Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
今日のお城
遅めの朝ご飯をバール・デル・コルソで。
おいしいカップチーノと“ジャガイモのケーキ”と呼ばれる塩味ケーキを二つぺろりと平らげ、さらに、マルサーラ酒のしっかり効いたビニェを食べて大・満・足♪

ああ、フェッラーラに戻ってきたのだな、となんだかうれしくなりました。
静かな街、変わらない町並み、行き交う人々とかわす挨拶。

散歩中に偶然、東京の精神医学の学会に参加したことのある友人に遭遇。
東京の話しで盛り上がり、暫し談笑。
一ヶ月程東京に滞在した経験のある彼女によれば、「東京は街は騒がしかったけど、人から音が聞こえてこなかった。」という感想を述べられ、そういわれてみればそうだな、と納得しました。

東京にいた時は街に氾濫する音楽、騒音に少し疲れてしまいました。でも道を行き交う人が、どんな人なのか、普段の生活の息づかいはあまり身近に感じることはありませんでした。いや、感じる時間がなかったのかもしれませんが。
「流れにのって生活している感じがしたわ。」彼女は思い出すように言っていました。

この街には音楽、騒音が氾濫するかわりに、人々の生活するリズムが、人々が会話している声が心地よく感じられます。

みんながゆっくり行き交う土曜日の朝、少し東京のざわめきを思い出しながらゆっくりと散歩しました。
a0169172_21234455.jpg
                    今日のお城
a0169172_21242129.jpg
            お城前の通りを皆思い思いにのんびりとお散歩。
[PR]
by concordanze | 2011-01-29 21:47 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
Bologna si rivela 2011
Bologna si rivela
28, 29, 30 gennaio.
Bologna Si rivela

今年も、ボローニャ“Si rivela”の時期がやってきました。
今年は1月28日に開催式が行われ、1月30日まで普段公開されていない宮殿や、通常は観覧料金を支払わなければ入館できない美術館等が、無料で公開されますよ。
私は今年もマエストロ、ルイージ・フェルディナンド・タリアヴィーニ氏の楽器コレクションが置かれている、聖コロンバーノでソプラノのサンティーナ・トマゼッロさんと、チェンバリストのシルヴィア・ランバルディさんと、ルッツァスキ、アゴスティーニ等の曲を演奏する予定です。
マエストロの貴重なチェンバロコレクションとの共演、とても楽しみです!
ボローニャ“Si rivela”
↑ 聖コロンバーノ以外の公開場所等についての詳しい情報はこちらをご覧下さい。         (イタリア語です)
[PR]
by concordanze | 2011-01-28 18:34 | Concerti-Spettacoli | Comments(2)
ただいまザンパ!
フェッラーラへ戻ってきました。
ここのところよいお天気が続いているようで、霧も無く、なんだか春の匂いを感じます。
一ヶ月程、ロリアーノお父さんの家で留守番をしてくれていたザンパ。
久しぶりの我が家で、のんびり昼寝。
フェッラーラの日常が戻ってきました。
a0169172_18321394.jpg

[PR]
by concordanze | 2011-01-26 18:32 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
富士山
あっという間に日本滞在も残りわずか…。無事にCDの録音も終了しホット一安心。
東京は毎日よい天気が続いています。私達が東京に来てからまだ一度も雨が降っていません。
しかしそのおかげで、空気も大変乾燥しているので毎日マスクのお世話になっています。
フェッラーラのしっとりした霧が恋しいナ。

滞在中の最寄り駅から富士山がきれいに見えました。
a0169172_22371154.jpg
                    朝の富士山

a0169172_07454.jpg
 録音の様子。真実子ちゃんと奈緒子ちゃん。CDが出来上がってきたらまたこのブログで紹介します♪


a0169172_22373932.jpg
                    帰りの富士山
[PR]
by concordanze | 2011-01-21 22:40 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
迫力!大相撲
大相撲初場所の観戦に行ってきました。
a0169172_10541616.jpg


テレビで見るのとは大違いで大迫力!
思わず、一番一番、声があがってしまいます。
a0169172_10545966.jpg

a0169172_10554520.jpg

目を離すとあっという間に勝負がついてしまったり、思わず手を握りしめる競り合いがあったり。
みんなで、このお相撲さんは、どこ出身だね、体重が何キロもあるんだね等とお喋りしながら、お相撲さんが間合いを取っているのを、そして、塩の巻き方等をみながらどっちが勝ちそうか予想したり。そして行司さんの決めポーズにしびれたり、呼び出しさんの声の良さにほれぼれしたり。

a0169172_1056349.jpg
          協賛企業の紹介もなんだかゆったりのんびりユーモラス。

a0169172_10562642.jpg

そして最後は、やはり、ということでちゃんこ鍋で、相撲観戦の感想を言い合いながらを締めくくり。
私達は醤油味の鴨鍋にしてみました。
大人4人でこの量です…しかし完食!
日本の伝統スポーツに酔った素敵な一日となりました。
[PR]
by concordanze | 2011-01-16 11:12 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
雪国
トンネルを抜けるとそこは…本当に雪国でした!
東京でお世話になっているチェンバリストの長久真実ちゃんと、ホルン吹きの慶野未来さん夫婦、彼らの二人の子供達と連れ立って、越後湯沢へ小旅行。

