Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:Ferrara観光( 7 )
Oratorio dell'Annunziata
今日は、一般に公開されていない、修復中のオラトリオ・デッレ・アンヌンツィアータのガイド付のミニツアーがあると聞いて参加してきました。アリオステーア図書館から出発して、サン・フランチェスコ教会、サン・ジローラモ教会等を経由して、エステ家の宗教事情を巡る散策を楽しみましたよ。

オラトリオ・デッレ・アンヌンツィアータは1336年にその礎が築かれたそうです。オラトリオを囲む四方の壁に美しい壁画が描かれていることでとても有名です。2、30年前までは頻繁にコンサートも行われていたそうです。

サン・フランチェスコ教会はテッラ・ヌォーヴァ通りにあります。テッラ・ヌォーヴァは新しい土地、という意味で、教会のあるこの教区は、古く干拓を行った地域だったことから、この名が通りについているそうです。1594年に建設がはじめられ、その建設にはフェッラーラの街を作り上げたといっても過言ではない、建築家、ビアージョ・ロッセッティが関わっています。
教会の中には通称ガローファロ(Benvenuto Tisi da Garofalo)、による絵等が見られます。
a0169172_722619.jpg
はいってすぐ左の祭壇にあるゲッセマネの園のキリスト。この横にガローファロの絵があります。
a0169172_7245099.jpg
       またしてもフェッラーラの斜塔発見。サン・フランチェスコ教会の鐘楼です。

オラトリオ・デッレ・アンヌンツィアータを持つブォーナ・モルテ教会はジョヴァンニ・バッティスタ・バッサーニがオルガン奏者として努めていたところです。彼はオラトリオのために"La Morte delusa"というオペラを捧げた、といわれています。

オラトリオは四方の壁をカミッロ・フィリッピ、バスチアニーノ、ニコロ・ロセッリ、ディエライといった画家達に描かれたフレスコ画で覆われています。
a0169172_7505690.jpg
                   美しいオラトリオ内。
a0169172_7514175.jpg
                   修復中?なのです。

オラトリオ内のフレスコ画はほとんどが修復中で、フレスコ画が壁からはがれ落ちないように和紙が張られていました。紙の繊維が長い和紙は最高級の紙、とされていて、修復の現場では良く見かけられます。しかし、この和紙が貼られた“修復中”のフレスコ画、30年以上もこのまま放置されているそうなのですが…。問題は“先立つもの”の不足だそうです。企業、個人からの寄付を呼びかけていました。
a0169172_7545076.jpg
                      キリストの復活

唯一、修復が終了していたのは15世紀中頃、ピサネッロ派の手による作品とされる“キリストの復活”。フェッラーラのパラッツォ・スキファノイアに残されている壁画よりも古い壁画だそうです。パラッツォ・スキファノイアはその名の由来が“Che schiva la noia 退屈なんて本当にやになっちゃう”から来ているといわれているだけあって、美しい壁画に覆われている、美を享受できる館として一目に値します。1400年代を代表する画家、コズメトゥーラと占星術士のペッレグリーノによってプロジェクトを組まれたホロスコープを元にした壁画は、その神秘的な美しさに惹かれて様々な分野の多くの研究者が世界中から訪れてきています。

ガイドさんの熱い説明を聞きながらルネサンス時代にタイムスリップしたような一時を過ごしました。
[PR]
by concordanze | 2012-01-23 08:16 | Ferrara観光 | Comments(0)
フェッラーラの街の今日
今日は街をゆっくりお散歩しました。
お城のそばで見かけたことのないオレンジ色の自転車に遭遇。
a0169172_2363186.jpg
            フェッラーラのニューフェイス、清掃自転車です♪
「今年の7月から導入されたのよ。」とお姉さん。かわいいし小回りが利く上にガソリンも使わず、旧市街が基本的に車の進入禁止な世界遺産ユネスコの街、フェッラーラにはぴったりです。

