Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ナターレ2012
クリスマスおめでとうございます。
ナンネッティ家も楽しいクリスマスを今年も迎える事ができました。
イヴの日はお家でゆっくり魚メインのディナーをしました。
ペッシェ・リモーネ(レモンの魚)と呼ばれている、カンパチの一種のお魚をオーブン焼きにしていただきましたよ。程よく油がのっていて、ピッコリーナさんにも好評でした。
ジャンルーカが、“来年も色々な楽しい事が沢山あるように”と赤、黄色、白、と色とりどりのバラをプレゼントしてくれました。
a0169172_215242100.jpg

そして25日はロリアーノおじいちゃんのお家に家族全員集合!
フェッラーラの伝統的なクリスマス料理のフルコース。ロリアーノおじいちゃんお手製のカッペッレッティ・アル・ブロード(鳥のブイヨンにお肉の詰め物パスタ)にはじまり、サラマ・ダ・スーゴとジャガイモのピューレ、そしてドルチェにはズッパイングレーゼにマルサーラをたっぷり使用したクリームとクッキーのケーキ、と毎年のようにおいしいもののオンパレードでした。
2時頃に始まった昼食が終了したのは6時半でした…。
クリスマスの日に、家族みんなが思い思いに盛壮をして会する昼食、普段の気軽な会食とは、またひと味違って、毎年楽しい一時です。
a0169172_21592261.jpg

今年のクリスマスは、先週、とあるクリスマスパーティーで演奏した、“きよしこの夜”のイタリア語の歌詞にある“キリスト、あなたは人々の間違いを正すためにこの世へ降りてこられた、あなたは、ただ愛を語るためにお生まれになった、全ての人々の心の奥に平和を呼び覚ます”という言葉を歌いながら、いつもにも増してこの言葉が自分のむねにしみ込み、この言葉が、本当に多くの人の心に響くといいな、と強く思ったクリスマスでした。
キリスト教徒の方も、そうでない方も、心の奥から平和と調和を感じ、心穏やかに毎日を過ごせるような、精神的な豊かさ溢れる世の中になりますように。

今日は聖ステファノの日で祝日です。フェッラーラの街全体が、祝日のおっとりした空気と深い霧に包まれています。
皆様引き続き良い年末をお過ごしください。
a0169172_2223735.jpg

[PR]
by concordanze | 2012-12-26 22:15 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
Buon Natale!
いよいよ明日はクリスマス・イヴですね。
私は家族と共に聖なる夜を静かに、穏やかに迎える予定です。

どうぞ皆さんもあたたかな聖なる夜をお迎えください。
a0169172_724687.jpg
        今年もフェッラーラのクリスマスツリーは厳かに輝いています。

フェッラーラのあるエミリア・ロマーニャ州は5月に起きた大地震の影響で、生活の大きな変化を余儀なくされた方々も大勢います。
まだまだ家を無くして、住み慣れた生活に戻れない方も沢山いらっしゃいます。

一人でも多くの方が、温かい、聖なる夜を心静かに迎えられますように。

Buon Natale!!
[PR]
by concordanze | 2012-12-24 07:12 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ナターレ
ナターレ(クリスマス)のフェスタディナーが続いています。

まずは仕事仲間とホテル、ドゥケッサ・イザベッラのレストランにてクリスマスディナー。
フェッラーラのパン、コッピアがクリスマスシーズン、星形になっています☆
a0169172_9452680.jpg

そして友人宅でのクリスマス・パーティー。
我が家のピッコリーナさんのもとに、一足早いサンタさんが訪れたようです。
贈り物の赤いロバさんにまたがってロデオを披露!
ピッコリーナさんの、大喜びの興奮状態は、パティーを更に盛り上げてくれました。
a0169172_9474298.jpg
                 楽しい年末になりそうだね。

明日は我が家に友人が来ての夕食。ロンドンから久しぶりに会う友人が来るので楽しみです♪
[PR]
by concordanze | 2012-12-16 09:55 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
festa dell'immacolata concezione : 無原罪の御宿り
今日はマリア様が無原罪の御宿りを受けた日、として祭日です。
カトリック圏ではこの祭日に、家族揃ってクリスマスツリーを飾ったり、プレゼーピオを出したりします。プレゼーピオはキリストが生まれたシーンを人形で再現した置物です。こういったクリスマスの装飾は1月6日のエピファニーア(公現祭、東方の3博士がキリストの礼拝にやって来た日、とされています)の日まで飾られます。
イタリアではエピファニーアの日は、ベファーナ(イタリア風魔女、老女)が炭の形をしたキャンディーや、おもちゃを子供の元に運んでくる事になっています。
“エピファニーア”と“ベファーナ”と言葉が似ている事から生まれた習慣だそうです。

フェッラーラの街の中心にも、毎年恒例のクリスマス・マーケットが立っています。
様々なプレゼーピオ、ツリーの飾り等に混じって、色々な魔女がほうきにまたがった人形が並んでいるのを見るのはとてもおもしろいですよ。

昨日、ボローニャで雪がちらほらしている…と書いたのですが、夜半から雪は本格的になり、ここ、フェッラーラでもしんしんとした雪の夜となりました。
今も、ちらほらと粉雪が舞っています。
雪が積もると、窓の外がぼんやり白く明るくなるのがなんとも幻想的ですね。

a0169172_19223488.jpg
                 朝、起きたらこの通り!

