。
春の力強い芽吹きとと共にやってくる出会いはわくわくどきどき、とても楽しいですが、素敵な季節と共にやってくる別れは本当に切ないですね。
友人の音楽学者が子供のようにかわいがっていた、スズメのミッコミッコがこの世を去りました。
憔悴しきった声で電話をかけてきた友人。側にいたらぎゅっと抱きしめてあげたいのにな、とローマとフェッラーラの距離がもどかしかったです。

ミッコミッコは巣から落っこちていたところを友人に助けられ、“手のりスズメ”となりました。
お茶目なスズメで、マーラーの音楽をが大好きでした。
友人のお宅へ遊びにいった際、音楽を聞きながら歌っているミッコミッコを見た時は、野生のスズメがここまで人になついて、音楽を一緒に鑑賞するまでに至ったなんて!と驚くと共に、友人のミッコミッコへの愛情をひしひしと感じました。そういえば、ルッツァスコ・ルッツァスキのマドリガーレも好きだったなぁ。コンサートの練習を友人宅で行った時、一緒になって歌っていたのを思い出します。演奏がうまく行っていない時は一緒に歌ってくれないので、ミッコミッコが演奏の完成度をジャッジしていました(笑)
友人がチェンバロを弾くと、チェンバロの縁にちょこんとつかまって、一緒になって歌っていたっけ。宙返りが大好きで、しっぽがすり切れるまで宙返りを繰り返していたり。本当に愛嬌たっぷりのスズメちゃんでした。
a0169172_0195665.jpg
               友人の肩でくつろぐミッコミッコ

友人は旅をする時も、いつもミッコミッコをお供にしており、着用する衣服も、スズメの嫌いな赤い服を避けていました。
一緒に音楽を一杯聴いて、一緒に楽しい時、悲しい時を共に過ごした、家族の一員がいなくなってしまう悲しみは、本当に言い表せませんね。

バイバイ、ミッコミッコ。空で自由に羽ばたき続けてくださいね。
友人が早く元気になってくれることを祈りつつ。。。
[PR]
by concordanze | 2013-03-13 00:37 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ザンパを探せ
ピッコリーナさんの部屋でお昼寝中のザンパを発見。
ピッコリーナさんのおもちゃのふり?
a0169172_113011.jpg
                    ザンパを探せ!

そしてピッコリーナさんの最近のお気に入りは、緑の帽子をかぶったアルポ君。
アルポ君とお供のねずみさんとキーボードで遊ぶのがはやりです。
アルポ君とはたまにワルツを踊る仲なのです。
a0169172_1154131.jpg
                斬新な音楽が聞こえてきますよ。
a0169172_116537.jpg
                   大満足のご様子。

最近、女の子らしい動きが出て来たりして、微笑ましいピッコリーナさんです。
[PR]
by concordanze | 2013-03-11 01:24 | Zampa!ザンパ! | Comments(0)
ろ・く・お・ん
誰も予想をすることすらできなかった大冒険での幕開けとなった今回の録音。
色々な意味で忘れられないCDとなることは決定です(笑)
a0169172_23412788.jpg
        チェンバロ奏者シルヴィアさんと。録音技師ベッペが撮ってくれました。


いいCDができあがりますよーーーに!!
[PR]
by concordanze | 2013-03-09 23:44 | Resoconti 報告 | Comments(0)
引っ越しとお雛様
月末に怒濤の引っ越しを決行し、新居に移り住んで3日目の夜を迎えようとしています。
初日は、引っ越し後のアドレナリンと、環境の変化から、家族揃って眠りにつけませんでしたが、
今日辺から少しづつ新居にも慣れて来たようです。
ピッコリーナさんも、ようやく、ここが家だとわかって来ているようです。
初日は自分のコートと帽子を私のところに運んで来ては「早くおうちに帰ろうよ」とばかりに私を家の入り口の方へ何度も引っ張っていきました(笑)。
二匹の猫達も、ようやく落ち着いて来たのか、ベットで仲良く毛繕いを始めました。
a0169172_8103530.jpg

部屋のあちらこちらに山積みになっているダンボ−ル箱を見ると、この箱が無くなるのはいつのことやら。。。と少し気が遠くなりますが、ぼちぼち、新居を私達風に住みやすくしていきたいです。

引っ越しのドタバタで今年はお雛様とゆっくり一緒に過ごすことができませんでしたが、
せめて写真でも、と一日だけのお目見えとなりました。
来年はゆっくりひな祭りをしようね、とピッコリーナさんと約束をしました。
a0169172_811719.jpg
        ピッコリーナさん、なんだか演歌を歌いだしそうな雰囲気ですね。。。

来週からCD録音が始まります。フレスコバルディの"Arie Musicali"一巻、二巻の全曲録音です。
日本で大活躍中のカウンターテナーの彌勒忠史さん、バロック音楽の第一人者、グローリア・バンディテッリさん、クラヴィチェンバロのシルヴィア・ランバルディさん、その他刺激的な共演者達と共に約一週間の真剣勝負。
体力をつけてがんばりまーす☆
[PR]
by concordanze | 2013-03-04 08:17 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項