街の中心地にあるサンティーニ宮殿の中庭へお邪魔しました。この宮殿はエルコーレ1世の命でビアージョ・ロッセッティによって1400年代に築かれ、その後、数名の貴族、裕福な商人の手に渡りながら、その度改築を重ねられ、今は住宅、法律事務所等が入っています。
a0169172_243644.jpg
一歩庭に足を踏み入れると、街の騒がしさがウソのようにひっそりと静かな空間。大きな木、素晴らしい彫刻、エウテルペとアポッロが訪れる人を迎え入れてくれます。
a0169172_244395.jpg

a0169172_253510.jpg
               乾かして暖炉の薪になるのだろうな…

しかし、お庭をすこーしひいて見てみると‥…。
a0169172_2465533.jpg
昔、教会の壁の一部として利用されていた彫刻(1800年代にマッサーリ公爵によって据えられた)のある素敵な壁の後ろに立ち並ぶ60年代の住宅マンション…。ちょっと残念な気がしますが、これが今のフェッラーラだったりもします。ちょっと東京の街を思い出してしまいました。

サンティーニ宮殿は法律事務所が開いている時間は自由に出入りができますよ。フェッラーラの昔と現代に出会えるお庭です。
[PR]
by concordanze | 2011-11-03 03:07 | Ferrara観光 | Comments(0)
公爵夫人のおふろ
フェッラーラの市役所は、元エステ家の公爵達が住んでいた館です。
お城とつながっているこの公爵の宮殿には、市役所として使用されている今でも、彼らの生活していた様子が伺えます。

今日はその市役所内にある“公爵夫人のおふろ”と呼ばれているお部屋をみてきましたよ。
a0169172_184619.jpg

かつて、ここでエレオノーラ公爵夫人、ルクレツィア・ボルジャが優雅にお風呂でくつろいでいたそうです。
この部屋は1555年から1560年くらいにかけて、フィリッピ三兄弟によって、金色に塗られた木の壁に装飾が施されています。18世紀に今現在の位置に移されたようですが、元々はお城の一部にあり、現在みられる大きさよりは広いお部屋だったようです。
a0169172_1832753.jpg


部屋全体が木に覆われているので、保温効果があり、天使、様々な神々等が美しく描かれていて、鏡も効果的にはめ込んであります。こんなお部屋でゆっくりお風呂に入れたら素敵でしょうね。

小さなお部屋ですが、一見の価値有りです。
市役所開館時間内に、受付で、“公爵夫人のおふろ bagno delle Duchesse”または、“公爵夫人のお部屋 stanzino delle Duchesse”を見せてください、と申し出ると、案内してくれますよ。
[PR]
by concordanze | 2011-09-09 18:06 | Ferrara観光 | Comments(4)
フェッラーラの城壁 : 北編
天気が良い日はフェッラーラの城壁巡り等いかがでしょうか?
フェッラーラの中心街をぐるりと巡る城壁、この城壁は15世紀から16世紀にかけて造られました。

壁の上をのんびりと街を下に眺めながら歩くことも、自転車でゆっくりと回ることも、また、城壁の下を壁を眺めながら散歩することも可能です。

街をぐるりと一周するには1時間半くらいは必要だと思われます。フェッラーラはこの城壁を見ずには語れない、そして本当に緑が多い街だと実感されることでしょう。
今回はそんな城壁巡り・北編の紹介です。

北側(正確には北西)の壁は、ヴィアーレ・ベルヴェデーレから始まります。
壁の上をゆっくり歩いていくと、いくつものベンチを見つけます。
皆思い思いにおしゃべりを楽しみます。
a0169172_1345642.jpg


a0169172_1312383.jpg
                    壁の下から


a0169172_13451.jpg
                   所々、階段があります。

途中、バルコの砦(baluardo del Barco)が見えます。
a0169172_136290.jpg


更に進んでいくと…
a0169172_1424617.jpg

a0169172_1432567.jpg

a0169172_144188.jpg
山登りに向けての練習でしょうか?おしゃべりをしながらトレッキングの練習に励む楽しげな団体が通過。

a0169172_145369.jpg
             あちらこちらにはferitoia、銃眼が見えます。


そしてこれはPorta degli angeli(天使の門)、別名を Casa di boia(死刑執行人の家)…。
a0169172_2384394.jpg

現在のCorso Ercole I D'Este(エルコーレ一世大通り)はこのように命名される前は、Via degli angeli(天使の道)という名前だったことから“天使の門”と名前がついています。“死刑執行人の家”という名前は、いつの時代かは定かではありませんが、実際に死刑執行人が住んでいたからだ、といわれています。現在はフェッラーラ出身の画家による展示会が催されています。
エルコーレ一世大通りには、今も素敵なお庭をもつ邸宅が立ち並んでいます。

