Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
海へ
今更ながら、今夏始めての海へ。フェッラーラから一番近い海はアドリア海に面する、通称“フェッラーラ海岸”と呼ばれているコマッキオ海岸。その名の通り漁師町コマッキオのすぐ近くです。
そのフェッラーラ海岸の中でも一番自然な海岸が残るスピーナ海岸へ。
a0169172_17554857.jpg
                    波は穏やか
a0169172_1757754.jpg
                 遠くにはのんびりとヨット

途中から友達アンドレアも合流してのんびり太陽と潮風を楽しみました。

お昼には近くにあるfriggitoriaフリッジトリーア(揚げ物屋さん)で魚介のフリット(揚げ物)、串焼きを。イタリアでは海の近くにはかならず、フリッジトリーアが何軒か見つけられます。
a0169172_183766.jpg

a0169172_1821255.jpg

a0169172_1972310.jpg
          私達の日本からのお土産Tシャツがお気に入りのアンドレア。


夕方はコマッキオを散策。フェッラーラの魚屋さんで売っている魚のほとんどが、ここ、コマッキオの魚市場からやってきます。コマッキオはうなぎの産地としても知られています。歴史のある様々な料理法で食されるのですが(リゾット、マリネ、揚げ物、グリル‥etc.)うなぎは日本の調理法が一番!なんて思っています。
a0169172_18111221.jpg
                  漁師町コマッキオ。

上の写真の左手奥に見える、運河脇の一階建ての建物は、16世紀から続く町の中心の魚市場。今も現役で使われています。大理石で作られたバンコ(仕事台)もそのままです。
中の様子も写真に収めたかったのですが、近所のおじさま達が入り口前で、とってもくつろいでいるようだったので遠慮しておきました(黄色い日傘)‥…。
奥の橋はtreppontiトレッポンティと呼ばれているコマッキオのシンボルでもある橋です。

a0169172_18123689.jpg
                   町の中心にある灯台。

灯台のすぐ脇には国から指定された製塩所がありましたが、今現在しようされているのかどうかは不明です。

コマッキオに隣接する自然保護区域、Valli di Comacchio ヴァッリ・ディ・コマッキオ(コマッキオ湿地帯)はポー川の支流、そしてレーネ川とアドリア海に囲まれており、海水と淡水が入り交じるデルタ地帯です。様々な野鳥や植物等の観測できる、豊かな自然保護区域です。
とても印象的な景色が広がっており、眺めていると時間の経つのを忘れてしまうのですが、さすがに炎天下でのんびり、と言うわけにもいかず、早々に引き上げました。

ポー川流域のデルタ地帯にはサイクリングコースがあり、そのコース内には、このコマッキオ湿地帯を含む、いくつかの自然保護地区、そしてエステ家の狩猟地として重要な土地であった、メーゾラのお城の近くの1,000ヘクタールを超える、ユネスコの世界自然遺産に指定されているメーゾラの古い森等が含まれています。
友人でパーカッショニスタのマッシミーノはサイクリングが趣味。
彼からこのデルタ地帯のサイクリングコースを行く旅に誘われているのですが、なかなか予定が合わず実現していません。是非実現したいと思うのですが‥…。

‥…もう少し涼しくなったらチャレンジしてみようかな。
[PR]
by concordanze | 2010-08-25 19:13 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
フレスコバルディの家
ふらふらと涼を求めて散歩に出かけた際に通りかかかったVia Frescobaldi フレスコバルディ通り、
その名の通り、ジローラモ・フレスコバルディが幼少を過ごしたとされる家があります。
a0169172_0205893.jpg
                 フレスコバルディ通り40番
a0169172_0245781.jpg


“この父方の家において、素晴らしいオルガン奏者で、作曲家であるジローラモ(ジェローラモ)・フレスコバルディ氏(1583−1643)は幼少時を過ごす。彼の素晴らしい才能は、新しい精神と音楽形式への潮流をもたらした。”と記されています。


