Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:Annunci お知らせ( 8 )
ホームページ
ホームページをオープンしました!
Spaziowiki さんのフィリッポさんに写真を、シルヴィアさんにページ構成をしていただきました。今後色々とゆっくり手を加えていきたいな、と思っています。
全てイタリア語になりますが、ぜひ、訪れて見てください!
神谷美穂ホームページ
a0169172_01484661.jpeg

[PR]
by concordanze | 2016-08-03 01:42 | Annunci お知らせ | Comments(0)
ホームページ
ホームページを新設中です。完成間近です!
待ち遠しい❤️

a0169172_08483619.jpeg

写真は©Filippo Massellaniさんに撮って頂きました。
詳細は近日中にこちらでもお知らせいたします。


[PR]
by concordanze | 2016-07-23 08:46 | Annunci お知らせ | Comments(0)
始まりました、ベンボちゃん
ピッコリーナさん、一週間の親同伴の幼稚園準備期間が修了し、今週から本格的に新しい幼稚園開始となりました。朝から、昼食、お昼寝を含め夕方5時までの登園となります。
(フー。やっと仕事がゆっくりできる。。。母、心の声)

そして、始まりました、アントニア・ベンボの作品の録音。
企画の名前は、ずばり、「ベンボちゃん」(笑)!
3回セッションがセッティングされていて、41曲を録音します。
ソロ、二重唱、そして三重唱による、アリア、カンタータ、モッテットと盛りだくさんです。
多分、CD3枚くらいになるのだと思われます。
素敵な曲が沢山あり、録音は盛り上がっています☆
いいCDに仕上がるといいなー。
とりあえずこの一週間、体力勝負でがんばります。
a0169172_7193599.jpg

a0169172_720958.jpg

[PR]
by concordanze | 2014-09-07 23:10 | Annunci お知らせ | Comments(0)
You Tube
You Tubeに神谷美穂とジャンルーカ・ナンネッティのドゥオ、レ・コンコルダンツェのビデオをアップしました。
興味のある方は是非訪れてみてくださいね!


Anema e Core 魂と心、カンツォーネ



Drume Negrita キューバの子守唄



La Mer 海、シャール・トゥレネーの代表作、シャンソン
[PR]
by concordanze | 2012-08-31 08:37 | Annunci お知らせ | Comments(0)
A Tokyo concerto di beneficenza per Ferrara
A Tokyo concerto di beneficenza per Ferrara, al fine di raccogliere fondi per il restauro dei beni culturali ferraresi gravemente danneggiati dal terremoto. Io parteciperò al concerto tramite un collegamento video in diretta con Tokyo, reso possibile grazie alla collaborazione di Telestense di Ferrara. Saranno trasmessi anche i video con i messaggi del nostro sindaco, Tiziano Tagliani, e della sovrintendente ai Beni Culturali per l'Emilia-Romagna, Carla Di Francesco. Si ringrazia anche la redazione de La Nuova Ferrara per aver fornito preziose immagini degli effetti del terremoto nella nostra città, che saranno mostrate a Tokyo durante il concerto.
Per l'occasione gli italiani potranno assistere gratuitamente al concerto. Aderite al contributo.
Chi è interessato... voli a Tokyo per il 26 giugno alle 19,00 (ora giapponese) presso l'Istituto di Cultura Italiana di Tokyo.
per maggiori informazioni in giapponese
[PR]
by concordanze | 2012-06-24 19:50 | Annunci お知らせ | Comments(0)
イタリア北部地震 チャリティーコンサート
エステンセ城

フェッラーラ大聖堂

フェッラーラ劇場

ダイアモンド宮殿

スキファノイア宮殿

カーザ・ロメイ美術館

マッサーリ宮殿

マルフィーザ宮殿

サンタ・マリア・イン・バード教会

フェッラーラ南側の城壁の一部…

これらのユネスコ指定歴史的建造物、フェッラーラの顔ともいえる美しい建物。
今後大掛かりな修復が必要となります。

一部、最小限の安全対策が施され、解放されている宮殿等もありますが、まだ来るかもしれない大きな余震が来ないことを願いつつ、完全な修復を待ちながらの、一時的な解放です。
勿論、家を無くされてしまった方々の、一日でも早い、日常生活の回復が第一なので、
これらの歴史的建造物は、今後、時間と費用をかけて修復が行われていくことになります。

