Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
白い朝
朝早くのボローニャは昨日の雪が残っていました。

a0169172_2255175.jpg


Matheus De Sancto Johanne、 Solage、 Anthonello De Caserta等の音楽とともに過ごした朝でした。
これらのプログラムは多分3月に演奏することになりそうです。
[PR]
by concordanze | 2010-11-30 02:34 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
雨とラザーニャ・ヴェルデ
フェッラーラは一日中雨でした。お隣街ボローニャでは初雪になったようです。

お昼はロリアーノ・パパ作のラザニ−ャ・ヴェルデを食べて、久しぶりのゆっくり日曜日。
a0169172_6362598.jpg

ほうれん草風味のラザーニャに挟まれたミートソースと、チーズのたっぷり入ったホワイトソース。
アツアツを頬張るこの幸せ♡
a0169172_6414994.jpg
                 ビス(おかわり)しました。

心にしみるおいしさでした。

フェッラーラは今月30日よりテレビがデジタル放送になるようです。
11月最後の日曜日、テレビを買いに走った人が大勢いるようです。

ついに来週は12月に突入する週ですね〜。
びっくりです。皆さん、体に気をつけて、風邪等ひかないように、一年最後の月を健やかにお過ごしください。
[PR]
by concordanze | 2010-11-29 06:45 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
ベルギー
あぁぁ〜寒かった!
あったかくって帽子の出番もないワ、等と呑気なことを言っていたら次の日から曇り空&冷たい風に見舞われ、イタリアに帰ってきてほっとしてるところです。
a0169172_0533422.jpg

a0169172_054872.jpg

a0169172_0544512.jpg

a0169172_0551647.jpg

a0169172_0554825.jpg

a0169172_056133.jpg

[PR]
by concordanze | 2010-11-25 00:59 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
アントワープからこんばんは
今、ベルギーのアントワープに来ています。思った程寒くなくてほっとしています。
寒いのが苦手な私は、毛糸の帽子もばっちり完備で来たのですが、せっかくの帽子は今のところ出番がありません。

今回はお勉強&充電の旅です。

久々に会った友人と夕食をともにし、色々なことに発色されました。
みんな、それぞれの人生を思いっきり表現している。
話しを聞いていて、おいしい物を一緒に食べて、みんなふらふらに疲れていたけど
とっても楽しく、リラックスした一時を過ごせました。

今は、訪れた興奮から心地よい疲れが漂ってきている時間。
まだ頭が冴えていて眠れそうにはありません。
でも、持ってきた本が今日の気分ではないので、結局パソコンを開いてしまった、といったところです。

明日は街を散策、そしてコンサートを聴きます。

帰宅したら何枚か写真をアップする予定です。…でもまだあまり写真とっていないな。
明日もいい天気だといいな。
[PR]
by concordanze | 2010-11-21 07:54 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
思い出の黄色
「ね、ね、見て、見て!」とジャンルーカが外出先から息を弾ませて帰宅。
そして、おもむろにカメラを取り出し、私のコンピューターに写真を取り込み始めました。
何事かと思っていると‥…その写真は鮮やかな黄色い銀杏の葉。
銀杏の木はイタリアでは"ginkgo"ギンコ、と呼ばれて親しまれています。

暫し、周囲も明るくしてしまいそうな黄色の葉っぱに見入ります。

a0169172_4221174.jpg


a0169172_425133.jpg


思い出の黄色…まだ、日本とイタリアを行き来していた頃、つきあい始めて間もない彼に、銀杏の木の下に敷き詰められた黄色い絨毯の写真を送ったことがあります。

a0169172_4243470.jpg



…私も丁度、こんなような構図の写真、ジャンルーカに送ったんだったなーと考えていると、「美穂の撮った写真に似てるでしょ。」とジャンルーカ。あはは、覚えていたんだね。

素敵な黄色の思い出です。

因にイタリアでは銀杏の実は“食せる物”と認識されていないようデス。
[PR]
by concordanze | 2010-11-16 04:46 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
ヘンデル録音
ヴェネト州のとある17世紀風のヴィッラにて録音は行われました。
a0169172_2122623.jpg
             “赤の間”と呼ばれるサロンで録音されました。

a0169172_21225583.jpg
        我らソプラノ隊・パトリツィア・ヴァッカーリとサンタ・トマゼッロ

a0169172_2126248.jpg
                   赤の間からの夕日

SKYテレビが録音の様子を録画していました。
ヘンデルのイタリア時代に作曲された作品の大発見を機して行われたこの録音、来年の1月か2月には発売になるそうですよ。
セルジョ・フォレスティさん、サラ・ミンガルドさんも録音に参加していらっしゃいましたよ。
[PR]
by concordanze | 2010-11-15 21:47 | Resoconti 報告 | Comments(2)
くり・くり・くり
11月11日は聖マルティーノの日。
古く、ヴェネツィアでは栗を食べ、ワインを飲んでこの日を祝ったそうです。
その名残なのか、ここフェッラーラでも「あ、今日は聖マルティーノの日だね、栗とワインを用意しよう。」という人々の声を良く耳にします。