フェッラーラの音楽院の名称は“ジローラモ・フレスコバルディ音楽院”。このことから見ても重要な音楽家であることが見て取れます。
因にミラノはジョセッペ・ヴェルディ音楽院、パルマはアントニオ・ヴィヴァルディ音楽院、お隣町ボローニャの音楽院はジョヴァン・バッティスタ・マルティーニ音楽院といいます。あの、モーツァルトに対位法を教えたとしても名高い音楽理論家です。イタリアの音楽院にはそれぞれ重要な音楽家、もしくは音楽に貢献した人々の名前を使用しているのです。

フレスコバルディはルネッサンスの大作曲家でオルガニスト、そして、エステ家の宮廷音楽最盛期を支えたルッツァスコ・ルッツァスキのもとで音楽を学びました。
フレスコバルディはルネサンス後期の音楽がバロック音楽時代に入る時期に活躍した作曲家なのです。
彼によるチェンバロ曲の中にはエステ家宮廷でコンチェルト・デッレ・ダーメによって歌われていたマドリガーレのモティーフを使用したものなどもあるのですよ。
ルネサンスの音楽を聴きながら、新しい音楽の潮流を作った作曲家…彼はイタリア以外、フランス、ドイツ音楽にも影響を与えました。

彼はチェンバロ、オルガン用の曲の他、クラヴィチェンバロとテオルボの伴奏による2冊の“アリア集”も残しています。
彼の声楽曲は言葉と音楽の結びつきがとても独特です。ルネサンス時代の音楽と言葉の結びつきに比べると、とても劇的な表現をもたらします。でもその劇的さがバロック時代の大作曲家モンテヴェルディとはまた違うのです。

このフレスコバルディの父方の家、今現在は民族資料センターとして使用されています。
今は夏休みのようなので、開館しているときにまた訪れてみようと思います。
a0169172_0532697.jpg
                家の前でお昼ね中の黒猫さん。


さて、ということで、フレスコバルディを歌ってみようかな。
では♪♬♪
[PR]
by concordanze | 2010-08-24 01:22 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
サボテンの実
本日のフルーツ…
a0169172_2511623.jpg
       fico d'india / ficodìndia フィーコディンディア、ウチワサボテンの実!

ここフェッラーラでは9月、10月頃にかけて出回ります。今年の初物。
イタリアではシチリア、レッジョカラーブリア等で生産されているようですが、今回購入したのはメキシコ産でした。
私達は江戸っ子ではないけれど、初物を食べるのは大好き♪

a0169172_2514751.jpg
           上下の皮を切り取り、縦方向にナイフで切り目を入れ…

a0169172_2522834.jpg
           くるりと皮を取り除いたら切り分けて…お口へポン!
         パッションフルーツのような小さな黒い種がいっぱいあります。

☆注意☆
サボテンの実を手に取る時は慎重に…
なぜなら、ほとんどの場合がきれいに洗って、細かい産毛のような刺は取り除かれた状態で売られていることが多いのですが、たまーに残っている刺にさされることも!
もし刺が残っているようなら、一度ティッシュ等で実の表面をふいてから実を洗うと安全です。

さて、サボテンの実のお味は…ホックリとした食感の実を口に入れると、優しい、瑞々しい甘さ…とってもジューシーですよ。
[PR]
by concordanze | 2010-08-23 03:15 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
Rosa Rosae バラの花
久しぶりに旦那さんと空いている時間に一緒に練習しました。
フランチェスコ・デ・グレゴーリの“Rosa Rosae”、バラの花。
デ・グレゴーリはイタリア人にとっても愛されているシンガーソングライターの代表格です。現在60歳を超えてはいますが元気に活躍中です。
歌のタイトル、“Rosa Rosae”はラテン語のRosa(バラ)の活用形から来ているものです。
イタリアでは一番最初にラテン語を習う際、このバラという単語を使用して活用を覚えるそうで、ラテン語を学校で習ったことのある人はすぐにその思い出が頭に浮かぶそうです。
歌詞の中に歌われている“バラ”はバラの花について歌っているようで、一人の女性を歌っているようで、しかし、その女性を超えて更に深い人間どうしの絆を歌っているようで‥…。
歌詞はまるで謎掛けのようで、言葉遊びのようでもあります。
そっと心に触れ、想像力をかき立てます。
繰り返し使われるRosaという音の響きと優しいメロディーが溶け合う心地の良い音楽です。
a0169172_22455958.jpg


Rosa che rosa non sei, rosa che spine non hai.
Rosa che spine non temi, che piangi e che tremi, che vivi e che sai.
Rosa che non mi appartieni, che sfiori, che vieni, che vieni, che vai.
Rosa che rose non vuoi, rosa che sonno non hai.
Rosa di tutta la notte, che tutta la notte non basterà mai.