今日は、クリスマスの飾り付けを、あったかい家でゆーっくりするのには絶好の日となりました。
[PR]
by concordanze | 2012-12-08 19:27 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
雪!
ぶるるる…。寒い日が続いています。
今日はボローニャで稽古でした。
ボローニャはフェッラーラのお隣町ですが、フェッラーラよりも寒く、今日は雪がちらほらと舞い降りていました。
街の広場にもバッボ・ナターレ(サンタさん)がお目見えし、クリスマス気分を盛り上げていますよ。
a0169172_23403828.jpg

先日は建築家のパトリツィオと家の修復について話し合いました。
なぜなら、一月に引っ越しをします!
…といっても、ここ、イタリアではいつ、何が起るかわからない…。
本当は年内に引っ越しをしたかったのですが、(一ヶ月前に)スケジュールを伝えたら「あはは、ムリ。」と笑い飛ばされました。
しかし、この引っ越しの話、もう、8月からしているのですけどね。。。
色々な兼ね合いで延び延びになっています。ああ、ここはイタリア。なぜか一つ一つの事に時間がかかります。とにかく、引っ越しの日が来るまでは、本当に引っ越しできるかどうかもわかりません(笑)
ま、(気長に)予定通りに事が運ぶ事を願いつつ。
パトリツィオはジャンルーカの通っていた高校の先生。今でもお友達としてのおつきあいが続いています。
日本食が大好きで、家にも何度か訪れてくれました。
とても優秀な建築家なので、私達の無理なお願いを最大限にかなえてくれる事を期待しています♡
a0169172_2339392.jpg
          ピッコリーナさんとも良く遊んでくれるパトリツィオおじさん。
[PR]
by concordanze | 2012-12-07 23:45 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
闘病中のジージョさん
12月のなりました。
今日は久しぶりにジージョさんの登場です。
彼は、20日程前に獣医さんに「今週末が峠です。覚悟をしてください。すぐに手術をした方がいいと思うけど、彼の肝臓の状態だと、麻酔注射が命取りになる可能性もあります。」と言われました。
私達は目の前がクラクラとしながら、必死に獣医さんの話しを聞いていました。

              ● ● ●

彼は9月20日に、前の飼い主さんが、我が家へつれていらしたのだけど、一ヶ月後に、相当重度の肝臓機能障害とかなり長い期間いた、と思われる寄生虫が発見されました。獣医さんの意見を聞いてみたところ、この状態から推測すると、家へやってくる前から、既に何かしらの体の異変はあったように思われるので、また、「とても大事にしていた猫」だとおっしゃっていたので、余りのこの突然の危篤状態に、いてもたってもいられずに早速、飼い主さんに連絡を取ってみたものの…連絡なし。

知っている人なのでまさか…と思っていたので、とても残念な思いも重なり、本当に辛い日々を過ごしました。

とにもかくにも、病気発見後、獣医さんの指導のもと、肝臓機能障害用の薬を投与、点滴を開始したのでした。この時点では、きっと、薬を投与し続ければ良くなるに違いない、と私達も獣医さんも信じていたのでした。
しかし治療を開始して暫くしてから、様態が悪化したため、獣医さんの上記の言葉に至ったわけです。

              ● ● ●

獣医さんに、投薬が大変なら入院もできる、と言われたのですが、恐がりなジージョを、しかも死の危機にあるジージョを一人、いや一匹、慣れない場所においておくのはどうしても納得がいかず、家につれてい帰り、逃げ回るジージョを捕まえて、点滴、抗生物質、肝臓機能障害ようの薬の投与、全く食事ができないので、ペットの肝臓病用のえさをお湯で溶いて根気よく口の中へ入れる、という作業を黙々と毎日続けてきました。

その甲斐があったのか、私達の必死さがジージョに伝わったのか、なんとか危険な週末を乗り越え、それでもいつ、危険な状況へ陥るかわからない、不安な状態の中、更に毎日点滴を続け、一日おきの抗生物質に肝臓の薬、そして、根気よくえさを口に運び続けました。本当に辛くて、辛くて、何度も泣きそうになりながら、手術をするべきなのか、でも麻酔で死んでしまったら…と答えが出せない中、日にちが経っていきました。