a0169172_2394426.jpg
現在のエルコーレ一世大通り。この道の奥にお城があります。ダイアモンド宮殿もこの大通りに。


さて、またお天気のいいお散歩日和がやってきたら続編をお届けしますね♪
[PR]
by concordanze | 2011-02-22 02:57 | Ferrara観光 | Comments(2)
Palazzina della Marfisa パラッツィ−ナ・マルフィーザ
マルフィーザ宮殿。フェッラーラ駅を背にしてコルソ・ジョベッカをまーっすぐ進むと、
サンタ・アンナ病院の少し手前の向かい側にマルフィーザ宮殿があります。
この宮殿はフランチェスコ・デステの命により1559年から建設が開始されたそうです。
フランチェスコから娘のマルフィーザへと引き継がれ、マルフィーザの存命中、彼女はここで生活をしていたようです。マルフィーザはすごく美しい貴婦人としてフェッラーラ中にしられていたそうですよ。
今現在は美術館になっています。この美術館には素敵な庭があって、その庭に面して屋根のついたサロンがあります。
その天井には様々な花、動物がまるで本当に天井を覆っているように描かれているんですよ。



a0169172_855515.jpg
      リスが木の実を食べていたり、サルが下を覗き込んでいたり…


2000年に全て修復を終えたこのパラッツィーナ・マルフィーザの野外サロンで、
2006年、なんと、イタリアに来てまだ間もない私はバンケットに参加しました。
バンケットとは「響宴」、うたげです。
エステ家の繰り広げるバンケットは、アルフォンソ2世統治下には既に広くヨーロッパ中にしられていたそうです。公爵、公爵夫人、貴族、各国の大使の方達が食事をする間、音楽、演劇、様々な趣向を凝らした演出をもちいて宴は進みます。多いに各国の大使からそのエンターテーメントの質の高さは定評されており、エステ家もこの事実を有効に政治面に利用していたとか。バンケットには料理、演出、エンターテーメントをすべてを率いる総監督者Scalco(スカルコ)がおり、有名なのはメッシスブーゴです。彼はエステ家のスカルコとして活躍し1548年にフェッラーラで亡くなったとされていますが、あまり詳しい記録は残っていないようです。バンケットに必要な準備、料理法等について書かれた本〈Banchetti composizioni di vivande e apparecchio generale〉を出版しました。この本は大ベストセラーとなり、600年代まで増版され続けたようです。
しかしこの当時の宴会は参加するのにもかなり体力が必要そうですよ〜。
バンケットの開催時刻はだいたい決められており、21時から朝5時まで、もしくは朝食の時間から開始して夕方いったん休憩、インテルメッツォ(幕間歌劇、短い喜劇等を取り上げた音楽劇)をはさんで夜中まで…というなんともハードなスケジュールです。

幸い(?)私の参加したバンケットは現代版のコンサート時間でした。
といってもヨーロッパは日本と違ってコンサートの始まる時間は9時ととても遅いです。夏、野外で行われるコンサート等はだいたい、「日が沈んでから」つまり9時半頃から始まるので、勿論終わるのは日付が変わる頃です。
a0169172_9483332.jpg
               いよいよ日も沈み…