Rosa che non mi convieni, che prendi e che tieni, che prendi e che dai.
Rosa che dormi al mattino e venirti vicino non oso.
Rosa che insegni il cammino alla sposa e allo sposo.
Rosa d'amore padrona, punisci e perdona, non chiuderti mai.
Rosa d'amore signora, digiuna e divora, non perdermi mai.


君はバラであって、バラではない、とげのないバラ。
とげを恐れなく、泣き、打ち震えながら生き、その意味を知っているバラ。
私のものではなく、私の傍らによりそい、そして立ち去るバラ。
バラの花束を望まず、そして眠ることのないバラ。
全ての深い夜をかけても近づくことはできないバラ。

私にはふさわしくなく、捉え離さず、捉えそして全てを与えるバラ。
朝眠るバラ、君にそっと近づく。
花嫁と花婿にその歩みを教えるバラ。
愛の主、罰を科し、そして許すバラ、いつも扉を開けていて。
愛の女王、あきらめ、渇望するバラ、私を失わないで。

デ・グレゴーリのCD “Prendere e lasciare” に含まれているこの曲はエレキギターによるパンチの効いたバージョンです。
私達はクラッシックギター用に旦那さんがアレンジしたものを二重唱バージョンにしてみました。

実はこの曲、始めて旦那さんが私にプレゼントしてくれたものなのです。
まだ知り合って間もない頃、旦那さんが「はい、プレゼント。」と私に差し出してくれた物が
この “バラの花”の旦那さんアレンジバージョンの書かれた一枚の手書きの楽譜でした…。

「…どうやって贈る曲を選んだの?まだお互い知り合ったばかりだったよね?」三年間抱いていた疑問をつぶやいたところ、
「うーん、運命?ピンときたの。」

バラの花は知っていた…のかもね!
[PR]
by concordanze | 2010-08-21 23:16 | Vita quotidiana 生活 | Comments(2)
クラウディオとマリーナの選択
クラウディオとマリーナが引っ越しをしました。
町中にずっと住んでいた彼らが選んだ家は、フェッラーラからアルジェンタ方面へ7キロ程離れた所にある郊外の家。

「まだ、色々散らかっているけど、ご飯食べにおいでよ。」というお誘いで、どんな家だろうとドキドキしながら向かった先は18世紀に建てられた邸宅の収納庫として使用されていたものを住居へ改築したという素敵なお家でした。
元収納庫と言っても、そのあまりの立派さにびっくりです。何代か前の家の主人はどこそこの伯爵夫人だったそうで‥…。なんといっても、広大で手入れの行き届いた庭に感嘆してしまいました。

あまりにも楽しくて、興奮しすぎてほとんど写真を撮るのを忘れました☆

大きな柳、その他、ひっそりと立つ、ずっしりとした木(何の木かは忘れてしまいました)、
所々に配置されているバラの棚、そして井戸(使用可)もバラで覆われています。
ライトアップされていてとても幻想的です。

みんなで庭を探検。気分は森を散歩しているようです。
「私達がいない時でも、庭に椅子を出しておくから、本を読みにおいでよ。」
なんて言われて、私達はすっかりその気に。

家の中も、とってもステキ!彼らの前に住んでいた人はとても良い趣味を持っていた方のようで、家の隅々まで心地よく過ごせるように修復され、しかも機能的!
うーん素晴らしい、本当に素敵な家を見つけたね、おめでとう!

広くて心地のいいリヴィングルームから庭の木を眺めながらの夕食、なんだかみんな興奮ぎみ、かなりのハイテンションで食べて、飲んで喋って‥…そういえば写真‥…と気がついたときには既にデザートワインを空けたあと…。
a0169172_18434892.jpg
        マクランのトルコラート、チーズともデザートともばっちりでした!