ところが、2、3日前から、徐々にジージョが自分でえさを食べ始めたのです!!!!
まだまだ投薬中ですが、がりがりにやせてしまったジージョがえさを食べる様子を、ほっとしながら、まだ半信半疑のまま眺めています。

獣医さんには「奇跡的な帰還だね〜。」と言われているジージョ。このまま、更に一杯食べて、元気になってほしいな、と願うばかりです。
早く、本格的に治るといいね、ジージョ。
a0169172_983659.jpg
              ザンパさんと一緒にくつろぐジージョさん。
                 
[PR]
by concordanze | 2012-12-02 09:55 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
第三回ルネサンスダンス講習会
今日は第三回目、最後のルネサンスダンス講習会でした。今回はルネサンスからバロック時代にまで足を伸ばし、17世紀のダンス、特にフランス宮廷でのダンスについての歴史を中心に講習は進みました。
a0169172_8343330.jpg
             丁寧な講習を進めるラウラ・ペドリエッリ先生。

私もメヌエットのステップ、そしてカントリーダンスを踊ってみました。
なんだか踊っていると、気分も軽やかになるのが不思議ですね。
講習会は大盛況、次回への期待も高まる中終了しました。
訪れてくださったみなさん、ありがとうございました♪
今後、他の街でもこの講習会は開催される予定です。詳細が決まり次第、又こちらのブログでもお知らせします。みなさん、一緒に踊りましょう♪

ダンスは“空間”を知る事なのよ、とラウラ先生はおっしゃいます。それはステップを踏む場所を知る、という事以外にも、自分と、自分の置かれている空間との関係、自分と踊る相手との距離、そして精神的な自分のうちにある“空間”を知る事でもある、との事です。
とても興味深い言葉ですね。

ルネサンス、バロック時代のダンスは、宮廷の中での“表現方法”のひとつであり、必要不可欠なたしなみの一つでした。そのため、その時代のダンス教本の中には一つ一つの動きについての説明が、事細かにかかれており、美しい、エレガントな表現への追求心の高さが伺えます。
このような洗練された表現を知る事は、忙しく動き回る現代人にとって、ふと、優雅な一時を顧みる、空間(環境)の中の自分と向き合ってみる良い機会でもあるように思いました。
[PR]
by concordanze | 2012-12-02 08:53 | Resoconti 報告 | Comments(0)
Carnevale Rinascimentale a Ferrara
ルネサンスな話題が続きます。


Carnevale Rinascimentale a Ferrara
Dal 7 febbraio (Giovedì Grasso) a domenica 10 febbraio 2013.

Sabato 9 febbraio:

Dalle ore 16,00 alle 18,30 in diverse piazze e strade del centro storico di Ferrara si svolgerà il
Carnevale degli Estensi all’epoca di Ercole I d’Este
Spettacoli organizzati dall’Ente Palio di Ferrara.

Dalle ore 15,00 alle 17,00 presso il Castello Estense
“ScARTI per Carnevale”, laboratori creativi gratuiti per bambini.

Alle ore 21,00, presso la Sala Estense (Piazza Municipale)
“Aulularia” di Tito Maccio Plauto
con la Compagnia del Vado

Domenica 10 febbraio:

Alle ore 11,00 presso il Castello Estense (Sala degli Stemmi)
“O triumphale diamante”, concerto di musiche alla corte estense all’epoca di Ercole I d’Este
eseguoto dall’Ensemble Bal’Danza
Miho Kamiya (soprano)
Daniele Salvatore (flauti e percussione)
Marianne Gubri (arpa)

Durante il carnevale, lazzi e sorprese per tutta la città. Ristoranti e trattorie con cibi tipici ferraresi. Partecipate, anche in maschera!

Info: IAT Ferrara, tel 0532 299303 infotur@provincia.fe.it - www. Carnevaleferrara.it
a0169172_033657.jpg

ルネサンス・カーニヴァルをフェッラーラで!
2013年 2月7、8、9、10日開催
第一回目のフェッラーラ、ルネサンス・カーニヴァルが開催されます。
テーマはエルコーレ1世時代のカーニヴァル。
カーニヴァル期間中、テーマに因んだ様々なイヴェントが街のあちらこちらで開催されます。
私は2月10日、カーニヴァルを締めくくるコンサートに参加します。
是非皆さん、泊まりがけでフェッラーラへ遊びに来てくださいね!

詳しい情報:
IAT Ferrara, tel 0532 299303 infotur@provincia.fe.it - www. Carnevaleferrara.it
[PR]
by concordanze | 2012-12-01 00:03 | Concerti-Spettacoli | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項