フェッラーラは観光の街、ルネサンス文化の街です。数々の宮殿への被害で、今後の文化活動にも困難をきたすことが予想され、フェッラーラ市民は心から傷ついています。

どうか、日本のイタリア文化を愛する皆さん、フェッラーラの街へ訪れてみてください。
今現在、閉鎖されている宮殿も、何らかの形で訪れる意味があるように、と市は色々なことを検討しているようです。

今のフェッラーラの街の中心は、多くの建物が440年程の時を超えて、私達の目を楽しませて、感動を与えてくれています。

フェッラーラが、いつまでもフェッラーラであれるように、伝統を守りながら、進化をしながら美しいルネサンスの遺産であり続けられるように、心から祈り、また、私の協力できることは進んで行っていこうと思います。


日本でフェッラーラ・ルネサンス大使のカウンターテナー、彌勒忠史さんが、チャリティーコンサートを行います。

どうぞ、東京にお住まいで、フェッラーラの文化に興味のある方、是非是非、足をお運びください。
私はコンサートの始めに、今現在のフェッラーラの様子をライヴでお伝えする予定になっています。


イタリア北部地震 チャリティーコンサート
フェッラーラ秘宝の音楽~ Musica Secreta di Ferrara~

彌勒忠史(カウンターテナー)Tadashi Miroku

西山まりえ(ハープ)Marie Nishiyama

G.フレスコバルディ ―宗教的ソネット~十字架の下のマッダレーナー
G.Frescobaldi
C.モンテヴェルディ ー苦しみはこんなにも甘くー
C.Monteverdi
L.アゴスティーニ ー香しい手袋を脱ぎー
L.Agostini   ほか

イタリア北部 カフェの魅力 中川直也(エスプレッサメンテイリー) 
聞き手 沢口みなみ

日時:2012年6月26日(火)  18:30開場 19:00開演
場所:イタリア文化会館 東京都千代田区九段南2-1-30  Tel:03-3264-6011
前売券:3,000円 当日券:3,500円(全自由席)
今回の売上は エミリア・ロマーニャ州文化財および景観管理局に寄付されます。
[PR]
by concordanze | 2012-06-22 07:45 | Annunci お知らせ | Comments(0)
CD
コンチェルト・セグレートのCDが株式会社東京エムプラスさんのサイトで紹介されているのを見つけました。

ラウラ・ペペラーラへのマドリガーレ

ページを少し下にスクロールしてみてくださいね!

久々の太陽を満喫した一日でした。
明日も良い一日になりますように!
[PR]
by concordanze | 2010-05-17 05:25 | Annunci お知らせ | Comments(0)
Madrigali per Laura Peperara : CD発売!
Il 1° Maggio è in programma una nuova uscita della casa discografica Tactus, specializzata in registrazioni di musica antica; si tratta del CD intitolato “Madrigali per Laura Peperara”.

Interpreti:
Silvia Frigato e Miho kamiya (soprani)
Silvia Rambaldi (clavicembalo)

Il disco contiene brani di Luzzasco Luzzaschi, Lodovico Agostini, Paolo Virchi, Jaches Wert e Girolamo Frescobaldi, tutti musicisti attivi presso la corte Estense al tempo di Alfonso II d’Este.

Il libretto allegato (contenente anche la traduzione inglese e quella giapponese da me realizzata) contiene una preziosa introduzione di Elio Durante e Anna Martellotti , gli studiosi che attualmente più di ogni altro hanno approfondito la ricerca sul Concerto delle Dame di Ferrara.

È un disco di piacevolissimo ascolto. Ascoltandolo pare di assistere realmente ad un concerto alla corte Estense!

Per maggiori informazioni e per l’acquisto, visitate direttamente il sito di Tactus www.tactus.it .
Grazie!

a0169172_543497.jpg



ラウラへのマドリガーレ
5月1日にタクトゥスより『 Madrigali per Laura Peperara 』が発売になります!
本日、私の手元に実物が送られて参りました!!!

