Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Rimini、リミニ
a0169172_1522583.jpg
 Palazzo Ducale ドゥカーレ宮殿


a0169172_15327.jpg
Antico mercato del pesce かつての魚市場


a0169172_1544353.jpg
Piazza tre martiri 三人の殉難者広場


a0169172_1551560.jpg
Ponte dell'imperatore Tiberio, I sec. ティベリオ皇帝の橋、1世紀


a0169172_1555471.jpg
Il concerto presso la chiesa San. Giuliano 聖ジュリアーノ教会でのコンサート
[PR]
by concordanze | 2010-12-27 15:25 | Resoconti 報告 | Comments(8)
ヤドリギ、そしてぶどう
友達、家族とのドキドキ、楽しいクリスマス・プレゼントの交換、披露が済み、
数々のホームパティーも山を越え、一段落。
クリスマス・イヴの日に、招待されたパーティーでは、テーブルの女性の席にはVischio ヴィスキオ(ヤドリギ)と薔薇(アンナという名前の薔薇だそうです)が飾られていました。今は部屋のテーブルの上でパーティーの名残を演出してくれています。
a0169172_6565228.jpg

この時期、柊の他に良く飾られるヴィスキオ、白い実がとてもかわいらしいです。幸運を運んでくれると言われていて、年末に贈ったり、贈られたりすることの多い植物です。

そしてぶどうも必ずと言っていい程、食後のフルーツの中にお目見えします。やはり、年末にぶどうを食べると縁起がよいと信じられているからです。ヴィスキオと同様、豊穣の象徴だそうですよ。
私もマスカットの大きな房を用意してお出ししました。
a0169172_6581771.jpg

色々とがんばってお料理したり、おいしいものを沢山振る舞ってもらったりしましたが、やはり、断トツ一番でおいしかったのは、ロリアーノパパのカッペッレッティ・イン・ブロードとズッパ・イングレーゼでした。
フェッラーラのクリスマス定番料理と言えば、このカッペッレッティ・イン・ブロード、そしてコテキーノと言われる、豚の皮を使ったエミリア・ロマーナ州独特のソーセージ、又は別名ボンバ(爆弾)と呼ばれるサラマ・ダ・スーゴにジャガイモのピューレを添えたものをいただくのが定番となっています。
a0169172_7155382.jpg
    神々しいまでにつやつや、パスタは柔らかく、バトゥ(詰め物)も、お・い・し・い!

ズッパ・イングレーゼもフェッラーラで良く見かけられるドルチェの一つです。スポンジケーキとカスタードクリーム、そしてチョコレート味のカスタードクリームが層になっているケーキなのですが、一部のスポンジケーキをケルメスといスペインのリキュールにひたし、赤く染め、そして残りのスポンジケーキがオレンジポンチでオレンジ色に染められているのが特徴です。以外にアルコール度の高いケーキなのです。
このケルメスというリキュールは、別名、rosso di cocciniglia、コチニールの赤、と呼ばれるリキュールで、現在の製法として信義の程は定かではありませんが、コチニールと言うてんとう虫の一種を使って真っ赤に染めているとか?!
a0169172_7163140.jpg
            赤い部分はケルメスがたっぷり浸されています。

食後にはロリアーノパパのリードでダンスを踊って〆
a0169172_7345410.jpg

a0169172_7353691.jpg



明日はリミニでコンサートです。
みなさん、引き続き楽しいフェスタを楽しんでください!
[PR]
by concordanze | 2010-12-26 08:04 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
クリスマス2010
Buone Feste a Tutti!

今日はクリスマス・イブですね。友達、家族との楽しい一時を、そして心穏やかな年末年始をお過ごしください。フェッラーラの街は静かに2010年最後の週を迎えました。

a0169172_23123812.jpg

[PR]
by concordanze | 2010-12-24 23:24 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
リミニ、クリスマスコンサート
26 dicembre 2010 “Il concerto di Natale”
Chiesa di San Giuliano, ore 18:00

Arie dall’Oratorio di Natale di Bach BWV 248, Arie dal Messia di Haendel, Sonata di Corelli, canzoni natalizie francesi del XVIII secolo e altre musiche.


Miho Kamiya, soprano
Daniele Salvatore, flauti
Silvia Rambaldi, clavicembalo


12月26日、サン・ジュリアーノ教会(リミニ)にて18時よりクリスマスコンサートに参加します。バッハのクリスマスオラトリオの中から、そしてヘンデルのメサイアから、いくつかのアリアを歌います。コレッリ、ヘンデルのソナタも演奏されますよ。そして、18世紀のフランスのクリスマス・ソングを何曲か演奏予定です。
お近くにいらっしゃる方、是非聞きにきて下さいね!