さて、このマルフィーザ宮殿で誰の手によりどのようなバンケットが催されていたかは、今手元に資料が無いのでわかりませんが、私の参加したこのバンケット、宴会総監督は舞台美術家のアントニオ・ウーティリ氏が切り盛りし、フェッラーラのオステリーア・バレブステ(Balebusute)が料理を担当(オステリア部門とレストラン部門があります。レストラン部門のエビとアーティチョークのサラダはおいしいですよ!)、ギリシア人ミカリスの率いる演劇グループによるクリストファー・マルローの「ファウスト博士」を題材にしたシーンが演じられ、またルネサンスダンスのダンサーも参加してなんとも華やかなでした。
私はと言いますと、ジャッケス・デ・ヴェルト作曲、トルクァート・タッソーの詩による「愛らしい小鳥たち」(5声のマドリガーレを一声に編曲して)、アルベルト・ダッローカ、ヴィンチェンツォ・フロンティなどエステ家で活躍した作曲家のマドリガーレをシルヴィア・ランバルディさんのチェンバロで、そしてジョルダーノ・トゥニオーリ氏によるチェンバロとソプラノのための作品、その題名も「フェニーチェ」不死鳥、という曲をダンサーと共演しました!このバンケットのために書き下ろされた曲です。

この素敵な半野外のマルフィーザ宮殿のサロンで、演劇、ダンスに混じってエステ家で活躍していた作曲家の曲を歌っていると、本当にその当時のバンケットに参加しているような錯覚をしてしまい、とても興奮したのを覚えています。

a0169172_952213.jpg
    …バンケットの終盤、「フェニーチェ」を演奏中にフェニーチェが現れた!
             この写真は飛ぶ練習中です。ふふ。


もう、饗宴中はテーブルは役者さんたちによって移動させられる、愛の詩の朗読あり、お客さんも参加して、ほんとうに楽しい「大宴会」となりましたよ。
[PR]
by concordanze | 2010-03-08 10:35 | Ferrara観光 | Comments(0)
道、路地 フェッラーラ
久しぶりの太陽!
さっそくお散歩です。明日は雪が降るとの情報を真に受けたくなるような
肌寒いかせが吹いておりましたが、空はきれいなazzurroアッズーッロ、青です!
まずはヴィア・アリオストへ。勿論、ルネサンス期の大詩人、「狂気のオルランド」、「ロランの詩」等で知られているロドヴィーコ・アリオスト(1474-1533) の住んでいた家があるが故の道名です。
a0169172_929855.jpg
        ヴィア・アリオストから見たアリオストの住んでいた家。

中へは無料で入れますが、守衛さんのところでノートにサインをします。館内撮影は基本的に禁止ですが、守衛さんに承諾を得れば撮影を許可してもらえ(もらえることも)あります。二階にはアリオストの使用したいす、テーブル、遺品のレプリカ等が展示されています。
大きすぎず、小さすぎず、とても素敵なお家です。
天井は木製で、今も少し、施された装飾が見て取れます。
小さな中庭には小さな井戸が残っています。
a0169172_9353527.jpg
 写真中央に見えるのが井戸です。アリオストはここに馬車をいつも乗り入れていたとの 説明でした。



さて、そしてお城を経由して…
a0169172_939377.jpg
         今日のお城。ピアッツェッタ・デルカステッロから。



ドゥォーモの前を通過して…
a0169172_9413886.jpg
       ドゥォーモ広場から望む時計台、みんなの時計です。
    イタリアでは壊れている時計が多い中、いつも正しい時を刻んでいます。



ヴィア・サンロマーノへ。
a0169172_944407.jpg
           バールの前には自転車がたくさん。


ふと右をみるとヴィア・ヴァスペルゴロ、
a0169172_9474868.jpg



左をみるとヴィア・デッレボルテ
a0169172_950557.jpg
          フェッラーラの中で特に素敵な道の一つです。
       夜、ほの赤いランプが灯るとまたなんとも素敵なのです。


そして少し戻ってヴィア・ヴィーニャタリアータ
a0169172_9531582.jpg




そしてヴィア・マッツィーニに出たところでドゥーモの鐘楼をみあげて
a0169172_9543526.jpg
            鐘楼を見上げるベストポイントの一つ!


