Espresso!えすぷれっそ!!
concordanz.exblog.jp
ブログトップ
トリル、モルデンテ
2月2日(日)にサーラ・フェッリーニというファエンツァの小さな劇場で行われているコンサート“トリル、モルデンテ〜ヴィバ・装飾音〜”と題された、ヘンデルのカンタータ、オペラアリア等の二重唱、三重唱を特集したコンサートに出演します。
このファエンツァの劇場は、小さいながらも素敵な劇場です。数年前に修復を終え、2013年度からヴァリエーション溢れる音楽、演劇等のプログラムでシーズンを展開しています。
このコンサートは題名の通り、本当にアジリタ、装飾音満載のコンサートです☆
a0169172_1012730.jpg


なんだか春のような陽気が続いていたフェッラーラですが、急に寒くなりました。冷たい雨が連日降り続いています。先日は練習先のラヴェンナにいったら10センチ程の降雪があり、フェッラーラでは雪が降っていなかったのでびっくりしました。
そんな中、ピッコリーナさん、今週頭から、なんだか咳が出ているな〜と思っていたら、水曜夜、発熱。ジャンルーカも発熱。。。
ピッコリーナさんは、調子が悪いと、ママを離してくれません。
幼稚園はお休みにしたので、朝から「ママー、ママ〜、ままぁぁ〜!!!」と一分たりとも離れる事を許してくれません。夜も解熱剤の甲斐も無く、なかなか眠れないようで、「ママ〜、あっこ(だっこ)〜。」と一時間おきぐらいに起きてしまい、ママもへろへろです。
ジャンルーカも本調子ではなく、ごほごほと隠れながら咳をしています(笑)

済まさなければいけない事は沢山あったのですが、なんだか、繰り返される「ママ、ママ」コールにリズムがつかめず、思わず、たまりにたまっていた写真の整理(2年半分)をしてしまいました。ピッコリーナさんは、彼女の生まれたばかりの時の写真を見ながら、不思議そうに眺めたり、自分の泣いている写真を見て、笑ったり。
a0169172_10272065.jpg
      この時は11ヶ月。つかまり立ちから歩き始めるかな?っていう頃だったかな。

友人の紙の修復士、フランコがピッコリーナさんの生まれた時にプレゼントしてくれた、手作りの大きなアルバムに一枚一枚張っていきました。
余りにも現在のピッコリーナさんの存在が、我々の生活を支配していて、写真を見ながら、ああ、こんな小さい時もあったんだな、初めてハイハイし始めたとき、初めてつかまり立ちしたとき、と遠い昔の事のように思えてしまい、この二年半の時の経つ早さに本当にびっくりしています。
写真の整理ができてすっきりしたけど、ママの仕事がはかどらないので
二人とも、早く良くなってね(懇願)
[PR]
by concordanze | 2014-01-31 10:35 | Concerti-Spettacoli | Comments(0)

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項