東京の青い空から、トンネルを抜けたら雪深い真っ白な景色に!
a0169172_0403579.jpg


a0169172_041386.jpg

東京から新幹線でわずか1時間の旅でこんなに景色が変わると、何がなくても思わず気分は盛り上がります。しかし、余りにも吹雪いているので、ホテルに直行し、ゆっくりのんびりと温泉につかることに。
ああ!素晴らしい!温泉♪♪♪
やはり温泉旅館は、日本に来たら一度は訪れたい場所の一つです。
降りしきる雪を見ながらの素敵な温泉を存分に楽しんできました。
私達が宿泊したホテルは、川端康成が「雪国」を執筆した部屋が残っているホテルです。
ホテル全体は随分とモダンに改装されているのですが、川端さんが執筆をされた部屋は美術館として残されています。
a0169172_0465518.jpg


夜は、ホテル内で岸恵子さんが駒子を演じる「雪国」が上映されており、今、自分たちが泊まっているホテルを中心にして、同じくらいの季節を背景に進んでいく物語が映画の中に映し出されているのをワクワクと鑑賞しました。

越後湯沢から再びトンネルを抜けたら、何事もなかったように東京は青い空。
昨夜の湯船から見た雪がなんだか夢のような…。
[PR]
by concordanze | 2011-01-14 01:06 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
電車に揺られてカンツォーネ
1月9日は“都電 de ジャンルーカ”のコンサートに参加しました。
出発駅の三ノ輪橋にはなんだかレトロな商店街が。
a0169172_01122.jpg
               コンサート前にふらふらとお散歩。

a0169172_0115335.jpg
                 駅に入ってくる貸し切り列車

私は良く知らなかったのですが、なんだか珍しい車両のようですよ。電車の写真を撮っている方もたくさんいらっしゃいました。
a0169172_0125488.jpg


とっても暖かい日で、暖かい電車の中でガタンゴトン、景色を眺めたり、手拍子を打ってもらったり、和やかな旅のはじまりです。

ジャンルーカはデ・グレゴーリ、パオロ・コンテ、モドゥーニョをはじめとするイタリアン・カンツォーネ、ブラッサン、ミスラキ、トレネーのフランス・シャンソンを。私はカンツォーネ・ナポレターノを何曲か歌いました。
お客さんの中にはイタリアン・カンツォーネの大ファンの方もいて、熱心に聞いていてくださいました。電車好きの子供達も外の景色を眺めて、音楽に耳を傾けて、みんなとっても楽しそうでした。
カンツォーネ・ナポレターノの王道、'O sole mio を歌いながら眺めた真っ青な空がとても印象的でした。ジャンルーカのギター伴奏のアレンジは少しマリンコニックでなんだか“旅”がとってもよく似合います。

最後は車掌さんに「また来てね。」と優しく見送られて終了。
一時間の行程だったのですが、なんだかあっという間の楽しい旅でした。
お客さんとお話をしたり、なんだかバスガイド気分も味わえてとっても楽しかったです♪
…といっても私が解説をしたのは車窓からの景色ではなく、音楽についてですけれどもネ。
[PR]
by concordanze | 2011-01-12 00:36 | Resoconti 報告 | Comments(2)
明けましておめでとうございます。
みなさん、あけましておめでとうございます。
今年も色々と楽しいことが多い年になるといいですね!
さて、私達は今、日本へ滞在しています。
a0169172_12251138.jpg

a0169172_12253039.jpg

a0169172_12255247.jpg

a0169172_12261485.jpg


1月9日は「都電 de ジャンルーカ」というコンサートに私もゲストとして参加します。
13時に三ノ輪橋を出発ですよ。チケットは完全予約制となっています。
都電に揺られながらフランスシャンソン、イタリアのカンツォーネをお楽しみいただけます。
興味のある方は k-mirai@d7.dion.ne.jp(慶野)までご連絡くださいね!
[PR]
by concordanze | 2011-01-07 12:34 | Vita quotidiana 生活 | Comments(6)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項