Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:未分類( 26 )
2017
皆さんいかがお過ごすでしょうか?
私は実家で年を越す準備をしています。
色々な事があった2016年、家族に支えられ、沢山の友人に囲まれ、胸踊る音楽シーンに彩られ過ごして参りました。
2017年も更に精進して参ります。
来年度もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様に取って素敵な2017年になりますよう、心からお祈りします!
神谷美穂
a0169172_22513736.jpg

[PR]
by concordanze | 2016-12-31 22:47 | Comments(0)
ペルセウス座流星群
友人達とポー川の砂丘に寝転がってペルセウス座流星群を鑑賞してきました。
a0169172_08191295.jpeg

日暮れと共に私達いがいたくさんの人が川の砂丘に集まって来ました。天体望遠鏡を持っている人もいます。
a0169172_08210629.jpeg
ポー川の砂はキメが細かく、素足に気持ちがいいです。ピッコリーナさん、早速裸足です。勿論、この後は砂の上にコロコロ転がっていました。

a0169172_08230737.jpeg
月がとても明るくて、どうかしら?と思っていましたが、2時間程で10個以上も見つけることができました。最初はピッコリーナさん、かってがわからずなかなか見つけられませんでしたが、最後は慣れて歓声をあげながら見つけていました。天体望遠鏡で月のクレーターも見せて貰え、空に魅せられた昨夜でした。

[PR]
by concordanze | 2016-08-13 08:17 | Comments(0)
国際オルガンフェスティバル
マルケ州に位置する小さな街、コリナルドで行われた国際オルガンフェスティバルで歌ってきました。始めて訪れた街でしたが、人々の親切さ、美しい丘の上からの眺めに魅了されました。
a0169172_20491377.jpeg

街の中心部は10分もあれば見て回れるくらいの大きさにもかかわらず教会の数の多いこと!
しかも教会のモダン、バロックのオルガンは手入れが行き届いて素晴らしい音色でした。
街の大聖堂のペッペ神父さんの音楽を愛する気持ちがしっかりと感じられました。

a0169172_20524261.jpeg


a0169172_20522159.jpeg

オルガン奏者、ジュゼッペ・モナーリさんとメキシコ人テノール、ラウル・ヘルナンデスさんと息のあった演奏をお届けできたと思います。市長さん、県の文化課議員の方も列席され、満場のお客様にも喜んで頂け、心から感謝です✨

[PR]
by concordanze | 2016-08-02 20:44 | Comments(0)
結婚式
マルケ州、アンコーナで行われた結婚式で歌ってきました。伴奏はピアニストのカルロ・マッツォーリさんです。カルロさんはボローニャ音楽院でフォルテピアノの教授をされています。とても優しい音でピアノを弾かれます。彼の人柄そのものが出ているようです。
結婚式はアンコーナの港のすぐ近くにある歴史ある聖マリア教会でとり行われました。11、12世紀に建築された教会です。

a0169172_16594294.jpeg

a0169172_17004399.jpeg
花嫁さんがお父様に伴われて祭壇の前で優しくキスされ、送り出されるシーンは何度結婚式に参加しても思わず涙が込み上げてきてしまいます。そこをぐっとこらえて心を込めて歌ってきました。

結婚式の後の披露宴は海の見える素敵なレストランで行われました。私もカルロさんも、招待していただき、美味しいお料理を、幸せそうな新郎新婦とそのご家族とともに楽しみました。
どうか末永くお幸せに❤️❤️❤️
因みに2時半から始まった披露宴は7時を過ぎても続いていました…!

a0169172_17080503.jpeg

a0169172_17090836.jpeg

a0169172_17102952.jpeg

[PR]
by concordanze | 2016-07-25 16:53 | Comments(0)
続アルバニア
何枚か素敵な写真を送ってもらったので記念にアップしておきます。
a0169172_22280982.jpeg

a0169172_22283111.jpeg

a0169172_22285753.jpeg


次のコンサートはフォルテピアノ奏者のカルロ・マッツォーリさんと個人宅でのホームパティーにて、シューベルトを中心としたプログラムを演奏します。今月末にはコリナルドという街でオルガンとのコンサートです😃こちらはバロック音楽からロマン派の宗教音楽を演奏します。

[PR]
by concordanze | 2016-07-19 22:26 | Comments(0)
アルバニア、ヴォックス・バロックフェスティバル
アルバニアの国際フェスティバルでも無事に3つのコンサートを終えてきました。
全く知らない国でしたが、自分が子供時代に過ごした田舎での自然、おじいちゃんの作っていた自家菜園の野菜の味を彷彿とさせる料理を頂き、なんだか懐かしい感じさえ覚える演奏旅行でした。
アルバニアの人々はとても親切で、ハードなスケジュールの合間に色々な遺跡にも案内して下さり、観光も楽しめました。
a0169172_17582887.jpeg

a0169172_17592106.jpeg
アルバニアには古い歴史そして色々と難しい政治状況が混在した国です。色々な話を同僚のアルバニア人と交わし、とても充実した一週間でした。

