Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
You Tube
You Tubeに神谷美穂とジャンルーカ・ナンネッティのドゥオ、レ・コンコルダンツェのビデオをアップしました。
興味のある方は是非訪れてみてくださいね!


Anema e Core 魂と心、カンツォーネ



Drume Negrita キューバの子守唄



La Mer 海、シャール・トゥレネーの代表作、シャンソン
[PR]
by concordanze | 2012-08-31 08:37 | Annunci お知らせ | Comments(0)
秋風立つ??
あっという間に過ぎてしまった一週間。今週も本当に暑かった!
ルチーフェロと名付けられた、何ともたちの悪そうな猛暑が居座り、涼しくなる、雨が降る、と天気予報ではいっていたのに、全く予報が当たらなかったこの頃、人々が呪文のように雨はまだなのかしら、と唱えています。
さて、今回は予報が当たり、晴れて秋風が立つのかしら…。

そんな暑さの中、フェッラーラはバスカーズ・フェスティバル(大道芸人、路上音楽家のお祭り)がありました。今年で25回目を迎えるこのお祭りは、毎年街中が、どこの国だかわからなくなる程、世界各国からの大道芸人、路上音楽家が集まって来て、大にぎわいとなります。
今年は、来場者に、エミリア・ロマーニャ州大地震に貢献しているボランティアの人々を助けるための、基金を募っていました。
a0169172_7451653.jpg
         普段はお澄まし顔のお城の前もバスカーズの舞台となります。

エミリア・ロマーニャ大震災より3ヶ月が過ぎました。昨日はシチリア、メッシーナでマグニチュード4.6の地震がありました。大きな被害は出ていないようです。

フェラーラの地震による爪痕は、ふと、散歩をしている時にも目にします。お城を見上げれば、修復中、教会の側を通れば扉は閉じたまま…。フェッラーラの近隣の街、チェントの劇場は、テントでの来シーズン開催を決定しました。
a0169172_7495249.jpg
         美しいエステ城。修復中の足場が地震の記憶を呼び起こします。
a0169172_751317.jpg
         閉鎖中の教会の広場にテントをはり、ミサが行われています。

先日行われた考古学美術館でのチャリティーコンサートでは役50万円程の収益があったそうです。
また、正確な最終的な数字がわかり次第、こちらでもお知らせしたいと思います。

                     ♪♪♪

さて、ピッコリーナさんが歩き出しました。まだまだ危なっかしいものの、とっても楽しそう!
目標物にたどり着くと、とても得意そうな顔をして、にんまりと笑います。
その顔の、なんといとおしい事!
両手を肩の高さまであげて、おいっちに、おいっちにとバランスを取りながら歩く様子は本当にユーモラスで、みんなの笑いを誘っています。
a0169172_821475.jpg
             松かさをもって、おいっちに、おいっちに。

なんだか一日があっという間に終わってしまうのは、ピッコリーナさんを追いかけ回しているからでしょうか…。
[PR]
by concordanze | 2012-08-31 08:25 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ピッコリーナさん、満一才
満一才を迎えて、ますます、ブリコンチャッラ、ビリキーナ(いたずらっ子)の名を欲しいがままにしているピッコリーナさんです。

大勢のお友達に囲まれて、初めてのフェスタ。大興奮の模様でした。

去年、生まれたばかりの頃、小さな、小さな、か弱い生き物のようだったピッコリーナさんが、一年を通して、めまぐるしく新しい発見をしながら、すくすく育っていく様子を、毎日眺めるのは本当に不思議で、幸せでした。

a0169172_1932467.jpg
                 火を吹き消す前に味見中。

さて、今日はどんないたずらを披露してくれることでしょう…。
[PR]
by concordanze | 2012-08-20 19:36 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
フェッラゴスト
イタリアでは8月15日は祭日、フェッラゴストといいます。
私とジャンルーカはフェッラーラの考古学美術館、ロドヴィーコ・イル・モーロ宮殿で行われた、エミリア・ロマーニャ州震災に被害を受けた美術館、歴史建造物修復チャリティーコンサートへ参加してきました。
延べ600人もを超える来場があり、会場は熱気に溢れていました。
a0169172_2034874.jpg

私達は“Cartoline: Tokyo - Parigi”(絵はがき:東京−パリ)と題して、日本歌曲、シャンソン中心のプログラムを演奏しました。
日本歌曲は、友人のホルン奏者、そして作曲家の慶野未来さんの「海ねこ」を含める作品、シャンソンはシャール・トゥレネーの「海」、ポール・ヴェルレーヌの詩による「秋の歌」もドゥエットバージョンで。また、エリック・サティのジムノペディーのギター&ヴォーカルヴァージョンも入れてみました。
ゆったり、ゆらゆらした雰囲気を楽しんでもらえるコンサートを心がけましたよ。

ヴェルレーヌの「秋の歌」、物悲しい詩ですが、フランス語の美しい韻を踏んだ詩と、トゥレネーの粋な音楽と合わせて聞くと、悲しい中にもおだやかな秋風が漂ってくるようです。
私も大好きな一曲です。