ヴィア・ボッカレオーネ・ディサントステファノを経由して…
a0169172_9562748.jpg
            


…と、なんだかおなかが空いてきたところで今日のお散歩は終了。


どうですか、少しフェッラーラの町をお散歩した気分になっていただけたでしょうか?
[PR]
by concordanze | 2010-03-07 10:37 | Ferrara観光 | Comments(3)
まずは…
ああ〜!太陽です!!太陽!!!
何週間ぶりの天気のよい日曜日でしょうか。
フェッラーラは“霧の都”として良く知られているように、
冬は毎日霧とともに目覚めます。
それはそれで風情があるのですが…
愛知県知多半島の海辺で幼少時代を過ごした私には、
霧そのものが珍しいので、最初は楽しんでいたのですが、
4年目の冬ともなりますと、気がめいってしまうのです。
a0169172_035791.jpg
               鳩もうれしげに水浴び
          
そこにこのよい天気!
まずは、ドゥオーモにお散歩でしょう。
ということで、早速、自転車に乗って出発です!

自転車もフェッラーラ人として欠かせないアイテムの一つです。
ルネサンスの町として知られるフェッラーラ、中心部の多くの道は車が規制されています。といっても、歩いてばかりではなかなか不便なので、皆さん自転車をお使いです。
フェッラーラは、自転車で回るのにちょうどいい大きさのCentro storicoチェントロ・ストリコです。町の中心部、チェントロ・ストリコをぐるっとかこっている塀の上は良いお散歩スポット。自転車でも回れます。一周ぐるっと回っても約一時間。
フェッラーラにいらっしゃる際はぜひ、レンタサイクルでの町の散策をお進めします!
なんといっても、ここはポー川流域の一面の平野、Padano“パダーノ”です。
上り坂、下り坂いっさいなし。自転車はなんとも便利な交通手段です。

私、フェッラーラ以前はオランダに住んでおりまして、最初は気がつかなかったのですが、(なぜならオランダでは、自転車は、まるで車のようなスピードで走行しておりましたので。)ある日、ふと辺りを見てみると自転車、自転車、じてんしゃ…。
毛皮で完全武装のマダムも、7センチ程あるヒールのブーツで、
年代物のビアンキを運転していらっしゃいます!
オランダで自転車にひかれそうになった経験のある私は、
フェッラーラの人々の“歩く速度での自転車走行”にびっくりしたものです。
かえって難しいのでは??
お友達とおしゃべりながら(もちろん、みなさんに聞こえる声の大きさです)、
二人乗り(禁止されておりますが…)、さらに三人乗り(もちろん禁止です!)のラガッツィ(もはやサーカスです)、手に大きな絵を抱えて器用に乗りこなしているおじさま。
…所変われば、自転車の乗り方も変わるものですね!
日本人である私は…というか、自転車に幼少時からあまり縁の無かった私は、徒歩でがんばっていたのですが、三年目のある日、旦那さんのお父さんに自転車をプレゼントされ、フェッラーラ人の仲間入りをはたしました。初めて自転車でフェッラーラの町を走ったとき、なんだか、「ああ、フェッラーラに住んでいるんだな。」と感慨深く思ったことを覚えています。


さて、町の中心部ドゥオーモに到着です。
今日は月初めのメルカートが開催されていました。

a0169172_048822.jpg
      ちょうどお昼時だったのでお食事中でした。ワインも忘れずにね。

フェッラーラのドゥオーモは、薄い桃色をしていてとてもかわいいです。
夜、ライトアップされた時、群青色の空の中に浮かび上がるドゥーモもとても素敵です。
フェッラーラの守護聖人、サンジョルジョが扉のすぐ上でドゥオーモを守っています。
1135年頃に建築が始められたそうです。
ドゥオーモの側面の扉には、大理石に各月のテーマで彫られた石盤がはめ込まれておりました。この石盤にはマエストロ・デイメージによる、聖人ではなく、収穫をする農民など、働く人々がモチーフに12ヶ月が表されており、最初のウマネジモの例の一つとして、重要な13世紀の作品とされています。今現在は、その一部がドゥオーモ美術館に展示されています。

a0169172_115698.jpg
       通称“ピンクのドゥオーモ”?自転車 biciclettaと共に町の顔です。
[PR]
by concordanze | 2010-02-08 01:57 | Ferrara観光 | Comments(0)

   
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項