[PR]
by concordanze | 2016-07-12 17:51 | Comments(0)
国際ハープフェスティバル
スペインのセントメナットで行われたハープフェスティバル、他の参加奏者の演奏も素晴らしく、とても刺激的なフェスティバルでした!
友人とピッコリーナさんと共の旅行だったので、とても楽しい小旅行となりました。

a0169172_17453331.jpeg


a0169172_17445991.jpeg
カメラマンさんが素敵な写真をとってくださいました。
ピッコリーナさんはコンサート後に興奮しながら、私の演奏中に見たもの感じたものを語ってくれました。その一瞬が上の写真です。
色々な事を見て、聞いて、お話しをしてくれるピッコリーナさんは、私の元気の源です❤️

[PR]
by concordanze | 2016-07-12 17:39 | Comments(0)
誕生日
昨日は誕生日でした。
多くの方からお祝いの言葉をかけて頂き本当に幸せな1日でした。
仕事でパドヴァの近隣に位置するチッタデッラという町のライオンズクラブの夕食会で歌わせて頂きました。
とても温かく歓迎して頂き、お誕生日のお祝いまでして頂き心から感謝しています!
ホテルのお庭がとても素敵だったので写真を撮りました。

a0169172_19323700.jpeg
去年の誕生日はブラジルのリオで、やはりマリアンヌとコンサートをしていました。今年も一緒にコンサート♪私の大事な同僚、そして親友です。


[PR]
by concordanze | 2016-05-13 18:19 | Comments(0)
母の日
母の日の朝はピッコリーナさんと、フェッラーラ劇場のホワイエで行われた、若い音楽家によるコンサートシリーズの第1回目「ヴァイオリンとギターのドゥオ」を聴きに行ってきました。このコンサートシリーズは、私も運営に関わっているバルダンツァ文化協会とフェッラーラ劇場のコラボレーションで実現したフレッシュ・コンサートシリーズです。ヴァイオリンとギターという少し変わったドゥオでモーツァルト、パガニーニの作品を堪能させてもらいました。2人ともとても素晴らしい音楽家で将来がとても楽しみです。
ピッコリーナさんは、ヴァイオリンを弾く真似をしたり、お絵描きをしたりしながら、のんびりとコンサートを楽しんでいました。お気に入りのピンクのワンピースをみんなに大袈裟に褒められて上機嫌。やはり女の子です😁
a0169172_18324076.jpeg

劇場の大きなカーテンは大好きな遊び場です。カーテンからクラウンが出てきたところを演じているそうです…

午後は博物館へ古代エトゥルリア人の残した遺産を見に行きました。フェッラーラの国立博物館はエトゥルリア文化を知る上でとても重要な美術館なのです。
エトゥルリア人がどうやって家を建設していたのかを説明するヴィデオがピッコリーナさんのお気に入りで、来るたびに長時間画面の前で立ち止まります。
a0169172_18423082.jpeg
こちらは3、4世紀頃使用されていた丸木舟です。世界でも稀な保存状態の良い丸木舟として貴重な遺産です。

ゆっくりと母の日を過ごしました。
自分の母のことを考えたり、母としての自分について思いをめぐらしたりしながら充実した1日を過ごしました。

[PR]
by concordanze | 2016-05-09 18:26 | Comments(0)
サンタさんは何人?
ピッコリーナさんのヒーロー、サンタさん。バカンス前の幼稚園に現れて、子供達にキャンディーを配ってくれたそうです。お家で目を輝かせながら、私にも「サンタさんのキャンディー」をおすそ分けしてくれました。
そんな話を友達のアレッサンドロにしたところ、「僕もサンタさんできるよ、ピッコリーナさん、連れておいでよ。きっと思いでに残るクリスマスになるよ。」と言ってくれたので、サプライズを計画しました。
イタリアでは通常、24日の夜にサンタさんが家にやってきて、クリスマスツリーの根元にプレゼントを置いていってくれます。それを25日の朝に見つけて愉しむのが主流です。しかし、今年は少し趣向を変えて、ツリーの下には日本からのサンタさん(じいじとばあばからのプレゼント)が来る事にして、私からのプレゼントはサンタさん(アレッサンドロ)が直接ピッコリーナさんに持ってくる、という設定にしました。
今年の私からのプレゼントはお人形です。最近、何かしらぬいぐるみ、お人形と一緒に寝入るピッコリーナさん。悪い夢を見ないように、心細い時に安心できるように、と心を込めて選んだお人形です。演出として、サンタさんに「これは魔法のお人形だよ。ピッコリーナちゃんが寂しい時、眠れない時にこのお人形を抱っこすると、きっと寂しいことなんかなくなるよ。」といってもらいました。
はずかしがりやのピッコリーナさんは、サンタさんがお話をしている間、ずっと私のスカートのかげにかくれていましたが、ジッと話を聞いていたようで、「ママ、サンタさんに魔法のお人形もらったよ!」とその夜、早速、お人形を抱っこして眠りについていました。
今年もピッコリーナさんの元には本当に沢山のサンタさんがやってきました。
沢山の人に愛されて、可愛いがってもらえて、ママは本当に嬉しくて感謝しています。
沢山のサンタさん、あたたかいプレゼントをたくさんありがとう!
a0169172_03283296.jpeg

[PR]
by concordanze | 2015-12-31 03:10 | Comments(0)

   
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項