「秋の歌」の堀口大學の訳による詩です。
秋風の
ヴィオロンの
節ながき啜泣
もの憂き哀しみに
わが魂を
痛ましむ。

時の鐘
鳴りも出づれば
せつなくも胸せまり
思ひぞ出づる
来し方に
涙は湧く。

落葉ならね
身をば遣る
われも、
かなたこなた
吹きまくれ
逆風よ。

a0169172_1758409.jpg


私達の他にも、マンドリンとギターのドゥオ、そして、トランペット奏者、トム・カークパトリックさん率いるジャズグループが、夏の夜にふさわしい、素敵な熱いセッションを披露してくれました。

また、今回のイヴェントは子供向けに人形劇を夕方開催したり、専門の研究者による、美術館の解説付ツアーなど、音楽以外にも楽しめるプログラムが目白押しで、美術館は一日中活気に溢れていたようです。

今回の地震で、まだまだ歴史建造物の修復が必要なフェッラーラですが、今までのように素敵なルネサンスの街、文化の発信地として存在感健在です。
みなさん、どうぞフェッラーラへ遊びに来てくださいね!
[PR]
by concordanze | 2012-08-16 18:20 | Resoconti 報告 | Comments(0)
夕暮れのポー
ここ2、3日、暑さも少し勢いを潜めた様子のフェッラーラです。
久しぶりに夕暮れのポー川へ出かけました。
a0169172_831899.jpg

a0169172_834771.jpg

a0169172_842083.jpg

a0169172_844946.jpg
a0169172_852095.jpg


言葉はいらない…充実した時間。
[PR]
by concordanze | 2012-08-13 08:07 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
エミリア・ロマーニャ州大地震のその後
L'Associazione Bal'Danza, insieme al Ministero per i Beni e le Attività Culturali, al Gruppo Archeologico Ferrarese e ad altre Associazioni ed Istituzioni Cittadine, organizza "Ferragosto per la Cultura Ferita", dalle ore 17.30 alle 24 presso il Museo Archeologico Nazionale (Museo di Spina), Via XX Settembre a Ferrara.

L'evento segna il desiderio di coesione tra cittadini ed istituzioni, la volontà di riappropriarsi dei luoghi della cultura, dell'arte e della memoria e, insieme, l'occasione per offrire il proprio aiuto.
info.

a0169172_2156461.jpg
8月15日、フェッラーラの考古学美術館にて行われる、エミリア・ロマーニャ州大地震よる、歴史建造物修復費用を募る、チャリティーコンサートに参加します。

今回のコンサートの収益金は、コンサート会場となる、考古学美術館の修復にあてられます。
今現在、考古学美術館は美術館の本館は閉鎖、地上階の一部を一般公開しています。
今回のコンサートは、一般公開されている部分を会場として行われます。

子供向けの人形劇から開始され、震災のドキュメンタリー、私とジャンルーカのギター&ヴォーカルドゥオ、マンドリンオーケストラ、そして最後はジャズのセッションという,盛りだくさんのコンサートです。

エミリア・ロマーニャ州大地震から約3ヶ月が過ぎようとしています。
フェッラーラは、まだ、幼稚園、小学校、大学等の修復も済んでおらず、9月からの学校開始を控え、修復、引っ越し等に追われているようです。

お城、劇場等の修復は開始されました。希望的な見通しがされていますが、本格的な観光、劇場シーズン等の開始は、まだ公式発表されていません。

夏の暑さが和らぎ、秋風が立つ頃には、色々な事が落ち着いてくるでしょうか?
フェッラーラの人々も、地震のショックから平静を取り戻しつつあるようです。
ヴァカンスでしっかり気分転換して、安全で豊かな町づくりにみんなで取り組めるといいな、と願っています。
[PR]
by concordanze | 2012-08-08 22:03 | Concerti-Spettacoli | Comments(0)
初めての海
そういえば、今年、まだ海に行っていないね〜ということで、
行ってきました、エステンセ海岸。

やっぱり夏は、海ですね。潮風、熱い砂浜、波の音…。

ピッコリーナさん、初めての海に大興奮でした。

波打ち際で水浴びをして、砂浜で砂遊び。初めての体験に目が輝いていました。

                    
a0169172_6413517.jpg
                 拾った貝殻をなめて見ます。                      
a0169172_6404011.jpg
                  暫し無心に砂で遊びます。

砂浜の風物詩、ココナッツ売りのお兄さんの声を聞きながら、潮風に吹かれます。
a0169172_647398.jpg
ココナッツ売りのお兄さんは、通称、コッコ・ベッロ(素敵なココナッツ)と呼ばれています(笑)


帰りにはやはり、吸い寄せられるようにコマッキオへ寄り道をします。

a0169172_6492148.jpg

街を散策中に素敵なエックス・ヴォート(願をかけて神に捧げられた壁画など)を見つけました。通常、マリア像をモティーフにしたものが多いのですが、漁師町のコマッキオならではの舟のエックス・ヴォートです。

海を存分に満喫した素敵な一日を過ごせました。
明日もフェッラーラは暑い一日となりそうです。
[PR]
by concordanze | 2012-08-03 06:59 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項