そしてみんなで音楽を聴きます。彼らは本当に音楽好きで、私達のコンサートもフェッラーラ周辺での場合は必ず聞きにきてくれます。
コンサートも開けそうな程広いリビングでジャズ、クラシック、民族音楽を聞きながら音楽談義をしつつ、正式な引っ越しパーティーの計画が進みます。彼らは私達のコンサートを盛り込みたい様子。
もちろん、喜んでやらせていただきます!
クラウディオが、「まだどこに置くか決めていないんだけど‥…ついてきて!」と私達をつれていった先にあったものは‥…1940年代の蓄音機。
a0169172_1941926.jpg
                 レトロな音がたまりません。

おじいちゃん、お父さんと伝わって、彼のもとへ。大事に扱われてきたのだろうな‥…いとおしくなります。
有名なオペラ歌手、ティト・スキーパの歌う、とある映画のテーマソング“Vivereヴィーヴェレ”(生きよう!…歌詞の内容は、彼女と別れて新しい人生が始まる、ああ、自由だ…etc.)を聞きながらみんなで踊る!歌う!
a0169172_1934561.jpg


ひとしきり歌って踊って、なんだか眠くなってきたね、と時計を見たらなんと午前1時…続きはまた今度、とさよならをしようと外に出ると空には満点の星‥…。

思わず息をのんで空を眺めます‥…。
「あれがカシオペア座で、あれが白鳥だっけ?次は星の観測パーティーをやろうよ。」

彼らの理想の家は、色々な人が気軽に集い、そしてみなが楽しくリラックスして過ごせる家。
忙しく働く彼らにとって、郊外に住む、という選択はとても大きな決断だったようです。
その選択は正しかったように感じます。なぜなら彼らの理想の家が現実となったから!
[PR]
by concordanze | 2010-08-19 19:58 | Vita quotidiana 生活 | Comments(4)
旧サンタ・マリア・デッレ・グラツィア修道院
旧サンタ・マリア・デッレ・グラツィア修道院は美しく修復された二階建て回廊を持つ16世紀の建造物です。現在はフェッラーラ大学の科学分野の図書館、研究室等として使用されています。
a0169172_1994663.jpg


大学は今夏休みで学生は誰もいないのですが、夏休みなのにも関わらず、研究を仕上げなければならず、研究室にこもっている友達、マリオを訪ねにいってきました。彼は化粧品科学が専門です。
マリオは折り紙が趣味で、蓮の花をとても上手に折ってくれます。

学生のいない大学はとっても静か。ベンチに腰掛けておしゃべり。とても静かなので、なんだかみんないつもよりゆっくり喋ります。私達の声が静かな庭に心地よく響き、虫の声と合唱します。
a0169172_1915363.jpg
              フェッラーラでは数少ない二階建て回廊。

この旧修道院はジャンルーカにとって特別な場所。幼少時代、この旧修道院の近所に住んでいた彼は、まだ修復されていなかったこの修道院の回廊で友達と駆け回り、修道院の外庭に生えている果物の木から果実を取り、おやつにしていたとか。
残念ながら、今は果物の木があった場所には、駐車場としてアスファルトに固められてしまったけれども、「あそこにプラムの木があって、あそこには枇杷の木があって‥…」と熱く語る彼の目にはまだまだプラムの木が見えているよう‥…。
a0169172_1937474.jpg


「あの時のプラム、今まで食べたどのプラムよりもおいしかったな〜。」横でつぶやく彼を見ながら思い出した、私の思い出の幼少の味。
夏は毎日のように通っていた海で、父と弟と泳ぎながら取った青柳を海水で洗って食べた、あの味。海のきらめき、みんなの笑い声、浮き輪の色‥…おいしかったな〜。
‥…超自然児でした‥…。
[PR]
by concordanze | 2010-08-18 19:58 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
フェッラゴスト
今日(8月15日)は Ferragosto フェッラゴスト(聖母被昇天の祝日)でイタリアは祝祭日です。
フェッラゴスト前の一週間を夏休みとして使用する人は多く、町のお店もほとんど閉まります。
フェッラーラもひっそりとした一日でした。
今日を境に夏後半が始まります。随分と空は秋を感じる雲が泳ぎだしています。
ヴァカンスに行っていた人々がぼちぼち町に戻りだし、徐々にフェッラーラもにぎやかになってくることでしょう。
皆様、夏後半も健やかにお過ごしくださいね!
a0169172_3305364.jpg
                    今日のエステ城
[PR]
by concordanze | 2010-08-16 03:33 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
CD批評
コンチェルト・セグレートの発売中CD、《ラウラ・ペペラーラへのマドリガーレ》の批評がミュージックウェブ・インターナショナルで紹介されています。