a0169172_5422771.jpg

このCDにはルッツァスコ・ルッツァスキ、パオロ・ヴィルキ、ヴェルト、ロドヴィコ・アゴスティーニ、そしてフレスコバルディ(チェンバロソロ)によるコンチェルト・デッレ・ダーメのために作曲された曲が収録されています。
どの作曲家もアルフォンソ2世統治下のフェッラーラ宮廷で活躍した作曲家ばかりです。 ルッツァスキはルネサンス後期を代表する大作曲家で、フレスコバルディの師匠としても良く知られています。コンチェルト・デッレ・ダーメはフェッラーラの宮廷で活躍していた、 プロの音楽家による世界初の女性アンサンブルです。(最盛期のメンバーはラウラ・ペペラーラ、アンナ・グァリーニ、そしてタルクイーニア・モルツァ)しかも全員貴族出身です!!当時の貴婦人は趣味では音楽を楽しむものの、音楽家として活躍してはいませんでした。その事実からしてもこの女性アンサンブルの存在、かなり斬新なアイデアだったようです。当時のフェッラーラは音楽界においてヨーロッパで最先端をいっており、今現在“イタリア第一のルネサンス芸術の町”として知られているフィレンツェからは、あのジュリオ・カッーチーニが太閤の命で訪問し、コンチェルト・デッレ・ダーメの演奏する曲がどのようなものかを探っていたそうですよ。それもそのはず、アルフォンソ2世は、彼女たちの演奏する曲の出版を作曲家に認めておらず、彼女たちの行うコンサートはエステ家でしか聞くことのできない“秘密のコンサート”だったのです。
彼女たちのコンサートはフェッラーラに訪れる各国の大使、貴賓に大変人気で、アルフォンソ2世は彼女たちの素晴らしい歌唱技術(彼女たちは楽器も演奏していました。つまり弾き語り。)を皆に披露するのにとてもご満悦だったそうです。
フェッラーラ城にはアルフォンソが眠りにつく前に彼女たちが歌を歌っていた、とされるお部屋があるのですが、そのお部屋は本当に小さく、アルフォンソがいかに彼女たちを身近におき、また大切にしていたのか、そしていかに音楽と共に生活していたのかが伺い知れます。
a0169172_612875.jpg
            今回の録音に関わったメンバー "Concerto segreto"


このCDはタイトルにもありますように、コンチェルト・デッレ・ダーメの存在に最も重要な歌手、ラウラに捧げられたマドリガーレがメインに選曲されています。彼女についての記述資料は、本当に読んでいてクラクラしてしまう程、大讃美のオンパレードです。彼女は美しく、歌の技術は言うまでもなく、さらにハープの名手としても知られていました。アルフォンソが彼女のために特注した、美しく装飾されたハープは通称“ラウラのハープ”と呼ばれており、モデナのエステンセ美術館に保存されています。ここはバロックハープを学ぶ人々にとって伝説のハープを見られるメッカとなっています。(ラウラのハープについてさらに詳しく知られたい方はSPES社から出版されているエリオ・ドゥランテ、アンナ・マルテッロッティ共著 “L' arpa di Laura. Indagine organologica, artistica e archivistica sull'arpa estense” 1982年を読むことをお勧めします。多くのバロックハープ奏者のバイブルとも言われているようです。)

アルフォンソのたっての望みでモデナの宮廷からフェッラーラにやってきたラウラ。彼女のフェッラーラへの入城はもう、すごいセンセーショナルを巻き起こし、多くの詩人が彼女に捧げる詩を書いたそうです。すごいですね〜。
そしてあの有名な詩人、トルクァート・タッソーも多くの詩をラウラに捧げました。そのラウラとタッソーについての新発見は…エリオ・ドゥランテ、アンナ・マルテッロッティ共著で近日オルスキ(Olschki)より発売します。(本当は2月にはもう世に出ているはずだったんですが…こんなところもイタリア?!)なんとその本にも私たちのCDが付録でついているのです。
こちらの発売情報も確認次第お知らせいたします!

さてタクトゥスから発売されたこのCD、豪華なことにフェッラーラのコンチェルト・デッレ・ダーメの研究において第一人者である、エリオとアンナによる解説がついています。英訳、日本語訳もついていますよ!日本語訳は私が担当させていただきました。
とても素敵なCDに仕上がり、関係者一同大満足です。
CDについての詳しい説明又は購入はタクトゥスホームページwww.tactus.it (イタリア語・英語)にて可能です。
今後日本語のサイトでも取り扱いができるようになるようですが、詳細はまだわかっておりません。わかり次第またこのブログでもお知らせしますね。

このCDを聞けば、あなたもフェッラーラの宮廷で豪華なルネサンスの衣装をまとい、各国の貴族と一緒に“秘密のコンサート”を聞いている気分間違いなし!
レッツ ルネサンス!!
[PR]
by concordanze | 2010-04-02 06:09 | Annunci お知らせ | Comments(4)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項