11月11日は過ぎてしまったけど、私達も、ほくほくの今年初物の栗とAglianico del volture、カンパーニャ州の赤ワインで、秋の伝統行事を楽しみます。

オーブンで焼いた栗を一つ一つむきながら、赤ワインを飲む。また一つむきながら普段ゆっくり話せなかったことを、ゆっくりと言葉にしてみる。



a0169172_2135914.jpg
    
 

静かな秋の夜は深けて行きます‥…。
[PR]
by concordanze | 2010-11-13 21:05 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ヤラレタ!
ううぅ、不意に耳に入った情報で‥…かなり落ち込んだ!

やる気が一瞬失せそうになったけど、ロベルト・ベニーニの動画を見てちょっと復活。
でも気が収まらないので衝動買い!→さらに後悔‥…。

ああ、自分から探したわけでもない情報に一喜一憂するなんて!
バルトリの動画でもみて出直そう‥…。

Cecilia Bartoli,Agitata da due venti, ViValidi
かっこよすぎる♡
[PR]
by concordanze | 2010-11-13 04:15 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
幸せ晩ご飯
今日の晩ご飯は‥…
a0169172_8401440.jpg
            ロリアーノ・パパ作、ポレンタとbaccalàバッカラ

バッカラは鱈を塩漬けにしたものです。塩漬けにして乾燥させたもの(stoccafisso)もあります。
調理時間に塩抜きをしたりするのでとても時間がかかります。今回は乾燥したものではなく、塩漬けにしたものを使用しています。

本当はロリアーノお父さんの家で食べる予定だったのですが、ジャンルーカが熱を出してしまったので、ロリアーノお父さんが「おもたせ」をしてくれて、家で食べました。
お父さんはポレンタ(トウモロコシの粉をゆでて練り上げたものです)まで持たせてくれたのですが、家についても暖め直さずにいただけました。
まさに「スープの冷めない距離」の典型だな、なんて。

「スープが冷めない距離」、イタリアでは両親と家をでた子供の理想の距離、とされています。
一緒には住まないけれど、「ご飯食べにいらっしゃい」と誘われればすぐに出向ける距離。
私達の家からもロリアーノお父さんの家は徒歩5分。お兄ちゃんの家へも5分、完璧です(笑)

今年81歳を迎えたロリアーノお父さんが一人でいるのはなんだか心配なのですが、心配すると、いつも「そんなに年、とってるように見える?」と逆に笑われてしまいます。
毎日、出かける時には香水をつけ、道で見かけるきれいな御夫人には必ず挨拶(笑)、週に二回は社交ダンスへ出かけ、仲間とダンスをしたり、おしゃべりに花を咲かせているようです。いやーたのもしいかぎりです。

そんなロリアーノお父さんのお料理はいつも最高においしくて、本当に幸せな気分になれるのです。
今日のバッカラ・トマトソースも絶品でした。次回は是非、お手伝いしながら、その技を伝授してもらおうと思います。
[PR]
by concordanze | 2010-11-11 09:03 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
ヘンデル、謎の作品
今週はヘンデルの“新発見された作品”世界初録音に参加しています。
今日はフィレンツェでリハーサル。

時間があったので街の中心をふらふらとお散歩。

a0169172_5122353.jpg
                何度見ても美しさに胸が躍る鐘楼
a0169172_5182884.jpg
               街のあちらこちらで見かけられる紋章

つい最近、“ジョットの十字架”の修復が完成し公開を開始したときき、サンタ・クローチェ聖堂の前を通りかかってみたのですが、時間外で見ることは出来ず。残念でした。

リハーサルを終えて外へ出てみると雨がしとしとと。
しとしと雨もなんだか華やかに感じてしまうフィレンツェでした。
[PR]
by concordanze | 2010-11-10 05:36 | Vita quotidiana 生活 | Comments(4)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項