ラウラ・ペペラーラのためのマドリガーレ、ミュージックウェブ インターナショナル8月号(英語)
[PR]
by concordanze | 2010-08-12 20:14 | Resoconti 報告 | Comments(0)
ペペロナータとワインの瓶
ジャンルーカのお父さんが「美穂、面白いものをみつけたよ。プレゼントするよ。」
といそいそ持ってきてくれたものは‥‥ワインの瓶。
a0169172_23564582.jpg
                 ポッコリおなかにおちょぼ口。                   

どうやら30年程前に白ワインを買った際、このような瓶に入っていたそうです。
背中のくぼみに氷を入れれば、そのままテーブルで冷たいワインが飲めますね♪
日本でも日本酒用にこういった入れ物、ありますよね。
私は、今現在まで、ワイン売り場でこのような瓶で売っているのを見かけたことがありません。白ワインの特産地ではこのような瓶に入れて売っていたりするのかしら‥…。お父さんはどこで購入したのか覚えていないそうです。ユーモラスな風貌です。


ということで私はお礼にお父さんに教わったペペロナータをプレゼントすることに。
a0169172_004713.jpg


タマネギとパプリカをスライスして‥…オリーブオイルをたっぷりと入れ回し、塩をふりかけます。
お好みでこしょうを入れても。今回は胡椒があまり好きではないお父さん用に入れませんでした。
後は火にかけて、焦がさないようにしゃもじでかき回しながらじっくり炒めます。水分が飛んで三分の一位の量にかさが減ったらできあがり。
a0169172_025534.jpg
             今回は少し細くパプリカを切りすぎたかな…             

出来上がったらいったん冷まして、食べる直前に人肌程度に暖めて食べるとおいしいです。
お肉料理の付け合わせに、またグリッシーニとともにそのまま前菜として食べても。
パンチの効いた味がお好みの方は炒めるときに一かけらのにんにくを入れると濃厚な味になりますよ。後を引くおいしさです。

もちろん、白ワインとも赤ワインとも相性はばっちりですよ!
[PR]
by concordanze | 2010-08-11 00:27 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)
パバナ Pàvanaフランコの別荘へ 4
最終日は今回のメインイベントであるコルノ・アッレ・スカーレ山(1,945m)へのハイキング。
コルノ・アッレ・スカーレ山は北アッペンニン山脈の一つです。
前日のヴィア・フランチェジェーナの散策で足慣らしもしたことだし。いざ!
a0169172_3454894.jpg
            野生のブルーベリーをつまみ食いしつつ山頂へ。

a0169172_5554628.jpg

歌いつつ、お喋りしつつふと気がつけば…


a0169172_3473436.jpg
               あちらを見ても…こちらを見ても…
a0169172_3483798.jpg


a0169172_555792.jpg
山の稜線がくっきり見えます。とてもいい天気!
放し飼いにされているヤギの首にかけられているベルが下の方から、心地の良い風に乗って聞こえてきます。

a0169172_3504644.jpg
               池のほとりでみんなでピクニック。



私達は頂上まではいかず、標高1800メートル程までの山道を上り、後はブルーベリーをつまみ食い、そしてひなたぼっこ、お昼ね…。
おいしい空気と元気な太陽にいっぱいのエネルギーを貰って、エネルギ−充電ばっちりです。
楽しい仲間とのおしゃべり。素敵なプチ・ヴァカンスとなりました。
[PR]
by concordanze | 2010-08-10 04:07 | Vita quotidiana 生活 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項