神谷美穂(ソプラノ)
ダニエレ・サルヴァトーレ(リコーダー)
シルヴィア・ランバルディ(クラヴィチェンバロ)
[PR]
by concordanze | 2010-12-22 07:35 | Concerti-Spettacoli | Comments(10)
クリスマス模様・フェッラーラのドゥーモ
a0169172_054271.jpg


そしてお城。
a0169172_054418.jpg

お城の前に立つサヴォナローラさんも、ネオンのまぶしさに演説に力が入る?!
[PR]
by concordanze | 2010-12-20 00:56 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
プンジトーポ
寒さに震えながら家路を急いでいると、道ばたにpungitopoプンジトーポを発見!
a0169172_20251526.jpg


プンジトーポとは柊のことです。トーポ(topo)「ネズミ」をプンジ(pungere)「刺す」木なんて、面白い名前ですよね。
[PR]
by concordanze | 2010-12-17 20:31 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
今朝は?
そして今朝は朝から雪!
a0169172_22565476.jpg


a0169172_22574179.jpg


クリスマス気分も盛り上がってきました♪
[PR]
by concordanze | 2010-12-16 22:59 | Vita quotidiana 生活 | Comments(4)
凍った霧?!
朝起きたらご覧の通り
a0169172_2146559.jpg
                 木々の枝は真っ白く変身

いつもはふわふわ漂っている霧が凍っちゃった!
[PR]
by concordanze | 2010-12-15 21:53 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
白トリュフ
エドアルドお兄ちゃんから「極上ものを入手した。お父さんの家に全員集合!」
との指令をうけました。

そこに待っていたものは…
a0169172_7522821.jpg
                 じゃじゃーん!白トリュフ!!
           (この写真は既に土が取り払われている状態です。)

最盛期まっただ中のトリュフ、独特の良い薫りが部屋中に漂っています。黒トリュフとは比較にならない程の芳香。やはりトリュフは白ですっ!

ロリアーノお父さんはエドアルドと既に打ち合わせをしていたようで、朝早くからタリアテッレを打ち、準備万全で私達を待っていました。

湯でたての手打ちタリアテッレに、溶かしバターとパルミッジャーノを少し加えたソースをた〜っぷり絡めて、その上に更にたっぷりと白トリュフ♪ 溶かしバターが更にトリュフの匂いを引き立ててくれます。
a0169172_7554358.jpg

そしてお供には2003年もののブルネッロ ディ モンタルチーノ。ああもう最高です!
a0169172_80445.jpg

なんのお祝いなの?とエドアルドに聞いたところ、「ストレス発散祭り!すっごく疲れていて、とびきりおいしいものが食べたかったの。クリスマス休暇まで待つのもね。」とのこと。あはは…。
どうやら仕事で難しい案件を抱えているようです。おいしいものを食べて、お喋りして。
そしてエドアルドはご機嫌で、颯爽と仕事へ戻っていきました。
…え?仕事の合間にワインを飲むの、ですって?そんな質問はここイタリアではしないに限ります♪

因に今年の白トリュフの価格は去年に比べるとお手頃だそうですよ。今年は白トリュフ、豊作のようです。
[PR]
by concordanze | 2010-12-14 08:24 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
コンサート、夕食、そして青い空♪
昨日はラヴェンナのクラヴィチェンバロ奏者のお家で26日のコンサートのための練習。
メサイアのアリア、バッハのカンタータ、そして17世紀のフランスのクリスマス・ソングを準備中です。そして夏に行われるオール・バッハプログラムの曲選びをしました。

コンサートの練習の後は、イレーネ、ニコラ宅で夕食を共にしました。イレーネは料理の名人で、いつもいつも、とてもおいしい料理を振る舞ってくれます。(写真が無いのが残念!)
彼女のおばあちゃんが得意だったという、ズッパ・インペリアーレ(皇帝のスープ)、ビールパン、ローストビーフ、そして最後はカボチャとマスカルポーネのケーキ!!!
余りにもおいしくて、ワインもしっかり飲んでしまいました。
おいしい料理を食べながら、年末の日本行きの計画で盛り上がったのでした。

なぜなら、二人は今回の私達の年末の帰国に合わせて、日本へ旅行をするのです。

二人とも私の日本語の生徒さんなのですが、日本映画の大ファンで、実に日本の映画に関して色々なことを知っていて、いつも私に教えてくれたり、DVDを貸し出してくれたりします(笑)
二人は去年、めでたく結婚をしたのですが、新婚旅行に日本で1ヶ月間の旅行を決行した、筋金入りの日本ファンです。うれしいことです。

今回は、「日本家庭の年末を体験したい!!」ということで我が家にお正月体験に来るのです。
家族、友人とともににぎやかな年末となりそうです。
イレーネはアーティストで、色々なものを制作しています。
彼女にかかると、ヨーロッパの古い家具は日本風の素敵な家具へと大変身。
彼女のお家に行くと、毎回何かしら新しい作品が増えていて、それを眺めるのも一つの楽しみとなっています。

そして今日、日曜日、昨日に引き続き青い空!!!
霧に隠れて見えなかった木々の枝が青い空に映えます。
a0169172_20472136.jpg

a0169172_2191977.jpg

a0169172_2195881.jpg


太陽の偉大さをしみじみと感じる日曜日。
[PR]
by concordanze | 2010-12-12 21:17 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項